8. 円環

お知らせ

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

私がメール鑑定する時に愛用しているデッキ「ミスティカルシャーマンオラクルカード」を紹介します!

64枚から成るこのデッキは、1つのストーリーとして繋がっています。

この1〜64までの一連の流れをRPG風勇者の旅路に例えながら、カードの背景と、実際のリーディングではどんな時に出るカードなのかについて、1枚ずつ紹介していきます!

今日は「8. 円環」です!

  

円環

   

ストーリー

走り出した子どもを追いかけて、勇者は川辺につきました。

そこには何人か他の子どもたちがいました。

勇者たちと違う肌の色をしていて、
勇者の知らない言葉を話していました。

勇者はつい身構えましたが、一緒に走ってきた子どもは普通に「おーい!僕も入れてー!」と言って、あっという間に違う民族の子どもたちの中に入って行きました。川で一緒に遊ぶ様子があまりに自然で、もしかして言葉が通じているのだろうか?と思ったほどでした。

帰り道、勇者が子どもに「あの子達が喋ってた言葉を知ってたの?」と聞いてみると、その子は「ううん、知らないよ?」と答えました。まるで当たり前のように、「それがどうした?」とでも言いたそうに。

言葉を知らなくてもみんな友だちで、
川は今日も流れていて、
植物が生えていて、
石があって、
空が青くて。

この広い世界で、見た目が違ってもみんな繋がっていて、決して一人ではないことを、子どもはみんな知っているようです。

  

カードの意味と背景

カードの中には円が描かれていて、その円上に4色の手形があります。白、黒、赤、青の手形です。人種を超えて、言語を超えて、思想を超えて、本来私たちは円上に繋がっています。

人間だけでなく、動物も植物も、土も石も、海も川も、大地も天も、先祖も子孫も、宇宙全てが繋がっていて、円を描いて輪を作っているのです。

私たちは決して分離された1人ではなく、
大いなるご縁の一部として、
肉体を授かり、
この世に生まれてきます。

肉体があるからこそ分離を経験し、その上で輪の一員であることを思い出していける。それを思い出す経験をするために、この地球上に生まれてきます。

ご縁を大切にしましょう。
人との関係も、
人以外との関係も。
希望を持って最後まで生きましょう。

私たちはみな、円を共にする仲間。

自分らしい生き方は、縁を通して送られてきます。

  

このカードを引くのはこんな時

実はこのカード、私のリーディングではまだ一度も出てきたことがないのです。

きっとこのカードが出てくるのは、表面的な言葉で言えば「周りを信じてOK」「自分を信じてOK」というような、大きな流れ、大きな波に乗っている時でしょう。

しかし「周りと自分を信じる」とは案外深いもので、究極にはそこに依存理想化を生むことなく、対等であることが大切です。

子どもが人種や言語が違ってもあっという間に友達になってしまうように、純粋なエネルギーで対等な関係を築ける自分に戻れた時、「今までの枠を超えたご縁が待ってますよ」という意味で、このカードが現れることでしょう。

私たちはつい他人と比べたがり、
上下関係を作りたがります。
そういう社会が長く続いてきたんですね。

今はなかなか難しくても、いつかこのカードがバンバン出てくる未来がくることを、実は楽しみにしています😌

   

次回:9. 完結

最初から読む:1. いにしえ人

ご依頼はこちら:外山周のリーディング

The following two tabs change content below.

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!