英語を話す時の心理的なブロックと「日本語」の関係

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です。

日本で10年以上英語を教えているというネイティブに出会いました。

日本人が英語を使えるようになるためにはどうしたらいいのか、日本人に足りないものは何なのか。

彼が言うには、それは「日本語というメンタルブロック」だそうです。

日本語そのものが枷となり、英語を使えなくしているというのが、彼の考えです。

ネイティブならではの彼の目線から聞いた話と、2人で話した内容をシェアします。

「頑張ってるのに英語が話せるようにならない」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

言語には「生き方」が染み込んでいる

ビジネスの現場や友達との会話で、「日本語ではこんなにハッキリ言えないけど、英語でなら言えちゃうなぁ」と感じたことはありませんか?

英語でならYes / Noをハッキリ言える

なんか自己主張をちゃんと出来る気がする

異性を口説くのは英語の方が楽

などなど…英語の上手下手に関わらず、英語を話すのに苦労を感じる一方で、「日本語では言えない内容も英語でなら話せる」と感じたことはないでしょうか。

多くの方が持っているこの感覚は、日本語という言語じたいに日本人としての生き方が染み込んでいるために起こります。

 

母国語と脳の発達

母国語は「思考」のベースです。

脳内であらゆる情報を処理し、思考をするためには母国語がメインで使われています。

言語構造の違いは、そのまま「思考の構造」の違いになって現れます。

そして英語の持つ構造と日本語の構造は大きく違っていて、日本語の方が非常に曖昧で間接的な構造になっています。

そのため私たち日本人は、英語を母語とする人たちに比べて曖昧で間接的な思考をする傾向があり、当然口に出す言葉も優しいものが多くなります。

これが言語と結びついた日本人の思考であり、生き方であるというわけです。

 

ネイティブ講師の目に映る「日本人」

この言語と結びついた思考と生き方は、ネイティブの目にはどう映るのでしょうか。

ネイティブ講師の友人が10年間英語を教えてきて、日本人に対してほぼ共通して持っているイメージは、

・街で会った知らない人と世間話をしない

・仕事でもプライベートでも敬語で話す

・敬語を崩すほど仲良くなるには時間がかかる

・自己開示(仕事や家族や休暇の話)をしない

だそうです。

これが彼の思う典型的な日本人です。

シャイで完璧主義で、仕事人間で組織人であることを美徳とし、逆に言うと組織の外とは敷居が高いということです。

この生き方を全うするために、日本人は子どもの頃から徹底的に躾と教育を受けます。

教育はもちろん日本語で施されるわけなので、日本語には曖昧な思考構造と併せて、この美徳とされる生き方も一緒に染み込んでいます。

仕事を頑張って生きていくのが良いことだ

ミスを恐れる / 自己開示を恐れる

完璧主義になる

完璧な自分を装う

人と触れ合う余裕がなくなり他人行儀になる

この前提が日本語に染み込んでいる限り、英語をいくら日本語ベースで学んだところで他人とコミュニケーションを取るのは難しい、と彼は言います。

 

日本語の介在を無くせば、「生き方」も消える

では曖昧な日本語を母国語とし、さらに他人行儀な生き方が染み込んでいる私たち日本人が英語を使うには、どうしたら良いのでしょうか。

第二言語を使う時には、大抵の場合脳内で母国語が介在しています。

つまり、【英語で話しかけられる→日本語に訳して理解する→答えを日本語で考える→英語に訳して話す】という手順を、無意識のうちに踏んでいることが多いのです。

 

① 母国語の介在を無くす

ネイティブ講師の彼は、この日本語の介在をなくすことを最終ゴールとしてレッスンを組んでいると言います。

レベルに関係なく英語オンリーのレッスンを貫き、最後の「自信をつける一瞬」「楽しいと感じる一瞬」のためだけに日本語を少し使うそうです。

・とにかく英語だけを話し、推測させる。

・それが合ってると知る瞬間だけ日本語を使う。

・「合ってた!やった!」が積み重なれば、自信になる。

この手順を踏んでレッスン中だけは日本語を頭から追い出し、日本人としての思考と生き方を追い出します。

何回ものレッスンと、何か月、時には何年もの時間を使って、それを実現させるそうです。

 

② 日本語が無くなるとフレンドリーになる

そして頭が英語オンリーに慣れ、日本語を追い出すことに慣れてくると、日本人に変化が起きてきます。

他人行儀で自己開示をしなかった日本人がフレンドリーになり、自分のことをガンガン話し始めるそうなのです。

子どもの頃の話をされたり、嬉しかったことを英語で報告されたりする瞬間が、ネイティブ講師の彼にとって1番「やったぜ!」と思う瞬間なのだそうです。

ここまでくれば、確かにもっと話したくなって更に英語が上達するという好循環を生みそうです。

 

まとめ

彼の視点をまとめると「英語を話せるようにするには日本語の介在を無くし、日本人としての生き方を英語に持ち込まないようにしよう!」となります。

英語オンリーの教え方には効率の面でメリットデメリットがありますが、彼の教え方はもはやカウンセリングの領域です。

彼は大学で心理学と英語の教授法を学んだそうなので、レッスンにもそのやり方が散りばめられているのだと思います。

彼のようなネイティブのコーチに出会えれば、英語を使えるようになりそうです。

 

日本語の介在を無くさなくてもいい

さて、ここまで読んで「日本語の介在を無くすなんて無理じゃない…?」と思ったあなたのために、シャイな日本人代表の私がコツをお伝えしたいと思います。

あなたはパーティーが好きですか?

例えば「毎週異文化交流の英語パーティーに参加して、毎日友達とグループチャットで英語でやり取りし合ってください」と言われたら、どう感じますか?

「分かりましたー!パーティー大好きー!イェーイ!」

と言えるなら、きっとある程度英語オンリーの場数を踏むことで、日本語を追い出す感覚に慣れていけるでしょう。

ですが「いやそれはちょっとキツいです…」とか、「うーんキツいけど頑張ってみるか…」と思うなら、それは元々あなたに合ったやり方ではないということです。

 

あなた自身に合った方法を探しましょう。

 

①今の英語に何が不満なのか?

あなたは、英語の何に困っていますか?

・相手の言ってることが分からない

・言いたいことが言えない

この2つだったら、どちらのパーセンテージが大きいでしょうか。

相手の言うことが分からないのであれば、シャドーイングと発音の練習を論理的に行っていくことで、聴解処理と呼ばれる「聞く力」を上げていくことができます。

言いたいことが言えないのであれば、「日本語なら言いたい事が言えているか?」を考えてみてください。

 

②言いたい事を言う練習

英語に限らず、言語は「言いたい事を伝えたい!」という気持ちによって上達していきます。

あなたは普段日本語を話している時から、きちんと言いたい事や思った事を言葉に出していますか?

咄嗟に言葉を飲み込んだりしていませんか?

まずは日本語で何を伝えたいのか、英語を話せたらどんな話をしたいのかを言葉にして、確認してみてください。

 

「心」にフォーカスを当てること

ネイティブ講師の友人が行っているレッスンは、ある意味「心」にアプローチをするカウンセリングと同じです。

「~しなければいけない」というあり方のブロックを外すことが、結果として英語の上達に結びついているという見解は私と同じです。

それを英語オンリーで行うのが友人のやり方で、第二言語習得研究(論理)と日本語を用いるのが私のやり方、ということになりそうです。

英語を使えるようにする方法はたくさんあります。

「頑張っても英語が上達しない…」と感じる時は、まず一息ついてよーくあなた自身を観察してみましょう。

 

英語は何かを伝える媒体に過ぎません。

どうか自信を持って、言いたい事を言ってみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!