何歳になっても自分らしく生きるってどんなこと?

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

 

外山周です。

最近、いつも「自分らしく生きていきたいなぁ」と思っています。

でも「自分らしく」ってどういうことなのか、前よりよく分かっているようで、今もあまり分かっていません。

今日はそのヒントをもらった、私の高校時代からのホストママの話をしようと思います。

 

LAに住んでるホストママです。

年齢は50才くらい、日系アメリカ人3世です。

いくつになっても子どもみたいな笑顔がかわいい人です。

昨年夏に8年ぶりに会った時に色んな話をして、「自分らしく生きるってこういうことかなぁ」と思いました。

 

ママ
それで、日本の両親やお姉さんとは仲良くしてるの?
ちか
いや、あんまり…(笑)。
ママ
あなたがちょっと変わってるから?
ちか
んー、まぁね。ちょっと忍耐強すぎるというか、彼らは色んなこと我慢して、お互いを責め合ってるんだけど、どうもそれを楽しんでるんじゃないか?って気がするんだよね。楽しいならいいけど、私は一緒に楽しむことはできないから。
ママ
そうなんだね。コツは自分らしくいることだよ。彼らの関係性を外から見て、絶対にそれに引き込まれないように、きちんと自分で立つんだよ。自分の場所に立って、自分の仲間を見つけること。
ちか
なるほど。やってみる。
ママ
あなたなら大丈夫でしょ。日本人っぽくないから大変かもしれないけど(笑)。
ちか
なにそれ(笑)。

 

「日本人らしくない」

「ちょっと変わっている」

すごくいい意味で、私を元気づけようとして言ってくれたんだと感じました。

家族の一員として生きて、義理を果たさなくてもいい。

自分の足で立って、自分の生きたいように生きていい。

昔からそう言ってくれていたのに、私がそれを心底理解できるようになったのは最近です。

 

そんなママの服装も、私を元気づけてくれました。

一緒にユニバーサルスタジオに行った時のママたちです。

赤の服、ノースリーブ、短パン。

髪もミッキーみたいにまとめてました。

「わー!その髪と服、めっちゃいいね!私好き!」

って言ったら、

「フフフ!いいでしょ!」

って楽しそうに笑って、どこまでもお茶目なママ。

このことがあってから、私も堂々とピカチュウの靴下を履くようになりました(笑)。

 

靴や時計や化粧、それに服。

思えば会社を辞めるまで、周囲からどう見られるかにものすごく気を配っていたように思います。

ナメられない格好で、姿勢を正して、強そうな喋り方で…って、自分を強く見せるのに必死でした。

それはそれで今までの私を助けてくれたけれど、そこからはもう卒業です。

 

「自分らしい」ってどういうことなのか、私にはまだよく分かりません。

でもママはいつもお茶目で楽しそうなので、基準は「ニコニコ過ごせるかどうか」でいいんだなと思います。

私もママみたいに、ニコニコサバサバした人になれたらいいなー。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!