読了:「ザ・マネーゲーム」から脱出する法

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

以前から読みたかった、「ザ・マネーゲームから脱出する方法」を読みました。

今参加しているTLIアドバンスという講座の宿題です。

 

今回私が買ったのは「図解」バージョンの本です。

Kindleで読みました。

何%読んだかと、読了までにかかる時間が表示されるようにしています。

読みやすく、簡単な言葉で書いてあって、「xx%」という表示もあっという間に増えていきます。

こんな調子で、サクサク読み続けるはずでした。

 

が、しかし(笑)

途中から失速し、全部読み終わるまでに時間がかかりました。

ちょっと読んではやめ、また次の日に少し読み進めてはやめる。

その繰り返しで、気付いたら読了まで2週間近くかかってしまいました。

なんだろう、頭に入ってこないのです…意味不明すぎて(笑)。

 

本気でお金の不安から自由になるためには、あなたの”現実面”と”精神面”の2つの側面から、変化を起こす必要があるのです。

(本文より抜粋)

 

本の中で、「現実面」「精神面」の両方で変化を起こさないといけないと書かれていました。

今の私がこんなにも書いてある意味が分からないということは、私は現実面でも精神面でも、きっと「マネーゲーム」に翻弄されているということなのでしょう(笑)。

本の前半では現実的な方法を本田健さんが、後半では精神面のルールをロバート・シャインフェルドが書いています。

 

「マネーゲーム」って何?

本の中で、お金というのは共同幻想であるとキッパリ断言されています。

その共同幻想のゲームには明確なルールがなく、ゲームオーバーもない。

新人もベテランもない。

1度始めたが最後、死ぬまで続く。

勝っても負けても、幸せではない。

お金というモンスターに脅かされ続ける、不毛なゲーム。

 

・・・こっわ!

こんなゲームに日々翻弄されているわけか。

 

現実的な側面の感想

ではこの「マネーゲーム」から抜け出すために、現実的にどうしたらいいのか。

これが前半に書かれています。

具体的な脱出プロセスには「感情」「思考」「行動」が必要だそうです。

特にお金に対してのネガティブな感情は、子供の頃から筋金入りに育てられていることが多いとか。

この感情を客観的によく見つめることが重要そうです。

 

ここでもまた感情かよ!って思っちゃいますね(笑)。

人生を変えるには、感情をよく見つめてビリーフをリセットする。

そこから行動して1つずつ限界を破っていく。

この繰り返し。

お金に対しても例外ではないようです。

 

精神面の部分の感想

精神面の方は、正直まだ「なんとなく分かった」レベルです。

私たちは、1人1人ミッションや魂の仕事をもって生まれてきている。

本当の力を解き放つと信じ、ミッションのために生きればいい。

お金はそこに循環するエネルギーに過ぎず、お金自身が力を持っている訳ではない。

・・・ということ???

 

何はともあれ、お金=感謝チケットの言い換えが面白かったので、やろうと思います。

・請求書 → 感謝のリクエスト

・支払い → 感謝の表現

・銀行通帳 → 感謝の手帳

・臨時収入 → 予期せぬ感謝状

これだけで、ちょっと楽しくなりそうですね。

 

まとめ!

えーと、あと3回くらい読みます…この本。

みなさんもぜひ読んでみてください。

 

※下記は本から抜粋した個人的メモ!

マネーゲームから脱出できない5つの理由

①お金に感情的に支配されている

②お金を稼ぐストレス、使うストレスで混乱している

③お金の本質を理解していない

④本気でお金から自由になろうと思っていない

⑤お金を稼ぐことができない

 

マネーゲーム脱出の8つのステップ

脱出のプロセスには、「感情」「思考」「行動」の3つの要素が不可欠

①「お金の幻想」を知る

②お金の罪悪感を癒す

③お金に対する「感情」を客観視する

④お金との関係を見直す

⑤豊かさを疑似体験する

⑥お金に対してワクワクする

⑦お金の入ってくる仕組みをつくる

⑧お金を尊敬し、大切に扱う

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!