44. 犠牲(The Sacrifice)ミスティカルシャーマンオラクルカード

お知らせ

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

私がメール鑑定する時に愛用しているデッキ「ミスティカルシャーマンオラクルカード」を紹介します!

64枚から成るこのデッキは、1つのストーリーとして繋がっています。

この1〜64までの一連の流れをRPG風勇者の旅路に例えながら、カードの背景と、実際のリーディングではどんな時に出るカードなのかについて、1枚ずつ紹介していきます!

今日は「44. 犠牲」です!

  

 犠牲

   

ストーリー

精霊との交信を終えた勇者は、見たことをそのまま長老に話しました。長老は目に涙を浮かべました。子供の頃、精霊に祈りを捧げる祭りがあったことを思い出したのです。

長老は村人に昔の話を聞かせました。
祭りを復活させようと提案すると、
村人は皆喜んで賛成しました。

問題はどうやって復活させるかです。

長老が記憶を辿り、「精霊に犠牲を捧げるというのをやっていたと思う」というと、村人たちが「生け贄を捧げるのか?」と物騒なことを言い出し、若い娘が「村のためなら私が」と言い出しました。

「そういう感じではなかったと思う」
「もっと楽しい感じだったはずなのだ」
と長老は言いました。

村人達は「楽しい犠牲」の意味がわからず、途方にくれました。

勇者はさっき見た村の光景を思い出して、「ただあなたたち1人1人が、喜びとともに表現できることを捧げてはどうですか?」と助言しました。

そして祭壇作りから祭りが始まりました。

力を合わせて祭壇を作り、
料理が得意な人は料理を作り、
ある少女は楽しんで土人形を作り、
またある人は歌を捧げ、
ある人は踊りを捧げたのでした。

みんな楽しくて心の底から笑いました。

「わしが子供の頃、確かにこんな空気が満ちていました」と言って、長老は勇者にお礼を言ったのでした。

   

カードの意味と背景

「犠牲」という言葉は、しばしばネガティブな意味で使われています。「自己犠牲」という言葉はその最たるもので、痛みや傷を伴うイメージが強いですよね。

この「犠牲」のカードは、そういった痛みを伴う現代社会の「犠牲」のイメージをちょっと手放して見てみると良いです。

・感謝を捧げる
・祈りを捧げる
・想いを捧げる
・歌や踊りを捧げる

「自分の大切なエネルギーの一部を捧げる」ということが本来の「犠牲」であって、そこには痛みや傷を伴うことはなく、むしろ喜びや笑顔を伴うものなのですね。

ちなみにこのカードは、23番の「無償のギフト」とちょっと似ています。

無償のギフト

無償のギフトは「ギフト」なので、自分がこの肉体に預かって生まれてきた才能をはっきり自覚し、惜しみなく&見返りを求めず使おうぜ!というニュアンスがあります。

今回の「犠牲」はそこから更に視座を上げ、肉体レベルで預かったギフトではなく、喜びとともにエネルギーの一部を捧げることを促されます。

犠牲

カードを見比べてみても、「犠牲」の方が落ち着いているというか、お姉さんっぽい雰囲気を感じないでしょうか✨

また2つのカードに共通して言えるのは、
「見返りを求めない」ということです。

楽しんで自分のエネルギーを捧げる(=犠牲を捧げる)時は、見返りを求めていないかどうか、よく自分を観察しましょう。良い結果を期待したり、相手から望んだ言動を引き出そうとして行う「犠牲」は、簡単にエネルギーを歪ませてしまいます。

   

このカードを引くのはこんな時

このカードはもう圧倒的に逆位置で出やすいカードです。正位置で出ることは本当に滅多にありません。

「犠牲」が逆位置で出る時は、ずばり「痛みを伴う犠牲をしてるよ!」「自分の命を削ってるよ!」ということを警告されています。

・ブラック企業から抜け出せない
・やりたいことが見えなくなっている
・毒になる人間関係から離れられない
・恋人に尽くしすぎている
・自分を見失っている
・すんごい傷ついてるのに気づいていない

みたいな時に、この「犠牲」の逆位置が飛び出してきます。

・・・私たちは今までの時代の社会で生き抜いてきて、「社会人たるもの」とか「感情は表に出すな」とか、「他人や組織のために自分を差し置いて尽くす」ということに慣れ過ぎてしまっています。

本当の「犠牲」とは命を削るものではなく、
むしろ命のエネルギーを分かち合うものです。

見返りを求めるのはやめましょう。

本来の「犠牲」に転じられた時にどんな世界に行けるのか、楽しみに過ごしてくださいね。

人のために命を削るほどの犠牲を厭わなかったということは、それだけ命が豊かで大きいということでもあるのですから✨

   

次回:45. 預言者

最初から読む:1. いにしえ人

ご依頼はこちら:外山周のリーディング

The following two tabs change content below.

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!