LPL2年目を修了!「言えない」に向き合い続けた私が「言える」になった2年間

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

7月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

外山周です!

去年から2年かけて受講した「LPLセラピスト養成講座」を、ついに修了しました。

この講座でセラピストを志してから2年、自分の生い立ちや心の傷に、これでもかって程に向き合い続けてきました。

見たくない感情も見ることになったし、
思い出したくない記憶も思い出すことになった。

それはとんでもなくしんどい道のりだったけれど、傷をどん底まで見切ったら、そこにあったのは忘れていた 自分の本質 と、泣くほど求めていた 願いそのもの でした。

私の願い。

それは、「言えない人が言えるようになって、安心して人と繋がれる世界を作ること」です。

この願いに辿り着いた、LPL2年の軌跡を振り返ってみたいと思います。

 

自分の本質を隠し通した人生

思い返してみると、私は今までの人生で、自分の本質をとことん封印し続けたなって思います。それは、

・本当は優しくて愛情深いこと
・目に見えないものに敏感であること
・それを表現すること

の3つで、この3つが複雑に絡まり合って、私はずっと強烈な「言えない!」という苦しさを抱えていました。

でも自分の本質に気付いて、「あーこんな私で良かったなぁ」って思えるようになったら、今は不思議と「言える」ようになりました。

そんな過程を突っ走った、LPL2年めでした。

  

「大好き」と言えない理由

実は今年のLPLが始まった時は、めっちゃ気合が入ってました。

「やってやんよ!」
「今年はすっごいことになりそう!」
「見てろー(何を)」

という気持ちで第一講を迎えましたが、その結果初っ端から一人で大泣きして帰ることになりました(爆)。

なんというか、ちょっと寂しくなっちゃったんですね。

直前に5年半付き合った彼と別れて引っ越ししていたし、帰っても1人だし、講座の話を聞いてくれる相手もいない。

そう思ったら急に寂しくなってしまって、講座の友人に笑いながら「男を作りたい」ってぼやいたら、

「おいおい。とても本気には思えないぞ」

って言われてしまって。

それでその時、やっと気付いたのです。

「大好き」「会いたい」って言いたい相手がいるのに、それを勝手に「言わない」と決めていた自分がいたことに。

「好き」という気持ちを厄介なものとして扱っていたことに。

油断したらすぐ大きくなりそうな気持ちを、必死で止めようとしていた自分がいたことに・・・。

そんな自分に、初っ端第一講で気づくことになりました。

それほど私の「好き」はでっかくて、自分でもそれに怯えていたんです。

そして泣きながら家に帰った5月のあの日、波乱の2年目が幕を開け、私は私の「言えない」と、とことんまで向き合うことになったのです。

最終講の合宿が行われた勝浦ブルーベリーヒル

  

見えないものに敏感

もう1つ向き合ったものに、「目に見えないものに敏感である」というスピ全開の感性があります。

練習セッションをしてると、クライアントさん本人が気付いていないような感情や想念が伝わってきてしまったりとか。

身体の一部が気になったり、手を当てさせてもらうと「熱っ!」って感じる人がいたりとか(体温が高いわけじゃないけど「熱い」って感じるの)。

「なんかこの椅子やだな」って思ったりとか。

こういうのを全部「気のせい!」って思いたかった自分がいました。

だって、こういうことって「言えない」じゃないですか。

だっていきなり「その椅子ちょっとエネルギー残ってるから散らしてから座りな」とか言われたら、「はぁ?アンタ誰だよ」って思うじゃないですか(笑)。

だから私の「言えない」は、この敏感さにも由来があったわけです。

 

統合した人生の樹!

「好き」だの「愛」だのという厄介な気持ちと、
目に見えないものへの敏感さ。

この2つを自分の本質として「しょーがないな」と迎え入れたら、やっと2つが統合される日がやってきました。

最終講には、天命をプレゼンする「人生の樹」という課題があります。

ずっと「英語と心理セラピーの融合」を軸にプレゼンを作っていましたが、これを「恋愛」の方向に180度変えて、土台から総取っ替えしました。

実に最終講2日前の夜です。

そして出来た「樹」がこちら。

2019年 人生の樹

プレゼンは絶対言葉を飾らない!と決めて、今まで絶対人に言わなかったようなことまで、かなり闇を曝け出しました。

スッキリしました(笑)。

思い返してみれば、私は「英語を話せなくて困った」ことは数回しかないけど、日本語で気持ちが言えなくて困ったことの方は10000回くらいあるんです。

恋愛で辛い思いをしたことも10000回くらいあります。

だから、まずは日本語で「言える」こと。

自分が「言える」ようになって、
誰かの「言える」をサポートしたい。

言葉と繋がり、
人と繋がり、
そして社会が変わり、世界が変わることを、

私の今までの「言えない」が、
その世界のためにあったのだということを、
私は信じてみたくなりました。

全ての言えない人が、癒えて言える世界。

そんな世界がくるのだと、信じたくなりました。

 

今後の予定

モニターを募集します!

今年はセッション記録最多賞をいただきました!

練習セッション80本。ちなみに去年は55本。

これからも経験を積んでいきたいので、近々正式にモニターを募集する予定です。

・恋愛カウンセリング(女性限定)
・フルセッション
・英語の心理サポート

の3つを考えています。

特に「言えない」で悩んでいることがある方、ぜひご連絡ください。

  

さらなる発信へ

今年で私の「言えない」のブロックが外れたので、いろんな記事を書いていく予定です!

パートナーシップのこと、
目に見えないこと、
英語のことなどなど。

特に目に見えないことについて、たくさん書きたいです。

あとは個人的な自己探求の継続として、私にとって結構根強い「お金ブロック」と向き合っていきますf(^_^;

今年は目に見えない方にかなり傾いたからな・・・。

 

ここまで徹底的に自分の傷と向き合って、そして出てきた本質「願い」を自分に取り戻せたことは、本当に尊く嬉しいことだなって思います。

まだまだ探求は続きますが、私は自分の本質で、「願い」を形にする未来に入っていこうと思います。

 

全ての人が癒えて、言える世界。

 

そんな世界を目指して、私の旅は続く。

それぞれの旅路で、またお会いしましょう!

  

関連記事

プロフィールが新しくなりました!

去年のLPL最終講記録はこちら。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

7月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

5月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!