ホストパパ、「移民」というデリケートな話を語る

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

7月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

アメリカ雑記を更新します!

今日はパパと話した「移民」のお話です。

 

移民=immigrant の定義

まず、英語の「immigrant(移民)」が持つ定義を紹介します。辞書によるとこう書いてあります。

immigrant:a person who comes to a country where they were not born in order to settle there

和訳:定住するために、生まれた国とは違う国に移り住んだ人

広義では、例えば正規の手続きを踏んで永住権を取得したり、帰化したりした人達も「移民」ということになります。

アメリカではいわゆる「不法滞在移民」をさして、immigrant(移民)という言葉を使う事も多いようです。

 

移民はアメリカの経済を支えている

ホストファミリーが住むカリフォルニア州は、不法滞在移民がとても多い州です。

Wikipediaによると、その数はなんと人口の7%(2009年調べ)と推計されているそうです。

この「移民」達は、普通のアメリカ人がやりたがらない重労働に就き、低賃金で長時間働きます。

例えばカリフォルニアで盛んな農業は、この移民の働きがなければ成り立たないと言われています。

もし彼らがいなくなれば、生産が追い付かずに収穫量が著しく減って価格が跳ね上がります。

もしアメリカ人を代わりに雇って変わらない生産量を確保したとしても、賃金が上がる分やはり価格の上昇は避けられません。

カリフォルニアの農業だけではなく、全国的に「経済大国アメリカ」の安価な大量消費の支えとして、実は不法滞在移民が大きな役割を担っています。

 

パパは「経済」、私は「文化」で移民を語る

パパ
移民については色んなことが言われているんだけど、僕は経済が成り立っていて食べ物の値段が安いのは彼らのおかげだから、別にアメリカにいてくれていいと思っているんだ。
パパ
それに彼らがいても、僕の生活には何の支障もないしね。
パパ
彼らは誰でもできる仕事をしていて、仕事をするのに書類や審査はいらないけど、僕の仕事は何種類もの書類と、大学の卒業資格と、社会保障と、指紋の提出と…とにかくあらゆる手続きがいるんだ。だから仕事を取られて、僕が生きられなくなる心配はない。
パパ
でも農業とか、移民がやる仕事と重なる業種に就いているアメリカ人たちは、違う感想を持つかもしれないね。
ちか
なるほどー。
ちか
ちなみに文化についての心配はないの?
パパ
えっ?文化って?
ちか
つまり、大量の移民の定住でアメリカの文化が失われたり、変わっていったりしたら悲しくないの?
パパ
あぁ、まぁアメリカは歴史200年の若い国だし、変化が大きいからね。文化のことは考えなかったな。いろんな文化が合わさって、よりパワフルになってきた国だから。日本とは反対だね。

 

 

この会話で気付いたことは、パパは「経済」をベースに移民を語り、私は「文化」をベースに移民を語っているということでした。

 

アメリカと日本は正反対の国

アメリカは色んな国の文化や思想をミックスし、よりパワフルなものを築いてきた国です。

多くの民族が集まって、国をより強くしてきたのです。

反対に日本は、単一民族だった江戸時代~大正時代に既に文化的な豊かさを実現し、いわゆる「ガラパゴス」になることによって、独自の文化を繋いできました。

アメリカの歴史が始まった200年前は、日本では江戸時代の末期です。

世界で最も古い国と、最も新しい国。

パパが言うように、あらゆる点でこの2国は正反対なんだなと思います。

移民について経済的、文化的な点から色々思うことはありますが、日本人は日本人の視点を持っていかなくてはいけないと感じます。

例えばパパは「色んな文化を混ぜればパワフルになる」と言っていますが、日本の文化的、歴史的背景を考慮せずその言葉だけを抜き取れば、日本の独自文化は薄くなっていってしまうかもしれません。

人の言うことを考えるときは、自分の背景をしっかりと見つめなくてはいけないということを、この会話を通して学んだのでした。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

7月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

5月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!