セラピスト養成講座受講記録【LPL第2講】姉との関係が鍵!?

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

LPL第2講を受けてきました〜!ひひひ。

LPLは、私の師匠の師匠である岡部明美さん(明美ちゃん)が主催している、セラピスト養成講座です。第1講から、私はこの怪しさ満点の世界にすっかり魅せられています(笑)。

さて。第1講の時は次の日にパァーッと視界が拓けたように感じましたが、今回は真逆。まるで遅効性のお薬のように、じわじわとボディーブローのように効いている感じがします。

今回は「親との関係を見つめ直す」回でしたが、意外にも私の場合、姉との関係を見つめ直す機会となりました。個人的な話になりますが、その記録を書いておこうと思います。

 

横に兄弟がいるって心強い

なぜ姉との関係を見つめ直すことになったのかと言えば、公開セッションでクライアント役になった人の「妹役」に指名していただいたのがきっかけでした。

30数名の参加者全員の前で行われる公開セッション(通称「大まな板」)。

クライアントになった人は、父、母、兄弟など、原家族のメンバーを選びます。参加者の中から1番似ている人を選んでいくのです。

そしてそれぞれの位置関係を感覚で選んで、立って、動いて…というように、体感覚で家族のあり方を表現し、セッションを進めていきます。

そんな中、妹役に選ばれてクライアントさんの横に立った時、私は「横に兄弟がいるって心強い」と感じました。

すごく、すごーーーく心強かった。

1人じゃないんだって思えたのです。

 

実際は「兄弟不在」の家庭だった

実際のところ私は姉が1人いますが、姉とは家庭の事情で別々に育ちました。離れたのは確か、私5歳、姉13歳だかの頃。

ほとんど記憶がない上に、長い間家族の中でタブー視されていました。今までどんなカウンセリングやセラピーでも、あまりこの話をしたことがありません。

私は何不自由なく両親のもとで愛されて、守ってもらって育てられた。でも姉は13歳で両親から離れて、かわいそうな思いをたくさんしてきた筈だ。だから私より姉が優先されるべきだ。

と思っていました。

姉だけがかわいそう。私は幸せ。

そんな風に、ずっと思い込んでいたのです。

 

「お姉ちゃん大嫌い!」

この思い込みが外れたのは、21歳で鬱病になり、カウンセリングを受け始めた後のことでした。

「お姉さんは少なくともお友達と遊んだり、お洒落をしたり、そんな自己表現が出来ていたんじゃない?あなたはどうだった?」

と当時のカウンセラーに聞かれた時の衝撃といったら、そりゃーもう大変なものがありました。

確かに姉の話には、今でも交流のある仲間として普通に「中学の友達」や「高校の友達」が登場し、姉が住んでいた家の子供達と「兄弟のように過ごした」という思い出エピソードをたくさん聞かせてくれます。

かたや私ときたら。

ずっと過干渉な両親のもとで勉強ばっかりやってきたので、思い出話を出来る昔の友達なんて1人もいないし、ついでに姉と「兄弟のように」過ごした記憶もありません。

それでも姉は「お前が羨ましい」という。

そう言われる度に、

うるせーーーー!!!辛かったのは自分だけだと思うなよこんちくしょーーー!!私が大人の中でどんだけ頑張ったと思っとんじゃーーーー!!お姉ちゃんなんて大っ嫌いじゃーーー!!ムキー!!

と思っていました(口には出さない)笑。

というか、もっと昔から嫌いでした。姉が親戚の家から帰ってくると、それまで私が必死に保っていた家族の均衡が崩れるからです。あー辛い。

これに気付いてからのここ10年、どうも姉と仲良く出来なくて、仲良くしたいのに会うとぐったり疲れ果てる…というようなことが続いていました。

 

「お姉ちゃん大好き」

今回クライアントさんの「妹役」として隣に立ち、「隣に兄弟がいるって心強い」と感じたことで、ふと感じたことがあります。

それは、「お姉ちゃん大好き」な自分でした。

5歳で姉と離れ離れになる前、まだ一緒に住んでいた頃、私はお姉ちゃんが大好きだったんじゃないだろうか…。

そう思ったら、いくつかの記憶がぱーっと浮かんできました。

保育園にお姉ちゃんが迎えに来てくれたのが嬉しくて、得意になって「お姉ちゃんと帰ります、さよーなら!」と言い、先生が「よかったね」と言ってくれたこと。

階段で泣いているお姉ちゃんが可哀想で、早く元気になって欲しいと思ったこと。

「お姉ちゃんの部屋で寝る!」と言って絵本を何冊も持ち込んで山盛りにして、それを「全部読んであげる」と姉が言ってくれたこと。

・・・。

あー私、お姉ちゃん大好きだったんだ。

ちゃんと一緒に住んでた頃の記憶が残ってる。

そう思ったら泣けてきて、公開セッション終了後、トイレでこっそり泣きましたとさ(笑)。

多分お姉ちゃんがいなくなった時、5歳の私はすごーく寂しくて、悲しかったんじゃないのかな。でもそれを感じたままだったら、きっと生きていけないから封印してしまったんだなーと思います。

 

プロセスは全て完璧

姉との記憶がいくつか蘇ったからと言って、今すぐ姉に違う接し方が出来るだろうか…?と言われるとちょっと微妙ですが(笑)、きっと徐々に変わっていくことでしょう。

実は今まで姉と同い年くらいの女性に、謎の苦手意識がありました。こちらはすぐにでも無くなりそうな気がします。

で、私事ですが明日からアメリカに「ビリーフリセットの旅」に出かけて来ます!

中退した大学を訪ねてみようというミッションなのですが、そー言えば姉が1度、わざわざアメリカまで大学を見に来てくれたことがあったのよね…。

その時どんな話をしたのかさーっぱり忘れてしまいましたが、姉との思い出を振り返ることも含めて、きっと意義のある旅になるんだろうという気がします。

LPL第2講についてはまだまだ感想があるので、また続編を書きたいと思います!

それにしてもすげー講座ですわ…。

というわけで、レポート第一弾でした!

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!