「もののけ姫」より:英語の吹き替えから思う日本文化④

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です。

「もののけ姫」の英語吹き替えの台詞と、そこから分かる日本文化についての記事をシリーズで書いています。

今日はお待ちかねのカヤちゃんです!

 

カヤ / Kaya

Wikipediaによれば、カヤちゃんはアシタカの許嫁だそうです。

アシタカを「兄様」と呼ぶが、実の兄妹というわけではなく、エミシ村のように小さな村では、自分より年上の人間達は皆「兄様(あにさま)」や「姉様(あねさま)」と呼称する。将来はアシタカの嫁になるつもりであり、そのように周りが認めた娘だった。(Wikipediaより)

この設定が分からなくても、カヤとアシタカが実の兄妹ではないこと、カヤはアシタカを好きであることが、日本語の台詞からならば伝わってくると思います。

 

1.台詞「私の代わりにお供させてください」

では、アシタカの旅立ちの時の2人の会話を見ていきましょう。

 

日本語

① カヤ。見送りは禁じられているのに。(アシタカ)

② おしおきは受けます。どうかこれを、私の代わりにお供させてください。(カヤ)

③ 大切な玉の小刀じゃないか。(アシタカ)

④ お守りするよう息を吹き込めました。いつもいつも、カヤは兄さまを思っています。きっと…きっと…!(カヤ)

⑤ 私もだ。いつもカヤを思おう。(アシタカ)

 

英語

① Kaya. What are you doing here? You know it’s forbidden.

② Do you think I care about that? I came to give you this so you won’t forget your little sister.

③ Your crystal dagger… Kaya, I can’t take this.

④ Please keep it with you, brother, to protect you. You must take it with you, please. I want you to have it so you won’t forget.

⑤ Kaya, you know I could never forget you.

 

英語の台詞の和訳

① カヤ、ここで何をしているんだ。見送りが禁じられていると知ってるだろう。

② そんなこと私が気にすると思う?これを渡しにきたの。あなたが妹を忘れないように。

③ お前のクリスタルダガーじゃないか。カヤ、受け取れないよ。

④ お願い、一緒に持っていってお兄ちゃん、お兄ちゃんを守るために。絶対持って行ってくれなくちゃだめ。お願い。これを持っててほしいの。忘れないように。

⑤ カヤ、君を忘れることなんて絶対ないよ。

 

2.今回の日本文化:「息を吹き込めました」

今回のカヤちゃんの日本語の台詞は、日本的な「想い」がのっています。

英語のように「忘れないで」とは一言も言っていませんが、できればアシタカと一緒に行きたい、アシタカに自分を忘れないで欲しいという思いが伝わってきます。

 

感想

この英訳じゃ、アシタカとカヤが本当の兄妹みたいだなぁ…というのが率直な感想でした。

お仕置きは受けます →そんな事気にすると思う?

これを私の代わりにお供させてください →忘れないように持って行って欲しい。

お守りするよう息を吹き込めました →守るために持っていけ。

うーん直接的。
まるでアシタカが敵と戦って、やられそうになったところで小刀を使い、それで敵をやっつけて命が助かった!みたいな、そんな物理的なものを感じます。

日本語には「念」がこもるのですよ~。
英語にこもらないとは言わないが、日本語にこもる念はその比じゃないのです。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!