言語vs文化 気になるのはどっち!?

いつも英語を学ぶには「楽しいのが一番」「英語を習得するのに完璧なメソッドなんてない」と書いています。

これは単純に、「楽しくないと続かないから。」という理由もありますが、他にもいくつか理由があります。

今日はそのうちの1つについて。

言語より文化が気になる場合もある。

大学の頃、韓国人の友人がいました。

その友人は日本語を勉強していて、参考書を見せてもらった事があります。

超入門編のそのテキストには、教科書にありがちの日本語会話が載っていました。

うろ覚えですが、こんな感じです。

 

キム:もしもし。山田先生のお宅でしょうか。

山田:そうですが、どちら様ですか。

キム:プサン大学のキムです。山田先生はいらっしゃいますか。

山田:今出かけています。

キム:分かりました。またかけ直します。

 

ここまではいいんですが、その後の友達の質問がとっても印象的だったのです。

「この山田って人は、山田先生の奥さんなのかな?」

この質問が飛んできたんです。

日本語の使い方ではなく、この質問だったんです。

 

言語のことなんて気にしてない。

「この山田って人は、山田先生の奥さんなのかな?」

どうしてこの質問をしてきたのかよーく聞いてみると、会話の流れそのものに疑問があるって事が分かりました。

つまり、

「電話に出た人が山田先生の奥さんやご家族なら、どうして挨拶しないのか?」

ということが気になっていたみたいでした。

韓国では、先生の家に電話をかけて奥さんが出たら、自らどんな人物なのかを詳しく名乗り、「お世話になっておりますー」と愛想よく話すのが普通なのだそうです。

「あなたは奥さんですか?」と聞いてしまうのもアリなんだとか。

むしろそうした方がいいんだそうです。

日本人の感覚だと、ちょっと想像がつかないですよね。

ただ1つ言えるのは、日本に来たことのないその友人は、日本語の細かい点なんて気にしてないということです。

むしろ教科書に現れる文化や習慣の違いの方に、気を取られているんですね。

 

それでも「友達」にはなれる

文化が違い、言語が違っても、私とその子は友達でした。

こうやって文化が違うねーと笑い合えたからです。

もし私と友人が、

「いやいや奥さんと世間話とかありえない!バカじゃないの」

「えっ!?むしろ世間話しない方が失礼じゃん!あんたこそおかしいんじゃないの」

なんて会話を繰り広げていたら…

もしかするとそこからもっと過激な話題に発展して、友情も壊れていたかもしれません。

 

相手の国、文化は否定しない。

これが、母国の違う友達を作るコツじゃないかなーと思います。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

「英語の健康診断」個人セッション、随時募集中!




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!