日本人が虫の鳴き声を聞ける理由!脳反応の違い

お知らせ

女性の恋愛に特化したセッションをリリースしました!占い感覚で話したい方へ。

相愛リーディング

カウンセリングのモニター募集中です!ぜひご協力ください。

カウンセリングモニター募集

プロフィールが新しくなりました!

外山周プロフィール

【その他】英語トレーニングと心理セッションを組み合わせたサポート準備中!

昨日、日本語が美しいと感じるには「アンテナ」があると書きました。

→ 日本語の「音」と「文」でニュアンスが変わる理由!

日本人の彼が「アンテナは生まれつき」と言っていましたが、実はこの「アンテナ」の正体、興味深い実験によって明らかにされています。

 

言語を聞いた時は、左脳(言語脳)がはたらく

人間の脳には、左脳と右脳があります。

それぞれ異なる機能をもっていて、

 

・左脳:言語、論理

・右脳:イメージ、直感、五感

 

を司っています。

つまり、言語ベースで情報を処理するには左脳が、音楽などを聞いて感動するときは右脳が、それぞれ働いているわけです。

これは人種、母国語に関わらず、全ての人間に共通です。

 

コオロギの鳴き声を聞いた時の脳反応

コオロギの鳴き声を例にとります。

コオロギの鳴き声は、当然人間の言語ではありません。

そのため脳で雑音として処理され、右脳が優位に働くと予想ができます。

 

しかし、ある実験によれば、日本人の脳だけが違う脳反応を示すそうです。

コオロギの鳴き声を聞かせると、

 

・西洋人の脳は右脳優位に働く

・日本人の脳だけは左脳(言語脳)が優位に働く

 

という、顕著な違いが見られるのだそうです。

つまり、西洋人はコオロギの鳴き声を「雑音」として処理しています。

西洋人だけでなく、韓国、中国、インドの言語を母国語とする人たちも、みな一様に西洋型の反応を示します。

一方で日本人だけが、コオロギの声と人間の言語が同等であるかのうように、まるで意味のあるメッセージのように受け取っているのです。

 

まとめ

西洋型の反応:コオロギの鳴き声を雑音として処理する

日本型の反応:コオロギの鳴き声を言語脳で処理し、メッセージ性を見いだす

 

日本人だけがコオロギの声を言語脳で処理する理由

なぜこのように、虫の鳴き声に対する脳反応が分かれてしまうのでしょうか。

この理由については、下記のような人の脳反応がヒントをくれます。

 

①日本人の両親を持ち、アメリカで育った日系2世

②韓国人の両親を持ち、日本で育った在日2世

 

このように両親と異なる国で育ち、違う言語を母国語とした人達に対して、コオロギの鳴き声を聞かせるとどうなるでしょうか。

・・・。

この場合の脳反応は、こうなります。

 

①日系2世 → 西洋型

②在日2世 → 日本型

 

つまり、子供の頃の「母国語」の習得が、脳の形成に影響を与えると推論されます。

いくら両親が日本人でも、アメリカで育ち、英語を母国語として育つと、コオロギの鳴き声は雑音です。

反対に外国人の両親をもっていても、日本で育ち、日本語が母国語であれば、コオロギの鳴き声を聞いた時にメッセージ性を見いだすようになるということです。

 

「アンテナ」の正体は、この脳反応!

この実験からも分かるように、日本語を母国語とする人は、右脳が働くべき時に左脳(言語脳)が働いていると言えます。

雑音を聞いてメッセージ性を見いだす脳反応。

これが備わっていると、言語を聞いた時にはより一層メッセージ性を見いだすことができるのだと思います。

1つの単語、1つの文章に、言語以上の想いをのせる。

そしてそれをキャッチすることができるのは、この独特の脳反応があるためです。

 

…昨日、私の彼は言いました。

「日本語を美しいと感じるアンテナは、生まれつきだ」

「だからない人にアンテナを作るのは無理だ」

と。

→ 日本語の「音」と「文」でニュアンスが変わる理由!

 

ですがアンテナの正体は、この日本人独特の脳反応です。

だから生まれつきじゃなく、後天的に培ったものと言えるわけです。

日本語を母国語として育ったことによって、この脳反応になったのですから。

 

・・・つづく。

 

参考文献

・日本人の脳 角田忠信著

・日本語は神である 昌原容成著

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

女性の恋愛に特化したセッションをリリースしました!占い感覚で話したい方へ。

相愛リーディング

カウンセリングのモニター募集中です!ぜひご協力ください。

カウンセリングモニター募集

プロフィールが新しくなりました!

外山周プロフィール

【その他】英語トレーニングと心理セッションを組み合わせたサポート準備中!

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!