「もののけ姫」より:英語の吹き替えから思う日本文化①

久しぶりに、英語について書いてみようと思います!

たまに忘れそうになるけど、私の本業って英語トレーナーなんですよねー。

こっちは近々、夏頃には告知が出来るかと思います!


さて。

この神道の記事で、もののけ姫の「タタリ神」が英語だと「demon」だ、ということを少し書きました。

他にも比べてみたら楽しそうなので、今日は英語と日本語、両方の台詞比べを書いてみたいと思います。

 

登場人物の確認

今日は、この人の台詞を比べます!

日本語:じいじ
English: Ji-san

たぶん村の重鎮の1人であるおじいちゃん。アシタカに「タタリ神に手を出すな」とアドバイスをします。

何で英訳が「Ji-san」になったのか謎なんだけど、多分「Old man」じゃ失礼だからかな?と勝手に思っています。

あと、アシタカは王子様なので、英語の文化では年上の人であっても名前を呼び捨てするだろうということで、あえて名前っぽくしたのかな?とか。

意外に英語圏の人は、このおじいちゃんが「Jusan」とか「Josan」っていうファーストネームだと思っているかもしれません。

 

台詞比べ1:タタリ神登場!

日本語

じいじ:タタリ神だ!

じいじ:アシタカ!タタリ神に手を出すな!呪いをもらうぞ!

英語の台詞

Ji-san: It’s some kind of demon!

Ji-san: Prince Ashitaka! Wait! Be careful! That thing is cursed! Don’t let it touch you!

 

英語の台詞の日本語訳

ありゃ一種の悪魔だ!

アシタカ王子!待ってください!お気をつけて!あいつは呪われています!あいつに触られないようにしてください!

 

タタリ神=demon

上の台詞比べ、どうでしたか。

神道では神様も怒るし、怒った荒ぶる神様でも神様は神様。人間は丁重にお祀りします。

が、英語では demon となります。demon を祀るなんて、とんでもない話です。尊敬も何もありません。

そのためじいじの英訳は、タタリ神を that thing 呼ばわりしていて、代名詞も it です。

元々動物を神様とする概念もないし、この辺りは説明がなければ意味不明だろうなと思います。

 

感想

なんで「手を出すな!呪いをもらうぞ!」が、「Be careful! That thing is cursed! Don’t let it touch you!」になるのか。

こういう言語構造の違いを考えてると、楽しくってたまりません(笑)。

まず日本語には主語がなくて、誰が誰に手を出すのか、誰から誰に呪いがわたるのかが、非常にぼんやーりしているのです。

あと「手を出す」って具体的にどういうことなのかが分からず、これも抽象的です。

英語にしようとすると、「殺そうとするな」「矢を射るな」「干渉するな」「進路を妨げようとするな」などなど、あらゆる具体的な方法が浮かんできてしまいます。

なので、「あいつに触られないように!」が英訳になるわけです。

 

はー楽しい。結局好きなのは、英語じゃなく日本語の方みたいです(笑)。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

「英語の健康診断」個人セッション、随時募集中!




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!