アメリカに来たら飲みたい飲み物3選!

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

 

外山周です。

去年の夏に、8年ぶりにアメリカに行ってきました!

海外に行ったら、せっかくなので日本にはない飲み物をたくさん飲みたいですよね!

実際にアメリカに住んでいた頃はむしろ「日本のペットボトルのお茶が飲みたい…」などと思っていましたが、今ではアメリカならではの飲み物がやっぱり好きです。

久々に行ったら「やっぱこれだよねー」と思った飲み物3つを紹介します!

 

アメリカっぽさを感じる飲み物3選

1.甘いお茶!

その辺のスーパーで売ってる「tea」です。

これはホストママのお勧めのティーで、和菓子までつけてくれました(笑)。

よく見ると「Half Tea & Half Lemonade」と書いてあり、お茶とレモネードを混ぜた飲み物だということが分かります。

なんで混ぜるのか??

・・・とつい思ってしまいますが、こういう味の濃い、甘いお茶はアメリカならでは。

学生時代に「Japanese Tea」を買って、それが甘くてずっこけたのを思い出しました。

 

2.Spiced Apple Cider

続いてこれ、「アップルサイダー」

大学の頃よく飲んでいたのを思い出して、スーパーで買いました。

箱の中は、小分けにされた粉末の小袋です。

このアップルサイダーの粉末に、お湯を注いで飲みます。

味は、温めたアップルサイダー+スパイス(シナモン?)の味。

改めて飲んでみた感想は、「甘い」「舌が忙しい感じ」です(笑)。

このいろんな味がするってところが、アメリカの飲み物の好きなところです。

 

ちなみに、そういえばアメリカのスタバには「キャラメルアップルサイダー」というメニューがありました(今もあるのかな?)。

この温めたアップルサイダーに、さらにキャラメルソースを加えた飲み物です。

ネイティブの友人に勧められて以来、冬になるとよく飲んでいました。

次回は冬にアメリカに行って、またスタバで飲んでみたいなーと思っています。

 

3.スタバ

続いてスタバ!

アメリカのスタバに行くと、名前をコップに書いてもらえます。

味は基本的に変わらないと思いますが、日本でもよく飲むコーヒーフラペチーノを頼んだら、「あれ?なんか薄い…?」と感じました。

学生の頃スタバに行くと、店員さんが気だるそうにスローに働いているのが心地よくて、それがとても好きでした。

日本に帰国してから1番驚いたことの1つは、スタバの店員さんがキビキビと統制の取れた働き方をしていたことです。

(今は「ミッション」という本を読んで以来、スターバックスジャパンのファンです。)

日本のスタバもいいけど、アメリカの雰囲気もまた好きです。

 

実際は水が最強

その他、例えば「ダイエットチェリーコーク」などの各種ソーダも、とてもアメリカっぽくて好きです。

でも実際は、食べるものは殆ど日本より味付けが濃いので、結局はをたくさん飲むことになります。

特に旅行に行く時はたくさん動いて喉が渇くので、身体のためにはやっぱり水が最強ですね。

こまめに買って、持ち歩きました。

久々の海外旅行だったけど、将来はこまめに行ったり来たりしたいです。

 

アメリカならではの飲み物、旅行の時はぜひ試してみてください!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!