陸軍工兵学校跡地に行ってきた!見落とせないスポットまとめ

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

外山周です!

千葉県松戸市にある「陸軍工兵学校跡地」に行ってきました!

軍跡が大好きな私としては、絶対にこの目で見ておきたいポイントがあったのです。

見落とせないスポットを、写真と併せて紹介していきます!

   

工兵学校の見落とせないスポット

千葉県松戸市にある「陸軍工兵学校跡地」は、今は複数の学校の校舎と、市民が憩う公園になっています。

まずは当時の門柱!今は公園の正門です。

当時の門柱

  

次に記念碑。

記念碑

軍跡に来たら、記念碑の日本語を必ず読んでおきたいところです。ここに当時を生きた人達の思いが詰まっているからです。

陸軍工兵学校は
(中略)
逐年その実績を挙げ
大正十五年十月二十八日
摂政宮殿下の台臨を始めとして
幾多の栄誉に浴せしが
昭和二十年戦争の終局とともに
光輝ある二十七年の歴史を閉じたり。
いま台上往年の面影を留めず
よって縁故者あい謀り
記念碑を建立して後世に遺す。

意訳
「陸軍工兵学校は年々実績を作り、1926年に摂政宮殿下(後の昭和天皇)がおいで下さるなど、多数の栄誉をいただいた。しかし1945年の終戦とともに、光り輝く27年の歴史に幕を閉じた。今では以前の面影はないので、縁故者で記念碑を立てて、後世に遺します。」

・・・。

当時を生きた方には、摂政宮殿下のご行幸が、きっと想像もつかないほど光栄で嬉しいことだったのでしょう。

戦後じょじょに変わっていく景色を間近で見ていた方達の心中は、どんなものだったのだろうなと思います。

  

そして今大学がある方向にぐるっと回ると見れるのがこちら。

弾薬庫跡

細い道を歩いていくと見えるので、ちょっとだけタイムスリップの気分になれます。

帰り道は通称「地獄坂」を降ります。

工兵学校は高台にあって、現在は松戸駅近くのイトーヨーカドー5階の出口から行くことができます。つまり、1階〜5階の高低差があるんですね。

この坂を、当時の軍人さん達は走って訓練したのだそうです。

その「地獄坂」の途中に、ひっそりと石標が残っています。

「陸軍用地」の石標

坂道の途中にあって意外に小さく、見落としがちかもしれません。

   

「工兵」は軍のエンジニア

「工兵」とは、今風に言うと軍隊のエンジニア。

・地雷撤去
・船舶の管理
・バリケードを築く

等の役割を持ち、頭脳で戦うエリートです。戦闘員ではないけれど、ものすごく高い専門知識と技術が要ります。

そのエリートを育てるための唯一の学校が、「陸軍工兵学校」でした。

歴史が27年ということは、当時にしてみればかなり新しい学校だったと言えます。

入学するのは各部隊から選抜された兵士で、卒業後に原隊に復帰していたらしいので、プレッシャーもものすごかったと思います。部隊を背負って勉強に来てたってことですよね。

ということは、当時の松戸はエリートが集まる街。

工兵の街として栄えた時代があったのですね。

松戸を通る新京成線も、かつては軍用線路だったそうです。

    

私にとっての「軍跡」めぐり

ということで、現在の工兵学校跡地は駅近の公園となり、子供の声が響く平和な場所になっていました。

戸山学校跡地に行った時は体調を崩しましたが、工兵学校跡地は平和です。敏感な人でも安心して行けると思います。

その時代なりに国を守ろうとした「軍人」が生きた場所である、軍学校跡地。

まだ残っているうちに、出来るだけ多くの跡地に足を運びたいなと思います。

  

関連記事

*陸軍戸山学校跡地に行って来た!

**軍歴証明書を取り寄せたい方へ

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!