「死にたい」は痛烈な「生きたい!」の裏返し【ビリーフリセットの旅3】

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

外山周です!

この夏中退した大学を訪れました。

遅々として筆が進みませんでしたが、こちらの記事でいよいよ完結となります!

 

🔽ここまでのあらすじ

・出発してから丸3日間、身体の痛みと付き合う

・身体の声をよーく聞いたら、次は感情と記憶がめっちゃ生々しく蘇る

・強烈な自己否定に気付く→なんとか手放す

 

***

 

21歳だったあの時、私は鬱病になって真剣に死ぬことを考えた。

「もう二度と日本に帰れない」とも思った。

午後20時でもまだこんなに高い、オクラホマの太陽。

当時はよく夕日を見てたなぁ。

「この太陽が沈むと、日本が朝になるんだなー」

なんて思ってね。

こんなに長く伸びた、自分の影。

あんなにも強烈に「死にたい」と思っていた土地に実際来て、その時みてた景色を1つずつ見て。

改めて見回してみたら、ここはとてもいい土地だった。

自由で明るくて、日本にない良さがある。

 

私はあの時、確かにここで生きていた。

助けてくれた日本人の友人達がいて、

アメリカ人の彼氏がいた時期もあって、

色んな国の友達もいたのに。

 

繋がりを絶ったのは私の方。

ただ「こんな私じゃここにいれない」っていう、無意識の自己否定があっただけ。

人と繋がることなんて出来なかった。

だけどもしあの時「ここにいてもいい」って思えていたら、

ちゃんと人と繋がることが出来てたら、

全く違う留学生活と、全く違う未来があったのかもしれない。

 

 

 

毎日死を考えてた土地にいて、生まれて初めて痛烈な「生きたい!」って思いが湧いて来た。

 

私は生きたい。

生きて人と繋がり、

自分らしく笑いたい。

「楽しいね」「よかったね」って言い合いたい。

そんなエネルギー循環の中にいたいんだ。

 

あの時の「死にたい」は、こんなにも強い「生きたい!」の裏返しだったんだと、やっと気づいた。

 

 

最終日の夕方、雨が降った。

こっちの空はまだ明るいのに、ちょっと先の空には分厚い雨雲。

オクラホマの空は、時に短時間でコロコロ変わる。

夜空を見上げてると、遠くの空に稲光の筋が見えたりもする。

まるで心のようだなーって、今は思う。

 

私はこのコロコロ変わる広い空が、とても好きだったんだなぁ。

空を見上げて過ごす時間が好きだった。

鬱病になって色んなことがあったけど、辛いことばっかりだったって思っていたけど、そうじゃない。

ちゃんと楽しい時間があった。

友人も仲間もいた。

大学にもそれなりに行った。

空も見た。

その全てが、ちゃんと私の身体の中に残ってくれている。

 

このままでいい。

何1つ無駄になってない。

全てに意味があったことなんだって、やっと思えた。

 

雨上がりの空。

たぶんね、私はこれからも生きていくだろう。

これからはもっと、自分のやりたいようにやって、楽しく軽く生きていく。

これからはきっと人と繋がって生きるだろう。

いつか遠くない未来に、大学で過ごした時間が大きなギフトになるはずだ。

 

そしてありがとうオクラホマ。

ここに来なければ、こんなにも強い「生きたい!」という気持ちはきっと一生知らないままだった。

かけがえのない経験をありがとう。

いつかバケーションで、また行くよー!

 

 

思えばこの旅は、最初から最後まで私に「繋がり」を教えてくれた旅だった。

たくさんの人に背中を押してもらい、それを受け取って旅に行けたからこそ、ここまで向きあって帰って来れたんだと思う。

本当に全ての巡り合わせに、今はただただ感謝です。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!