グレイテスト・ショーマン「This Is Me」の字幕が秀逸すぎる

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です。

グレイテストショーマン、早々に2回目を見てきました!

初回は誘われて期待せず見に行ったのですが、そこでまさかの最初から最後まで泣きっぱなし状態に陥り(笑)、もう1度じっくり楽しもうと今回は1人で行ってきました!

ストーリー、歌、どちらも好きです。

が、何よりも私を魅了したのは、日本語字幕の力強さです!

 

端的で力強い字幕が最高!

私は英語を聞きながら字幕を読むのですが、日本語が綺麗にはまっていると嬉しくなります。

英語はとても力強い言語だと個人的に感じていますが、日本語は間接的で優しいので、直訳するとニュアンスが伝わらなくなってしまうことがあるのですね。

それを端的に、バシッと、日本語のニュアンスを以て訳した字幕が出てくると、もうそれだけで感動します(私は言語オタク)。

グレイテストショーマンの歌は、全体的に光を求める力強い歌が多いです。

そして字幕がもう最高でした!

 

「This Is Me」

1番のお勧め字幕は、何と言っても圧巻の「This Is Me」です!

この歌は、今まで本当の自分を隠して闇の中にいた人が光を浴びて立ち、「これが私だ!」と宣言する歌です。

元々の英語の歌詞が力強いのですが、字幕はこうでした。

 

言葉の刃が傷つけるなら

洪水を起こして溺れさせる

勇気がある、傷もある、ありのままでいく

これが私だ

気を付けろ、私が行く

自分で叩くドラムが伴奏

見られても怖くない、謝る必要もない

これが私だ

 

はああああー!しびれる!

 

しびれるポイント① 勇気がある、傷もある

私的しびれるポイントは、

「勇気がある、傷ある」の「

です。

元々英語だと、

「I am brave, I am bruised」

なのですが、これを直訳で「私は勇敢だ、あざだらけだ」と訳さずに「勇気がある、傷ある」にしたところがアツい!と思います。

なんと力強い日本語でしょうか。

 

しびれるポイント② 気を付けろ、私が行く

それからもう1つのしびれるポイントは、

「気を付けろ、私が行く」

です。

英語は「Look out ’cause here I come」です。

これもまた英語の強さがよく表現された和訳です。

 

「Never Enough」

次に、闇の中を彷徨う天才歌手が歌う「Never Enough」

英語では「Never Enough」というフレーズが繰り返し繰り返し使われていますが、字幕では

「物足りない」

「満ち足りない」

「どこかむなしいだけ」

など数パターンの言葉を駆使していて、これも見事でした。

 

字幕は石田泰子さんという方が付けたそうです。

ここまで字幕に魅了されたのは初めてです。

石田泰子さん、覚えておきます!

 

ストーリーについて(ネタバレあり)

ストーリーは、

子供のころから貧乏で「ゴミのように扱われた」経験のあるP.T.バーナムが、めっちゃ頑張って家族を持ち、めっちゃ頑張って成功し、更なる成功を求めて闇落ちしかけ、一度全部を失い、最後に大切なものを取り戻す

と、普通の映画3個分くらいの山があります。

それが凝縮されているので、ストーリー自体がハイテンポでどんどん進んで行き、おそらく背後でたくさん起こったであろうドロドロした修羅場は全カットされています。

私的には、上述した「Never Enough」を歌う闇の天才歌手、ジェニー・リンドが気になります。

ジェニーは婚外子として生まれ家族の恥と言われ、バーナム同様「ゴミのように扱われた」経験があることから、ステージでライトを浴びて大喝采を受けても、それが「Never Enough」だと感じています。

そんな2人が惹き合って、公演で一緒に組んでツアーをしているのですから、いやいやーもっと色んなドロドロがあったでしょーと思います(笑)。

 

途中でジェニーは、

「私もコマの1つだったのね!」

「人を大事にしないなら、破産も仕方ない」

と言って公演を降り、バーナムに仕返しして全てを失わせましたが、同時に自分の名声も失いました。

その後幸せになったのかなぁ…。

バーナムも、きっとジェニーを蔑ろにしたつもりは(本人的には)全くないのでしょうね。

ただ「ゴミのように扱われた」という過去を引きずるあまり、名声を手にしたいと強く思い過ぎたせいでジェニーを傷つけ、結果奥さんと家族を傷つけ、自分も全てを失ってしまいました。

 

光の中で「This Is Me!」と叫ぼう

劇中、「光」や「闇」というワードが何度も出てきます。

きっとこれがポイントなのだと思います。

ゴミのように扱われたという過去や、負けるもんかと思ってめっちゃ頑張ってきた過去、その時の気持ちに捕らわれたままでは、どこかで道を踏み外してしまうのかもしれませんね。

一度それを断ち切って区切りをつけ、光の中で堂々と「This Is Me!」と叫ぶこと。

それを求める人が、今増えているのかもしれません。

そんな人たちどうし一緒にいることが「family」なのだと、劇中でも言われています。

 

「This Is Me!」と叫ぶって決めたら、もうあなたも私もfamilyです(笑)。

We will come back home! (劇中歌「From Now On」より)

 

グレイテスト・ショーマン、めっちゃ良かったです。

ぜひ映画館で見てみてください。

私もあと3回くらいは見に行くつもりです(笑)。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




8 件のコメント

  • 先ほど映画を観終わったものです。
    翻訳の石田泰子さんの名前と一緒にで検索したところこちらのブログにたどり着きました。

    そうなんですよね!!
    私も石田泰子さんの翻訳に魅了されました。

    「気を付けろ、私が行く」

    こうとしか訳せなかった気にさせるほど、
    役の気持ちと一致していて、心が揺さぶられました。

    Never Enoughについても本当に同感で、
    このブログは私の心を代弁してくれている!!と感動しコメントしてしまいました!

    • コメントありがとうございます!

      「こうとしか訳せなかった」に同感です!
      本当に、それほど映画の雰囲気や役柄にバシッとはまった字幕でしたね。
      私も映画館で、歌やダンスと同じくらい字幕に感動してしまいました!

      この記事は「あんまりいっぱい書いてもなぁ」と思いながら、2つの台詞だけに絞って書きました(笑)。
      石田泰子さんの字幕はすごいですね。
      他の作品も見てみたくなります。

      コメントをもらえて本当に嬉しかったです!
      ありがとうございました^^

  • こんにちは。(恥ずかしながら、中学英語止まりのものです。)

    先日映画を観てからずっと、Never Enoughの「物足りない」というフレーズが頭から離れず、和訳の歌詞が見たい!と思って検索するも、Never Enoughは「満足できない」や「満たされない」というように和訳されているものが多く、
    『Never Enough 物足りない』と検索したところ、こちらのブログにたどり着きました!
    私的にこのシーンは満足できないという言い方よりも物足りないの方がしっくり合って、切なさが増し、より歌詞に共感ができる気がします。
    この記事を読んで、やっぱりこの和訳は素晴らしいんだ!と嬉しく思いコメントしてしまいました。

    私もあと3回くらい観にいきます(笑)
    また、ブログみにきます。

    • こんにちは。コメントありがとうございます!

      そうですよね、私もそう思います!
      Never Enoughは直訳すると「決して充分ではない」ですが、感情的には「全然足りないよー!」ってことだと勝手に思っていまして。
      それが「物足りない」や「むなしいだけ」になっていたところに、すごーく感動してしまったんです(笑)。
      同じように思ってくれた方がいて嬉しいです!

      Never Enoughの歌、切ないですよね。私も共感しながら聞いています。
      あと3回くらいやっぱり観たいですよね!私もまだまだ劇場で観たいです^^

      コメント嬉しかったです!ありがとうございました!またぜひ来てくださいね^^

  • こんにちは。
    石田さんの字幕、とても良かったです。涙、涙でした…
    1つだけハッとさせられた字幕があって、
    「Rewrite the Stars」のとき、
    “That you’re my destiny ?”と歌っていたのですが、
    どうしてもなんと訳されていたか思い出せなくて、、、気になって眠れません、、、

    • “That you’re my destiny ?” は ”君こそぼくの女神” とかそんな感じだったと思います。
      Starを運命、Destinyを女神。とても面白い言葉遊びだと思いました。

      • お知らせしてくださってありがとうございます!
        Rewrite the starの部分ですね!

    • こんにちは!コメントありがとうございます!
      本当に石田さんの字幕はとても良かったですね。私も字幕の熱さに毎回泣いています。

      そんな字幕があったのですね・・・!
      私も思い出せないので、次行った時に見てきます!
      あと2回くらいは見るつもりです(笑)

      見てきたらレポートしますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    外山 周

    TOYAMA, Chika
    長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
    口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
    将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
    神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

    ★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!