軍歴証明書届きました!祖父の軌跡を見ながら思うこと

外山周 個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

 

★英語の健康診断

★オンラインセッション

★英語の継続カウンセリングコース

 

外山周です。

祖父の【軍歴証明書】が手元に届きましたー!

殆どが手書きで、所々文字がつぶれて読めない箇所があります。

証明書というよりは兵籍簿と部隊行動略歴等の資料の写しですが、とてもリアルさを感じています。

 

祖父の軌跡を追う

所々つぶれた手書きの文字を、一生懸命読んでいます。

軍歴について、今思ったことを書いてみます。

 

①謎

祖父の軍歴は、なんだか謎が多いです…。まだまだ私が知識不足のようです。

・下士官の最高位である「伍長」になって、軍の学校を2つも修了しているのに階級は変わらないこと

・「原隊を留守隊に在りてXXX事変に関する任務に従事」「営外居住を命ず」「本部付けに免ず」などの記述があること

うーん謎だらけ。

「XXX事変に関する任務」っていう記述と、単純に「XXX事変勤務」っていう記述の両方があります。

「XXX事変に関する任務」っていう書き方をつい深読みしたくなる…。

まだまだ知識が足りません。

 

②入退院

終戦直前の昭和19年、記録によると祖父は入退院を繰り返しています。

それも怪我ではなく、「急性ナントカ~」「胸部疾患」などの病名での入退院です。

私の覚えている祖父は、すごく健康で元気な人でした。

もしかして、私が自律神経失調症を長く患っているように、祖父も戦うことが嫌だったのかな…?とふと思いました。

 

③終戦後の記録

敗戦の年、昭和20年の記録も残っていました。

・8/25 本部付から原隊に復帰

・9/2 停戦協定、XXX付近の警備に当たる

・11/21 内地帰還

この3行の間に、ものすごい情報が詰まっています。

教科書では「8/15終戦」と習うけれど、停戦協定が結ばれたのは9/2で、その後も原隊で警備にあたっているのです。

終戦後の大陸で、どんな気持ちで警備をしていたんだろうと思うともう泣けて泣けて…。

もう国が降伏しているのに、どうしてすぐに武装解除して帰国しなかったんだろう?

これを今考えることこそが、今後の日本のためになるって思いました。

 

軍人の軌跡を世に出したい

実際に当時書かれた、手書きの公式記録。

見ているだけで胸に迫るものがあります。

当時の軍人さんたちは、いったいどんな気持ちで任務に当たっていたんでしょうか。

戦争のことを語るとなると、市民が悲惨な目に遭った話が多く取り上げられ、軍人は現実離れした存在や悪役として書かれているものも多いです。

悲惨な経験を語り継ぐことは、それももちろん戦争を繰り返さないために大事だと思います。

でもそれはそれとして、軍人として生きた人たちの経験と怒りに光を当てていくことも、これからの日本のために大事なのではないかと感じました。

それは戦争を賛美しいているわけではなくて、軍人として戦地を体験した人の感情や無念さが、どうしても今の日本に影響しているとしか思えないからです。

私は、日本を真に平和な国にしたい。

祖父の孫としてミッションを引き継いでいこうと、軍歴証明書を読みながら思っています。

 

※戦争が今に及ぼしている影響については、こちらの記事でも書きました。

「怒りの国」となった日本、戦争後遺症3世の自分

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!