グレイテストショーマン「Never Enough」を歌うジェニー・リンドの魅力に迫る

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です!

グレイテスト・ショーマンに魅せられて、何度も映画館に足を運んでいます(笑)。

前回は字幕についての記事を書きました。

→ グレイテスト・ショーマン「This Is Me」の字幕が秀逸すぎる

作中に出てくるキャラクターはみんな魅力的ですが、私が個人的に1番感情移入してしまうのは、闇の天才オペラ歌手、ジェニー・リンドです!!

レベッカ・ファガーソン(Rebecca Ferguson)という、スウェーデンの女優さんが演じています。

彼女が歌う「Never Enough」は、とても奥が深い1曲です。

今日は私が思うジェニー・リンドの魅力について書いてみたいと思います!

 

圧巻の「Never Enough」

ジェニー・リンドが歌う「Never Enough」の元の歌詞はこうです。

All the shine of a thousand spotlights
たくさんのスポットライトの光も

All the stars we steal from the night sky
夜空から盗んだ星の光も

Will never be enough
物足りない

Never be enough
どこかむなしいだけ

Towers of gold are still too little
金の塔もまだ小さすぎる

These hands could hold the world but it’ll
この手に世界をつかんでも

Never be enough
満ち足りないの

Never be enough
どこかむなしいだけ

For me
私には

 

ジェニー・リンドは婚外子として生まれ、家族の恥と蔑まれて育ったので、自分の歌でスカラを何度も満員にして喝采を浴びても、それが「Never Enough」だと感じています。

きらびやかな世界に身を置き、上流階級の人からの賞賛を受けてもなお、「本当はここに相応しくない」という思いが消えないのだという台詞があります。

しかし一方で自分の力に自信を持っていて、その結果がこの鬼気迫るような歌です。

 

 

「どやぁ!!」

「どんな光でも足りないわ!」

「もっと!もっと光を浴びせなさいよ!」

という気迫が伝わってくるようです。

 

一度折れたらとことん弱い

ジェニー・リンドは光を求めています。

だから同じような「どやぁ!」を求めるP.T.バーナムに引き寄せられ、一緒に公演を回ることになりました。

バーナムの承認と、感謝と、愛情を求めて、ジェニーは自分の歌を使って世界の喝采を得ようとしたのです。

それをバーナムにもたらせば、感謝と愛情が得られる筈でした。

「頑張るから愛してね!」っていうやつです。

しかしバーナムはジェニーの真意に気付いた瞬間、なんと「あとは1人でやってね!俺帰るわ!」と言って、家族の元に帰ってしまいます。

その結果、ジェニーの歌はこんなに弱弱しくなってしまいました・・・。

 

 

同じ歌詞なのに、この違いです。

「こんな光じゃ全然足りないわ!どやぁ!」

だったはずが、

「どんな光でもだめなのよ・・・どうしたらいいの」

に変わってしまいました。

鬼気迫るほどの外側の強さがありながら、ポキッと折れたらすごーく弱い、鎧の中は弱い子なのです。

これを見事に演じ分けた女優さんがすごい。

 

最後までプライドは失わない

ジェニーのすごいところは、バーナムにきっちり仕返しをするところです。

すがったりせず、弱々しく泣くこともなく、最後まで「バカにすんな!」とばかりにジェニーを蔑ろにしたツケを支払わせました。

自分の名声と引き換えにしてまで。

強いのに弱い。

弱いのに強い。

本当はどっちなんだかサッパリ分かりません。

が、私はジェニー・リンドのそんなアンバランスさと、最後まで頑張ったプライドが大好きです。

幸せになって欲しいなぁ・・・。

 

どのキャラクターも魅力的

というわけで、私が思うジェニー・リンドの魅力を語ってみました。

「頑張るから愛して!」で頑張る

愛が得られなかったらポッキリ折れてしまう

折れてもプライドだけは失わない

この一連の流れに私はかなり共感ができてしまうのですが(笑)、あなたはどうですか??

ちなみにジェニーの次に共感するのはP.T.バーナムで、不十分感から突っ走って闇落ちする気持ちがよく分かります。

でもジェニーを1人で公演に置いてきて、それでもジェニーが歌い続けてくれると信じられる神経は全く理解できません(笑)。

1番謎を感じるのはバーナムの奥さんと、フィリップ・カーライルでしょうか・・・なんであんなにまっすぐに人を愛せるのかが、今の私にはまだちょっとよく分かりません。

 

グレイテスト・ショーマン、歌もストーリーも、あと字幕も最高です!

加えてそれぞれのキャラクターの心情にも思いを馳せながら、2回目を観てみてはいかがでしょうか。

見るたびに新しい発見がありそうです!

 

こちらの記事もどうぞ

→ グレイテスト・ショーマン「This Is Me」の字幕が秀逸すぎる

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

6 件のコメント

  • もっと光を浴びせなさいよ ではなく 物名声いくら手に入れても気持ちは満たされない。。。
    あなたと一緒に歩みたい、愛が欲しいのよ 私は!

    という受け止め方をしました 私は…

    • MTR 様
      その解釈、いいですねぇ…。
      そう捉えてみると、なんだかより一層泣けてしまいます。

  • グレイテスト・ショーマンのネバーイナフは吹き替えと聞いてちょっと残念でした。

    • たかやま 様

      そうなんですよね、私も同じ気持ちです。
      あと、もう少しオペラ調の歌い方でもいいのになーとも思いました。

      コメントありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    外山 周

    TOYAMA, Chika
    10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
    生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
    パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
    ★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!