山崎豊子「二つの祖国」ドラマの感想&気になる原作との違い

お知らせ

女性の恋愛に特化したセッションをリリースしました!占い感覚で話したい方へ。

相愛リーディング

カウンセリングのモニター募集中です!ぜひご協力ください。

カウンセリングモニター募集

プロフィールが新しくなりました!

外山周プロフィール

【その他】英語トレーニングと心理セッションを組み合わせたサポート準備中!

外山周です!

二つの祖国、ドラマ終了しましたー!!

原作ファンの私も、テレビにかじりついて見ていました。

最初発表されたキャスとに対して「なんかイメージ違う!」とぶーぶー言ってましたが(笑)、見てみたらとても良かったです。

原作ファンも満足すること間違いなし!

とは言えちょこちょこ違う点もありました。

今日はそんな原作とドラマの違いについて、感想を含めて書いていきます!

これからドラマを見ようと思う方、逆に原作を読んで見ようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ドラマの見所はキャストの名演!

まずはキャラの違いについて書いていきます!

 

原作イメージ通り!

原作のイメージにぴったりだったのは、

ケーン(小栗旬)
乙七(松重豊)
イサム(新田真剣佑)
イケジマ(柄本佑)

この4名。

 

ケーン(小栗旬)

ケーンが二つの祖国の間で揺れ動く様、アメリカと日本両方に愛がある故の苦悩、そして東京裁判での日本語の読み上げ!

どれを取っても小栗旬は素晴らしく、英語も相当練習された様子が伝わってきました。

小栗旬の演技自体が既に見所ですね_φ(・_・

乙七さん(ケーンの父親)の頑固で実直な様子も良かったです。

 

イサム(新田真剣佑)

そしてイサム!

ケーンは非常に日本びいきで、日本人よりも日本の心を持った人ですが、弟のイサムは真逆。

日本に行ったことはなく、兄弟で一番「アメリカっぽい」のがイサムです。

一番良かったのは日本語を喋ってる時もたまに子音が英語っぽいこと、身振り手振りがアメリカっぽいことですね。二世っぽさがよく出ていました。

イサムを演じた新田真剣佑は、調べてみたらアメリカ生まれなんだとか(驚)。

どうせならもっと思いっきり日本語を英語っぽくしたら良かったのにと思います(笑)。

 

イケジマ(柄本佑)

最後の見所は、前編の最後に出てくるイケジマという役です。

この人は二世で収容所に入れられているにも関わらず、日本を祖国と呼ぶ狂信的な役所です。

原作では簡易地下室みたいなところで日本の戦況を聞いていたり、ドラマよりかなり嫌味で嫌なヤツなんです。

ドラマではかなりライトに仕上がっているものの、目つきや顔つきからこの役の狂気がよく現れていました。

 

原作と違うけど良かった!

次に原作のイメージとちょっと違うけどいいなーと思ったのは、何といっても女性陣ですね。

ナギコ(多部未華子)
ヒロコ(池田エライザ)

この2人は私の原作イメージとちょっとズレてたんですけど、女優さんの名演でどんどん映像にのめり込み、すぐに「これはこれでいいじゃん!」と思いました。

 

ナギコ&ヒロコ

まずこの姉妹。

原作ではある意味対局の姉妹として描かれます。

姉(ナギコ)は日本寄り、妹(ヒロコ)は日本が嫌いではないもののアメリカ寄りです。

ナギコが日本語の奥深さや静けさを理解する一方、ヒロコは英語の方が堪能。

2人で日本の「ふるさと」を歌う時も、ヒロコの理解が追いつかないことを示唆するシーンが原作にはあります。

が、しかし。

ドラマではナギコとヒロコの違いは全く描かれておらず、個人的にはそれがとても残念でした。

日本人より日本の心を理解するケーンとナギコの旅行シーンも、残念ながら省かれていましたしね…。

 

多部ちゃんの演じるナギコ、最初「喋り方大げさすぎない?」と思いましたが、最後には本当に多部ちゃんがナギコに見えてきました。

芯があって繊細で、それでいて力強くて、ケーンに一途で自己犠牲感が満載で(笑)、薄幸な感じが出ていてとても良かったです。

 

残念すぎる!!

という事で、全体的にとても良かったキャストの名演・・・。

でもどうしても、どーーーしても許せないことがありました。

 

チャーリー田宮(ムロツヨシ)

ムロツヨシ演じるチャーリー田宮!!

チャーリー、君だけはだめだ。

原作でのチャーリー田宮は愛に飢えていて、人との接し方を知らず、狡猾で頭のキレる役所です。

その生い立ち故に上昇志向が強く、最初からアメリカのみに忠誠を尽くしています。

つまり、日本語より英語が堪能なんです。

でもドラマのチャーリー田宮は誰よりも英語が下手で(ムロツヨシごめん)、それだけがどうしても気になりました。

もっと嫌味でチャラチャラしててくれないと。

でもチャーリー田宮は本当は愛がない訳じゃないので、その辺の愛と恐れが滲み出た感じはよく出てたかもしれません。

 

東條英機と大川周明

そして、東京裁判のシーンに登場する歴史的人物、東條英機と大川周明。

それぞれビートたけし笑福亭鶴瓶が演じています・・・。

いやいやちょっと、本当何がなんだか。

なんで東條英機がビートたけしで、大川周明が笑福亭鶴瓶なんだ。

こんなところにネタをぶっこむなんて、いかに大人の事情があるとは言っても、歴史好きな私からすると残念極まりない。

もーこのシーン見ないレベル。

 

原作で確認したい点

ドラマはとても良かったけれど、あと「綺麗すぎる」点が気になりました。

収容所のキャンプはそれはそれは劣悪で、エミー達は収容直後に馬用のシャワーを使わせられるシーンがあるのですが、それはカットされています。

収容所の家の中も、ちょっと綺麗すぎる。

カーテンとか上質な布だし。

それから終戦直後の広島で、教室に書道の展示が貼ってあるのも違和感です。そんな紙が余るほどの物資なんてあるか。

そういう細かい点は、ちょっと気になってしまいましたね(歴史好き)。

 

とても意味のある放送だった

今回の「二つの祖国」のドラマ化。

多くの人が見る地上波のテレビで、東京裁判をはっきりと「勝者が敗者を裁いた一方的なもの」と言及したのは、すごいことだと思いました。

原爆は「市民を殺した酷い兵器」として惨さが語られており、GHQがその隠蔽に非常に気を使う様もきっちり描かれていましたしね。

戦後これだけ自虐史にどっぷり浸かった日本でこの放送がなされたこと自体、日本にとって大きな意味のあることだったと感じます。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

女性の恋愛に特化したセッションをリリースしました!占い感覚で話したい方へ。

相愛リーディング

カウンセリングのモニター募集中です!ぜひご協力ください。

カウンセリングモニター募集

プロフィールが新しくなりました!

外山周プロフィール

【その他】英語トレーニングと心理セッションを組み合わせたサポート準備中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!