27. 狩人

お知らせ

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

私がメール鑑定する時に愛用しているデッキ「ミスティカルシャーマンオラクルカード」を紹介します!

64枚から成るこのデッキは、1つのストーリーとして繋がっています。

この1〜64までの一連の流れをRPG風勇者の旅路に例えながら、カードの背景と、実際のリーディングではどんな時に出るカードなのかについて、1枚ずつ紹介していきます!

今日は「27. 狩人」です! 

   

狩人

    

ストーリー

ハチドリの助言通り斜面を滑り落ちた勇者は、山の中腹あたりまで一気に降りてきました。そして森の中で、今度は弓矢を持った狩人を見つけたのでした。

「あのー、麓に降りる道はどっちですか」
と勇者は声をかけてみました。

・・・狩人は勇者を一瞥すると、

「つまらんことを聞くな」

と低い声で言いました。

「行くべき方などすぐに分かる。
よく地面を見て、空気に耳を澄ませばな。

分かれば身体を動かすだけだ。
それができない者など知らん。」

そう言うと、狩人は移動して行ってしまいました。・・・不思議と勇者の目には、狩人の隣に大きな影がいて守護しているように見えました。

勇者はしばらく目をこすった後、狩人が行った通り土に目を凝らし、風の音をよーく聞いてみました。だんだんと感覚が研ぎ澄まされて、今まで何度も目に見えないものと繋がってきたことを思い出しました。

今まで目に見えないものと繋がる時は、いつも特別な場所に行ったり、祈りや踊りを捧げていました。

でもそんな特別なことは本来必要なくて、いつも隣り合わせに存在していて、共に道を選び、現実を作っていくのかもしれない・・・と勇者は思ったのでした。

    

カードの意味と背景

ネイティブアメリカンの狩人は、決して必要以上の狩りはしなかったと言われています。

部族を生かすのに必要な分だけの命をいただき、
精霊に許しを請い、
祈りを捧げ、
血の一滴から骨にいたるまで、
余すところなく大切にいただいたのだそうです。

必要ない分まで獲ることはないし、無駄に捨てることもありません。結果に執着して獲れるまで粘るようなこともありません。一頭獲れば十分な時もあるし、獲れない時には手ぶらで帰るのです。

全ては自然の調和の中、
聖霊の導きのもと生かされている。

それを知っていたネイティブアメリカンは、狩猟で獲物を追う際、その動物と一体化をすることができたとも言われます。

例えば足跡1つから、その足跡を残したのはどんな動物で、いつ、何の目的でそこを通り、どこへ向かったのか、その目に映った景色や感覚はどんなだったのかを読むことができた、というのですね。

・・・私たちが人生で必要な狩りをする時も、1つのサインを見逃さず、感覚全てを以ってそれを「読む」ことができれば、他人に惑わされずに自分の道を進んでいくことができるでしょう。

    

このカードを引くのはこんな時

この「狩人」のカードは本当に不思議で、「現実的にどっしり地に足をつけてていい感じですよ」というメッセージの時もあれば、「直感を信じて」「感覚に委ねて」「五感を研ぎ澄ませてみて」と告げている時もあります。

逆位置で出る時には「求め過ぎ」「執着してない?」と警告されています。

いずれにせよ思考に偏り過ぎていたり、
社会的な成功に凝り固まっていたり、
自分の感覚やワクワクを信じられなかったり、

そんな時に出やすいカードです。

狩人は高潔で孤高の存在であり、
自分の意思を信じていて、
その意思も目に見えないものの導きであって、
調和の中で生きていると知っています。

その上での狩り、その上での現実創造なのですね。

直感と意思を信じ、目に見えないものと調和し、その上で現実を創り出したなら、それを無駄なく余すことなく享受し、感謝をする。

その生き方に近く準備ができた時、
またはその生き方から著しく離れた時に、
このカードが出てくるのだ、とも言えそうです。

   

次回:28. ジャガー

最初から読む:1. いにしえ人

ご依頼はこちら:外山周のリーディング

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!
外山 周

最新記事 by 外山 周 (全て見る)

セッションのご案内

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!