英語がツライ!と思ったら「1000時間理論」の壁を考える!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

外山周ですー!

「英語が全然上達しない…」とお悩みの方へ、新たな見方をご提供したいと思います!

今のレベルから「上達した!」と実感できるくらいの英語力を習得するために、何時間の学習が必要か知っていますか??

答えは1000時間です!

第二言語習得の「1000時間理論」などとも言います。

ただ聞き流すだけのような受動的な学習ではなく、自分の意識を集中して行う能動的な学習1000時間が必要だとされています。

この1000時間の使い方についてどんな学習をどうやって行えばいいのか、色んなサイトや本に書いてあります。

が、今日は「そんなこと言われて出来れば苦労しないよ〜〜><」という方のために、1000時間に臨む時の心のコツについて書いてみたいと思います!

 

「頭を英語が拒否する」経験

「英語話せたらいいな〜」「がんばろ〜〜」と思っていても、なぜか途中でできなくなってしまった…という経験はありませんか?

learner
突然英語を頭がシャットダウンするような感じがする・・・
learner
分かっちゃいるけど毎日2時間ガッツリ英語やるなんて大変すぎる・・・
learner
なんだか急に、英語なんて見るのも聞くのも嫌!って気分になってきちゃう・・・

そんな経験のある方、いませんか?

ちなみに私は今までに500回以上はこう思って生きてきました(笑)。

これは意思が弱いとか一切関係なく、全くあなたのせいではありません。いくら科学的に効果のあるやり方が主流になっているとは言え、だからと言って

「なるほど!1000時間頑張ればいいのね!分かったわ!」

と情熱を燃やし続けられる人の方が、実は少数派なのではないでしょうか^^;

人間そんなに単純な生き物ではないですからね。

 

能動的な学習1000時間!

さて、ここで念のため、本当に効果の出る「能動的な学習」がどんなものなのかを確認しておきましょう。

能動的な学習の例

・英文がしっかり理解できるように文法と意味を確認し、自動化するまで(スムーズに言えるようになるまで)繰り返し音読をする

・なぜ特定の英文が聞けないのかを音声ルールに沿って確認し、自動化するまで繰り返し自分の声で練習する

・ドラマのDVDを見ながら何を話しているのか推測し、その後実際の英文スクリプトと見合わせて確認し自分でも言えるように練習する

などなど。

さらに自分の英語を録音して、実際のネイティブの英語と聞き比べて確認するプロセスまで入れればより良いです。

 

ポイントは「知識」と「自動化」

文法、意味、音声の知識をしっかり頭に入れ、その上で体が勝手に覚えるまで(自動化するまで)練習する。

バスケのパス練習や、野球やテニスの素振りのようなものです。

スポーツの練習でも、頭を使いながら何度も体で反復練習を行いますよね!

録画してフォームを確認したりもするでしょう。

「体に覚えさせる」という点では、スポーツと英語は非常に似ています。

同じようにすれば、英語も上達していくわけなのです。

 

1000時間あったら何をしたいか?

ここまで読んで「うへぇ」と思ったあなたに質問です!

あなたは1000時間あったら、何をしたいですか??

1000時間というと、冷静に考えると結構な長時間です。毎日2時間ずつ欠かさず確保しても500日、3時間でも333日掛かるわけです。

あなたの今の日常で、毎日2~3時間を何かに使うとしたら何をしたいですか?

ちなみに私は、先日ある英文と4時間ほど睨めっこしていまして、ぶっちゃけ思いました。

この4時間があれば、こないだのカウンセリング練習の録音をもう1度聞いて、文字に起こすとこまでやれるだろうに…
これに4時間使うなら、1冊でも多く心理系の本を読みたいわ!
この時間があれば、陸軍士官学校跡地に行ってこれるのにーーー

中身は置いといて、ポイントはここの「この時間があったら〜〜したいのにー」なんですね。

この「〜〜したいのに」が、英語を話す理由と結びついていますか??

結びつかない時に、英語が苦しくなるわけです。

 

「〜したい」と結びつけよう!

可能ならば、浮かんできた「〜したいのに」と英語を結びつけましょう。

例えば上の私の例だとこうなります。

いつか英語で外国人向けに心理セッションできるかもー!
いつか英語で軍跡めぐりの企画しよーっと!

という具合に、結びつけてモチベーションを保ってみてくださいね!

結びつかない場合は、英語はただ趣味で楽しくやればいいかもしれないし、できない部分は外注の翻訳を頼ってもいいかもしれません。

1000時間を目指さなくても、500時間で「少しの上達」を目指すのも1つの手です。

もし「〜したい」が出てこなくて「〜しなきゃ」ばかりが浮かんでくるようなら、そんな時こそ心理セラピーの出番です^^

「何がしたいのか分からない…」という方は、ぜひブロックを外すためのセッションを検討してみてください。

 

まとめ:英語がツライ!と思ったら

「英語がツライ!」と思ったら、次の質問と向き合ってみてください!

 

Q: 1000時間あったら何をしたいか??

Q: 今の日常で毎日2~3時間を何かに使うとしたら、何をしたいか?

Q: それを英語に結びつけられるか?

Q: 結びつけられない場合、どの程度の英語を目指せば良いか、外注は検討できるかなど別の道を考えてみる

 

あなたの人生の貴重な1000時間。

何に情熱を注いでいくのか、英語の向こうに何があるのか、ぜひ考えてみてください^^

 

🔽ちなみに私はこんな時もある(笑)

あーーーお腹減ったー
寝てたいわーーー
・・・(無)
The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!