父親の背中を追いかけ続けて見えてきた、本当の父の愛情

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

外山周です!

昨日、今年も無事に誕生日を迎えました。

私は、実はずっと「自分の誕生日」が嫌いでした。

子供の頃から親に「おかげさまでxx歳になれました」とお礼を言わされる日だったし、特別なお祝いをしてもらった記憶がないのです。

大人になって友達や恋人に祝ってもらうようになっても、どうも心の底から「嬉しい」と思うことが出来なかったような気がします。

 

でも今年、誕生日は苦手な1日ではなくなりました。

今年は「自分デート」と称して、お気に入りの神社とスタバで1日を過ごし、その後帰ってきて彼とご飯を食べました。

詳細はこちらのnoteに書いてます!

 

で、ご機嫌で1日を過ごして寝ようとしていた時、日付が変わる直前に、なんと 父 から電話がかかってきました。

「背中で語る」を地で行く、素直じゃない父。

言葉では「誕生日おめでとう」も言ってくれませんが(笑)、私にとって本当に良い会話ができました。

ずっと圧倒的だったお父さんの背中。

やっと追いかけるのを止めることができそうです。

今日はそんな話について書いてみようと思います。

 

「なんで電話くれないの?」

実は去年、私は誕生日の翌日に父に電話をかけて、

「お父さん、なんで昨日電話くれなかったの?」

とド直球で質問をぶつけました。

父は悪気なく私の誕生日を忘れていて、最初は「えっ?昨日なんかあったっけ?」などと言っていました(ノД`)

というか毎年電話をくれない方が普通なので、いきなりこの歳になった娘から怒られて、父もさぞびっくりしただろうと思います(笑)。

もう何と言ったか忘れてしまいましたが、去年の私は何だか妙なテンションで、父にとにかく色々言わせたような気がします。

「お父さん、私が生まれて嬉しかったんだよね?」

とか。

最終的には父が「忘れてごめんなー」と言ってくれ、私は気が済んで電話を切りました。

 

「お父さんが頑張ったの知ってるよ」

去年そんなことがあったからか、今年は誕生日が終わる直前に、父が電話をかけてきてくれました。

父「今日誕生日だろう」
私「うんそうだよ」
父「そうか」
私「うん」

・・・そして沈黙(笑)。

父「楽しく過ごしたか?」
私「うん」

・・・そしてまた沈黙(笑)。

父「次いつ帰ってくるんだ」
私「夏かな」
父「そうか。来月でもいいぞ」
私「・・・それは、会いたいから来月帰ってこいよということでしょうか」
父「その通り」

その通りらしいよ(笑)。

 

・・・そして、話は父の禁煙の話や、父が最近考えていること、母や姉に対して父が思うことに少しずつ流れていきました。

 

父ちゃん
俺、煙草やめたんだ。しょっちゅう吸いたくなるけど、本当に一本も吸ってないんだ。すごくない?でもあいつら(母と姉)は、一緒にやめるって言ったのにやめてなくて、隠れて吸っててほんとに煙草臭いんだ。
父ちゃん
そもそも煙草をやめようと言った理由は、3人で煙草をやめれば月にxx万は浮くだろう、だから頑張ろうって、3人で話したからなんだ。それなのに俺しかやめてないっておかしくないか。
ちか
そっかー、お父さんは本当にすごいなー(棒読み)。

 

と、まぁ子供のような父の言い分を聴きながら、父と母と姉が3人で話をした場面を思い浮かべました。

たぶん父が論理的に正論を言って、姉と母はしぶしぶそれを認め、父が満足して「じゃ、3人で禁煙な!」と言ったのだろうと(笑)。

でも姉と母は感情優位の人。

正論で煙草をやめられる訳がないんですよね。

ただそれを父に言ったところで、父にはそれを分かってあげる余裕がない。

父はただ分かって欲しいだけ。

自分の論理を分かってくれて、認めて欲しいだけなんですよね。

 

父ちゃん
全くあいつら、何で我慢できないのか訳が分からん。
ちか
・・・お父さん本当にすごいね。家族のために我慢して、煙草をやめたんだね。いつも家族のためにたくさん我慢して頑張ってきたよね。
父ちゃん
・・・お前、本気でそう思うか。
ちか
うん、私本気でそう思うよ。お父さんがたくさん頑張ったの知ってるよ。お父さんほど家族のために頑張った人はいないと思うよ。

 

・・・そう言ったら、父の声が詰まったような気がしました。

人はいくつになっても、「頑張ったね」って認められるのが嬉しいんですよね。

父はきっと、家族の笑顔を見たくて頑張ってくれた。

「分かってるよ」
「ちゃんと見てるよ」
「頑張ったね」

という承認があれば、いくらでも笑顔のために頑張れるのかもしれません。

 

「圧倒的な父」はいなくなった

・・・本当は、父は母にとって決して「良い旦那さん」ではなかったです。

父からの愛情や関心が欲しくて母が泣くところを、私はいつも見ていました。

それでも父は父なりに、家族のために頑張っていたと思います。

母には、そんな父を分かってあげる余裕がなかった。

そして父にも、母の感情論に寄り添う余裕がなかった。

ただそれだけの話が、ここまで何十年も続いているだけなのだろうと思います。

 

私にとって、家族を背負って働く父の背中はいつも追いかける対象でした。

私には永遠に追い越せないと思うくらい、父の背中は圧倒的でした。

そんな背中を私に見せ続けることこそが、おそらく父の愛情だったのだと思うのです。

・・・でも今回、その「圧倒的な父」はいなくなりました。

「俺を見てくれ」
「俺を分かってくれ」
「俺を認めてくれ」

そう悲痛なまでに叫ぶ、ただ1人の人間にすぎない父とお話できたことが、何よりの誕生日プレゼントとなりました。

 

お父さん、今までずっと大きい背中を見せてくれてありがとう。

私はもう背中を追いかけることはないけど(笑)、それでもずっとお父さんが頑張ってたこと知ってるよ。

その背中、ずっと覚えておくからね。

 

関連記事

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!