「未来は、えらべる!」読了!怖れを手放すことが未来への鍵

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

 

本田健さんの「未来は、えらべる!」を読みました!

前回読んだのは、2017年の5月です。

「ほー!なるほどー!」

「めっちゃよく分かったー!」

と思ったような記憶がありますが(笑)、今改めて読んでみると、

「さ…さっぱり分からん…」

と感じ、本を持ちながら唸ってしまいました。

今回は自分にも分かる言葉に置き換えながらガッツリ読んだので、残しておきたいと思います!

 

欲しい現実は自分が決める!

この本で一貫して書かれていることは、タイトルの通り「自分の欲しい現実、欲しい未来は、自分で選べる」ということです。

人は誰でも欲しい現実があるでしょう。

「お金の心配がない世界に生きたい」とか、「信頼できる家族と愛し合って生きたい」とか、「学問で大成したい」とか…。

そんな欲しい現実は、私たちが「そうなる」と決めるだけで手に入ります。

椅子から立ち上がる時に勇気がいらないように、理想の現実を手に入れることに対しても「そうなる」と知っていれば、勇気は要りません

にも関わらず多くの人が「願いが叶わない」と感じ、もがいています。

何故でしょうか。

 

理由① ネガティブな観念

人間にはネガティブな思い込みがあります。

「現実が変えられるわけがない」とか、「私なんてどうせダメだ」とか、心理学でいうところのビリーフがそれです。

このビリーフはとても複雑で、あらゆるものが絡み合って出来ています。

そして「動くと怖いことが起きるよー」と言って、怖れを以て人を縛っておきたいシステムです。

 

理由② 「怖れ」と「分離感」

人間関係でも、お金のことでも、健康問題でも、人間が経験する問題の根っこは「怖れ」です。

人は、本来の自分(潜在意識でやりたいことや、ワクワクすること)と繋がっている時には「怖れ」や「不安」は感じません。

本当のやりたいことを無視し続けてそれが普通になり、本来の自分との間に「分離感」が生じると、他人との間にも分離を感じます。

ビリーフも本当の自分との繋がりを遮ってきます。

それが続くと「怖れ」が肥大化し、今いる場所にがんじがらめになってしまいます。

 

人は本当は強い!

このように怖れとビリーフがあって、人は今いる場所に留まってしまいがちです。

でも、「人は本当は強い」とも書かれています。

ビリーフは気付いて光を当てさえすれば、もう怖くない。

自分との繋がりを取り戻しさえすれば、「怖れ」も手放せる。

そうなれば、あとは自分の欲しい未来まで一直線です。

 

自分の未来は「波動」が決める

本当の自分との繋がりを取り戻せば、欲しい未来へ行ける。

今後はそれぞれの人が持つ「波動」によって、未来は細分化していきます。

・欠乏とコントロールの波動

・豊かで平和な波動

大きく分けると2つですが、これ以外にも無数にあって、波動がある程度に通っている人どうしでないと、同じ世界にいれないそうです。

つまり、「パラレル・リアリティー」になっていきます。

今はまだ別の波動とも行き来ができるけれど、近い将来別の波動の人とは出会えなくなり、一緒に存在できなくなるのです。

だから今のうちに、行きたい未来を選びましょう。

・情熱を持てることをする未来

・ポジティブな未来

・愛あふれる豊かな未来

そんな未来へ行くと決め、怖れを手放していくことが、今の時代にできる「準備」です。

 

 

感想:どんなことでもポジティブな面を探す

自分の波動が、行く世界を決める。

それは人の波動によって細分化して、「パラレル・リアリティー」になる。

・・・本当にその通りですね。

今はネットの発達で、見たいニュースだけを見て、繋がりたい人とだけ繋がれることが日常になっています。

本の中でバシャールは、

「戦争をしたい人は戦争のある世界へ、したくない人は戦争のない世界へ行き、それは交錯しない」

と書いています。

私は日本がとても好きなので、国レベルではどうなるんだろう?と考えました。

日本を真に平和な国にしたいし、文化や言語を後世に伝えていきたいって思うけれど、一方でそれを好まない人がいるのも事実。

それが2つの世界となって「パラレル・リアリティー」として存在するというのは、いったいどういうことなんだろう??

・・・ここだけが、まだちょっと腑に落ちていませんが、おそらく1つの文化や国に心酔しすぎることは、執着=怖れの波動なのかもしれませんね。

 

それにしても昨年読んだ時に比べると、かなり理解度が進んだ気がします(笑)!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!