ピノキオ:容赦ないトラウマシーンの数々

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

ディズニーのピノキオを見てみましたー。

1940年:アメリカ公開
1952年:日本公開

実に77年前の作品です。80年近くも前にこのクオリティーの作品が世に出ていたなんて。

最近、身内に「あんた小さいころピノキオのビデオを見まくってたよ」と教えてもらい、興味が出てDVDをレンタルしてきました。

とても素晴らしい作品ですが、細かい暴力的な描写に時代を感じます。

 

容赦ないトラウマ描写!

①ストロンボリ

悪徳人形一座の座長、ストロボリ。

英語版で聞くと怖さが引き立ち、日本語版より狂気を感じます。

まず英語に強い訛りがあって(何となく南の方の訛りかな?)、その強い訛りの英語の合間に、怒ると自然と別の言語でまくし立てるのです。

我を失ってる感じがよく表れてます。

全体的に人形一座のシーンは怖いです。怖いというより不気味。

 

②お馴染み:ロバのシーン

悪い子供たちが「夢の島」に連れて行かれ、そこで好き勝手過ごすことを許されます。

この無法地帯のようなシーンが、既に不気味なんですが…さらに「働かないやつはロバ(jackass)になっちまうのさ!」という悪党の台詞。

「ママ!」と叫びながら子供がロバに変わって行く様子、その後の狂気の大暴れは、大人が見ても気持ちのいいもんじゃありません。

子供ならトラウマもんなのでは??

 

③お馴染み:クジラのシーン

ピノキオを探していたゼベットじいさんは、ついには旅に出て大クジラ(ちなみに名前はモンストロ)に飲み込まれてしまいます。

クジラのお腹の中で辛くも生き延びていたゼベットじいさんですが、助けにきたピノキオと火を焚いて、くしゃみをさせてなんとか外に逃れることに成功します。

クジラに追いかけられるシーンも迫力満点ですが、トラウマはその後。

ピノキオはゼベットじいさんをかばって、岩にたたきつけられてしまったのです。

 

作品に表れる残酷さと優しさ

現代の作品とは違って、ピノキオは全体的に容赦がないです。映像も怖いし、心理的にも怖い。ロバになった子供たちの救済措置もなし。

悪党ストロンボリも、「夢の島」の悪人おじさんも、特に裁かれずに作品は終わります。

でも、周りの大人たちには厳しくも優しい愛情があるように見えました。

・ロバになりかけたピノキオを、何も聞かずに抱きしめたゼベットじいさん。

・厳しいことを言うけれど、いつでも見守り適切な助けを出す女神様。

・「勝手にしろ」と言いながら、最後までピノキオを見捨てなかった良心、ジミニ―クリケット。

分かりやすい悪が存在する一方で、きちんと愛情を持てる大人がたくさんいたのかなーと80年前の世界を思いました。

 

余談:小さい頃の記憶ってすごい

冒頭に書いたように、私は小さい頃、ピノキオのビデオを何度も何度も見ていたそうです。

自分の記憶にはまったく残ってません(笑)

こんなトラウマだらけの作品を、小さい頃から見ていたなんてびっくりです!

次の映像や台詞が頭にパッと浮かぶことが何度もあって、しかもその度に合ってたので驚きました。

ストーリーも細かいところまで一瞬で思い出す事ができて、小さい頃の記憶ってすごいんだなーと思いました。

 

余談2:今は存在しない日本語吹き替え

英語版で見てた時に、ふっと日本語の台詞や声が浮かんだ部分がありました。

が、実際日本語版を見てみると「ん…?なんか声が違う」と感じる部分が多くて。

調べてみたら、日本語吹き替え版は少なくとも3種類存在しているようです。

・今DVDに収録されているもの

・昔のビデオに収録されていたもの

・その他の吹き替えDVD

この3種類のうち、今DVDに収録されているのは1983年に公開されたものです。

ジミニ―役は肝付兼太さん(旧ドラえもんのスネ夫役の人)です。

まったく馴染めないので、私が見ていたのは別のバージョンだと思いますが…今は入手不可能なようで、残念です。

歌は同じでした(たぶん)。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ!

https://colorflow.jp/pinocchio-2/

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!