日系アメリカ人と強制収容の歴史、歴史は嘘をつかない

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

日系アメリカ人(Japanese American)という言葉を、知っているだろうか。

 

日本人の先祖を持ち、今はアメリカの市民権を持っている人たちを「Japanese American」と呼ぶ。

数にして、人口のおよそ0.4%。

その多くは、1900年代初頭にアメリカに渡った日本人の子孫である。

移民一世は農工業に従事して経済に少なからず貢献したのに、一方で「帰化不能外国人」とされて市民権を得られず、迫害された。

戦争の激化した1942年、アメリカ生まれの日系二世達はアメリカの市民権を持っていたにも関わらず、一世とともに強制収容所での生活を強いられた。

強制収容所のキャンプは周りを有刺鉄線で囲われていて、銃を持った兵士が常に見張っていた。

砂漠の真ん中のそのキャンプで、文化と言葉を奪い、親世代と子供世代を分けて「教育」を施すことで、日系人の「アメリカ人化」を進めた。

二世達はアメリカを母国と呼び、アメリカに忠誠を持って「アメリカ人」として従軍し、親の祖国である日本と戦わなくてはならなかった。

 

・・・。

こんな歴史が、実際にアメリカにある。

LAには「全米日系人博物館」があって、当時の写真や収容所の模型を見ることができる。

実際の収容所の粗末な小屋も、当時のキャンプからそのまま持ってきて、復元されて展示されている。

この粗末な小屋の狭いスペースに、1家族ずつ押し込められて寝ていた。

昼は暑く、夜は寒い砂漠の気候で、風が吹けば砂ぼこりが舞うような気候だったそうだ。

もちろん小屋の中にも砂がたくさん入る。

「日本人を先祖に持つから」という理由だけで収容し、こんな環境に入れていたのだ。

 

この小屋は本物をそのまま移してきているけど、その前は後年になって綺麗に作り直された小屋が展示されていたらしい。

実際にキャンプに収容されていたホストママの叔母さんが、

「これなら普通に住めるじゃん」

「実際よりすごくいいじゃん」

と言っていたと教えてもらった。

それでもママの目には住みづらい小屋に見えたそうだから、実際の小屋の復元は、日系人の悲願だったのかもしれない。

アメリカは1988年、国として公式に非を認め、日系アメリカ人に賠償金を支払った。

1980年代に、二世達が司法で証言した映像も博物館で見ることができる。

現代では三世~五世がメインの世代で、今なお日本の名字を名乗り、日本名のミドルネームを持って暮らしている人が多いらしい。

アメリカの市民権を持ち、日本語を話せなくても、場合によっては自分たちを「Japanese」と言う。

 

日系アメリカ人について考えるたびに、「歴史は嘘をつかない」と思う。

どこの国でも、たとえ今日では捨て置かれているような出来事だったとしても、背景には必ず人の想いがある。

歴史を紐解けば、当時を生きた人たちの想いを知れる。

それは無意味なことに思えるかもしれないけれど、先人の想いというのは、絶対に今の時代にも影響を及ぼしているはずだ。

日系アメリカ人だって、もし一世が迫害されずにアメリカに受け入れられていたら、今ごろ別の歴史があったかもしれない。

 

今の日本は、ずいぶん生きづらい世になってしまった。

若い世代が多くの心の問題を抱えたり、自殺が増えたり、決して真に平和な国ではないと思う。

以前の歴史が今に与えている影響を考えることは、それを少しでも変える突破口になるはずだ。

そしてより良い今を作っていくことが、やはり数十年後の未来にも影響を与える。

私は、日本を本当に平和な国にしたい。

そのために、戦争と今との繋がりを考えて、発信していきたいと思っている。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!