38. 神秘のシャーマン

お知らせ

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

私がメール鑑定する時に愛用しているデッキ「ミスティカルシャーマンオラクルカード」を紹介します!

64枚から成るこのデッキは、1つのストーリーとして繋がっています。

この1〜64までの一連の流れをRPG風勇者の旅路に例えながら、カードの背景と、実際のリーディングではどんな時に出るカードなのかについて、1枚ずつ紹介していきます!

今日は「38. 神秘のシャーマン」です! 

    

神秘のシャーマン

    

ストーリー

月のエネルギーを知った勇者は、新月の夜には静かな場所で一人になって魔力を練り、満月の夜に人のために魔法を使う、というサイクルを整えつつありました。

ある満月の晩に立ち寄った村で、村人たちは勇者を一目見てすぐに「勇者様!」と勇者を呼びました。勇者ももちろん「勇者様」として振る舞い、病人のために魔法を使ったりしたのでした。

・・・夜もすっかり更けた頃、月の光の中に佇む人に出会いました。年齢不詳、性別不詳のその人は、空気に同化するように、でもはっきりとした存在感を放っていました。

「本当のお前は誰なのかね?」

その人は短くそう問いかけてきました。

そう問われた勇者は、村人に一目見られた瞬間、名乗る前に「勇者様」と呼ばれたことを思い出しました。自分がいつの間にかすっかり「勇者様」として振る舞うようになっていた、と気付いたのです。

「過去のエピソードなど忘れてしまえ。
もっと多くの次元へと感覚を開くが良い。
私たちは多くの時、多くの場所に、

同時に存在できるのだから」

そう謎めいた言葉を残し、その人は消えてしまいました。

・・・今までの中で、勇者様として振る舞うことで人を助け、人に受け入れられ、魔力を上げてきたことを思い出しました。

その過去の旅路と勇者としての役割を忘れ、本当の自分を受け入れることを考えた時、勇者は朧げながら「多くの次元」を理解しました。

霊的に自由である限り、
過去も未来も現在も、
あの人もこの人も自分自身も、
宇宙も地上も地下世界も、
全て悠久に1つなのです。

   

カードの意味と背景

このカードはすごーく絶妙な1枚です。地上で肉体を保ったまま、地上の重力に捉われず、あらゆる次元にオープンにアクセスする必要性を示したカードです。

シャーマンは根っからの自由人です。

物質や肉体に執着がなく、
地上の役割を演じる自分をしっかり放棄し、
「何者でもないただの自分」であり続けます。

・・・地上で生きる私たちは、無意識のうちにあらゆる「役割」を背負って生きています。それは地上だからこそできる経験でもあって、私たちにとってはその「役割」が愛しいものだったりもするわけです。

しかし私たちのは、
本来「役割」に収まるようには出来ていません。

役割のない自分、
何者でもないただの自分、
まっさらな「魂」としての自分が、
役割の仮面の内側、一番奥に、常に存在しています。

このカードが出る時、「何者でもない自分」に戻ること、そして周りの人たちが「何者でもないその人」でいることを認めるようにと促されます。

常識に捉われないようにしましょう。
地上のルールに縛られ過ぎないように。
過去の努力や達成に執着するのはやめて、
あらゆる行動や考えにオープンになりましょう。

それが出来るようになった時、過去・現在・未来の境が曖昧になり、宇宙・地上・地下世界の視点を自在に行ったり来たりできるようになります。

その状態で肉体を保ち、本来の自分らしさを発揮して地上に現実を創り出すことこそが、この地上における創造なのです。

    

このカードを引くのはこんな時

そんなに頻繁に出るカードではありませんが、出る時はやはり逆位置でよく出て来ます。

このカードが逆位置で出る時は、役割や固定概念や社会的な常識など、地上のルールに縛られ過ぎていることを警告されています。

それは何も悪いことではなくて、

「結婚して子供がいる生活が幸せ」
「学生は勉強に部活に努力するのが本分」
「それなりの会社に勤めていれば人生安心」

などなど、今までの社会では当たり前とされるようなことで、確かに今まではそれが幸せと定義されていたことです。それを追い求めること自体は普通のことで、良いも悪いもありません。

ただ「こうすれば幸せになれるはず!」と強く思い過ぎてしまうのはちょっと危険です。本当は魂的には、結婚も勉強も会社勤めも、どれも幸せと感じられない自分なのかもしれません。

それに気づかず「幸せになれるはず!」を追い求めると、自分の直感や感性を抑圧してしまい、「幸せなのになんか苦しい!」という思いに悩むことになってしまいます。

非常識にオープンになりましょう。
役割を脱いで生きれる時代がやってきます。
地上に縛られず、宇宙の視座を意識しましょう。

このカードを引く人は、「本当は地上のルールに収まりきらない自分がある人」です。全開にフルオープに生きても良いのですよ☺️

    

次回:39. フクロウ

最初から読む:1. いにしえ人

ご依頼はこちら:外山周のリーディング

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!