生きづらい原因は0歳まで遡れる!言葉に出来ない辛さは0歳のトラウマ

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です。

「自分らしい」ってどんなことなのか、

何がしたくて、何が自分のミッションなのか、

そんなことを意識しながら生きている最近です。

 

あなたは「やりたい」と思うことを、躊躇なくやれていますか?

私は日々悩みながら、躊躇しまくりながら、なんとか細々とやりたいことを続けています(笑)。

やりたい方向に全力を注げない理由は、小さい頃から積み重ねてきた思考の癖や思い込み(ビリーフ)等だということが、ここ1年でやっと分かってきました。

心理面を自己探求すると、そのあまりの深さに驚きます。

思考の癖やビリーフは、出元を探ろうとするとどんどん年齢を遡ることになります。

私は小さい頃の記憶が殆どありません。

どんなセッションでもインナーチャイルドを見れないことにも、少し引っかかりを感じていました。

何か覚えていないくらい小さい頃に、ラスボスとなる地雷が埋まっているんだろうなぁ・・・と、漠然と感じていました。

 

今日は、そのラスボスのしっぽが見えた(掴んではいない)という話を書きたいと思います。

なんと私の場合、0歳にまで遡る必要があるようです・・・。

 

「今」の感情から「過去」へ

私は21歳の時に初めてうつ病になった当時から、既に無力感がありました。

「何もできない」

「どこにも行けない」

「誰か助けて」

言葉にするとこんな感じでしょうか。

この頃のカウンセリングは、「感情を言葉にする」が主なワークでした。

「私はねむい」

「私は怒っている」

「悲しい」

こういうレベルの感情に気付き、言葉に出すことから練習を始めたのです。

これがまためっちゃ辛かったのですが、それから何年もの時間をかけて、やっと感情と言葉が少しは直結するようになりました。

「今ここ」の感情を少し言葉にできるようになってからは、少しずつ過去へ遡って、子供の頃感じていた筈の感情を取り戻すフェーズに入りました。

子供の頃の記憶を引っ張りだし、気持ちを感じ直し、再解釈するのです。

 

それでも「無力感」が消えなかった

この感情のワークを地道に続けるのと併せて、子供の頃したくても出来なかったことを1つずつやってきました。

ポケモンを見まくるとか

ケーキを好きなだけ食べるとか

お洒落をして遊びにいくとか

自分の力で出来ることが増えるたびに「取り戻す」感覚があったけれど、何かつっかえてる感じというか、詰まっている感じは消えませんでした。

相変わらず子供の頃の記憶もないままでした。

「何もできない」

「どこにも行けない」

「誰か助けて」

これに加えて、言葉にできないモヤモヤが常にありました。

感情を癒しても癒しても、掘っても掘っても、ぜーんぜん無力感が消えなかったのです。

 

言葉にできない「モヤモヤ」の正体

最近受けた心の師匠のセッションで、この無力感と「モヤモヤ」の正体をやっと掴みました。

初めてインナーチャイルドを見ることができました。

1歳半か2歳くらいの私が祖父母の家の玄関で泣いていて、母を待っているイメージが浮かんできました。

その玄関から1歩も動けない。

ドアノブに手も届かない。

「お母さん!」って声を上げることもできない。

そんなイメージの中、私は声を出して安心を求めることは諦めたんだということを、やっと感覚で知りました。

そしてドアノブに手が届くようになるために、「まだまだだ」「全然足りない」と自分を急き立ててきたんだということ、

でもどんなに頑張っても、私は玄関から動けなかったんだということも、同時に感覚にストンと落ちてきました。

今までめっちゃ頑張ってきたことや、それと同時に「動けない」をずっと感じていたことの理由が分かりました。

 

更に奥に0歳の自分がいる

ここで終われば良かったのですが、続きがあります(笑)。

セッションも終盤に差し掛かった時に、0歳の自分についての質問が飛んできました。

「誰が3時間置きに授乳をしてくれたのか」

「誰が生まれてすぐのあなたを抱いてくれたのか」

この質問を受けた瞬間、全身に一瞬で鳥肌が立つような感覚があって、「気持ち悪い!」と思ってしまったのです・・・。

生まれて間もない無力な自分が、その無力な状態で実母の腕に抱かれていたと考えるだけで、もう駄目です。

気持ち悪すぎて吐きそうorz

全力で身体が拒否反応を起こすのが分かります・・・。

それで私の今の生きづらさの大元は、2歳の玄関から動けなかった私を更に飛び越えて、0歳の頃にもあるんだろうということが、これまた感覚でよく分かりました。

 

グラウンディングが弱い理由

自分がふわふわし過ぎていてグラウンディングが弱いことに、ここ1年くらいずっと悩んでいました。

ちょっとスピスピした表現になってしまいますが、

・頭に気が集中し過ぎている

・お腹に気が降りてきてくれない

・気がめぐらない / 枯れている感じ

という感覚がずっとあって、その結果やりたい事があっても身体がめっちゃ重くなり、「う、動けん・・・」となってしまうのです。

この感覚もまた0歳に何か埋まっているとすれば、納得です。

今までで1番納得している。

 

そうは言っても、どうすりゃいいの?

言葉にしづらいモヤモヤや感覚すべて、0歳の自分に端を発していると思うと、ものすごい不思議な腹落ち感があります。

「すべてこれが原因かー!」という感じです。

そりゃ0歳児は言葉を話せないのだから、そこからずっと続いてきた感覚だと思えば、言葉にできないのも無理はないなと思います。

で、問題は、

もうこれ以上どうしろっての?

ってことです(笑)。

 

話せるようになった後の記憶なら言葉で発掘できるでしょうが、0歳なんて神の領域だと思うんですが・・・そんな頃のトラウマなんて、どうやって発掘すんの?

方法は何かしらあるのだと思いますが・・・

率直に言って、怖いですね(笑)。

 

21才から今まで、カウンセリングは螺旋階段のように続いてきました。

1つ地雷をやっとの思いで撤去すると、すぐに次の地雷が現れてきりがない。

それでも、だんだんと時間を遡るように、1つずつやってきました。

思えば去年の今頃は、小さい頃に見れなかったポケモンをずーっと見てました。

やっと2歳に大手をかけたと思ったら、今度は0歳が現れた(笑)。

果たしていつまで続くのやら。

 

2歳の次が0歳

0歳の次が胎児

胎児の次は前世

 

・・・って、ずっと続いていくんじゃないの??

と思うと、ちょっと笑えてくる最近です(笑)。

前世まで遡れば、逆に力が湧いてきそうだ。

 

力を発揮する未来へ

21歳から今まで、カウンセリングやセッションを受けて、何度も何度も

「もうやだ」

「やめる」

「これ以上どうしろっての?」

と思ってきました(笑)。

だって怖いし、辛いから。

生きづらいけど、生き慣れた場所にいた方が楽だから。

でも引き返したくても、もう引き返せないのです。

今は細々とやりたいことをやっているけれど、いつかブレーキが全部取り払われて、アクセル全開で高速をぶっ飛ばしたいと思う。

そして誰かを元気にして

人と国の役に立って

そんな風に使命を果たしていく未来がきたらいいなと、今は思います。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!