62. 野生の女(Wild Woman)ミスティカルシャーマンオラクルカード

お知らせ

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

私がメール鑑定する時に愛用しているデッキ「ミスティカルシャーマンオラクルカード」を紹介します!

64枚から成るこのデッキは、1つのストーリーとして繋がっています。

この1〜64までの一連の流れをRPG風勇者の旅路に例えながら、カードの背景と、実際のリーディングではどんな時に出るカードなのかについて、1枚ずつ紹介していきます!

今日は「62. 野生の女」です!

    

野生の女

    

ストーリー

勇者は気が済むまで海に浸かった後、やっと海から上がってきました。とても清々しい気分でした。

いつもなら魔法で服を乾かすところですが、なんとなく魔法を使う気分ではありませんでした。

濡れた服のままその辺をウロウロと歩いていると、壊れた船を見つけました。帆布の一部も船と一緒に打ち捨てられています。

とりあえず服を脱いで日当たりに置くと、
なんとなくその帆布を体に巻きつけてみました。

なんだかとても楽しくなってきて、さらにロープで布を固定してみたり、その辺の植物をとって髪に挿したり、腕や首に巻いたりしてみました。

「うーんワイルド!」
「めっちゃいいなー!」

とかなりルンルンヒャッハーな気分です。

・・・勇者はこれまで、「勇者様」「旅人さん」「雨乞い師様」と色んな肩書きで呼ばれてきたことを思い出しました。

今ここにいる勇者は、そのどれでもないのです。

古い帆を纏っちゃう人。
植物を頭や腕に巻いちゃう人。
それをめっちゃ楽しんじゃう人。

そんな「ただの人」がそこにいました。

魔力があるとか、肉体があるとか、天命とか、
そんなことすらもはや関係ありません。

ただ今この瞬間に、全身全霊で「ただの自分」を表現しているだけなのです。

    

カードの意味と背景

英語で「Wild Woman」と書かれている通り、文字通り「ワイルドな女!」のカードです。絵の中の女性も、自然の中で全身で自分を表現していますよね。

この絵のように、「もっと自由に自分自身を表現しよう!」と促されています。

「野生の男」ではなく「野生の女」であることも大切なポイントです。

野生に生きるって結構大変なことで、
気温も天気も風も刻々と変化していきます。

変化を支配しようとせず、変化に抵抗せず、「まーなるようになるっしょ!」と気楽に構えて楽しんでいく力こそ、この「野生の女」が体現しているものです。

・・・昔から大きな災害で家が流された時、絶望してしまうのは男の方で、「命がありゃいいさ!」と笑えるのは女の方である、と世界の各地で言われていますよね。

野生と女性は本来とても相性が良いのでしょう。

「もっと自由に生きよう」
「自分らしくのびのびと生きよう」
「社会の常識から出て本能のままに生きよう」
「枠から飛び出して輝こう!」

みたいな、管理された環境から飛び出して、より本質に近い自然の中で生きる力を取り戻そう!というニュアンスのある一枚です。

    

このカードを引くのはこんな時

「もっとワイルドに生きてもいーじゃん!」「もっと自由に自分を表現しよーぜ!」と促されている時に出てくる一枚であり、つまり「枠から抜け出そうともがいている真っ最中」に飛び出るカードとも言えます。

正位置:うーん楽しい♡ワイルドっていーなー♡
逆位置:もっと!もっと私を見てよ!

みたいなニュアンスの違いを捉えると良いでしょう。

正位置で出る時は「もー枠から飛び出してワイルドに楽しんじゃう時がきちゃうね!もーいいじゃんそれで!」みたいな感じです。「もう出し惜しみすんなよ♡」と言われているわけです。

逆位置はそこに「他人の目線」が入り込むことを警告している、と捉えましょう。

自分らしく輝くことをただ純粋に楽しめれば良いのですが、例えば「そうすればきっとあの人が認めてくれる」「きっとみんなが私を見てくれる」みたいなエネルギーが入り込むと、後々「なんか違う」「まだ足りない」という違和感や欠乏感を抱くことになりかねません。

逆位置で出てくる時は、「私は何を期待しているのだろうか?」という視点で自分と向き合ってみると良いですね。

・・・「ワイルドにありのままの自分で輝こう!」というとすごく素敵な響きですが、実際そうしてみた時にどうなるかは、残念ながら確約されていないのです。良い結果ばかりが予想されるわけではありません。

周囲から叩かれるかもしれないし、
大きな環境の変化が起きるかもしれません。

ですがこのカードを引く人は、そんな可能性も全て含めて引き受けて、全身全霊で自分と向き合い、その光を堂々と外に放つべき人です。

枠を飛び出してバーン!といきましょう。
それを繰り返すうち、覚悟がどんどん固まっていくでしょう。

   

次回:63. 風

最初から読む:1. いにしえ人

ご依頼はこちら:外山周のリーディング

The following two tabs change content below.

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

外山周のメインメニューはこちら!
【メール鑑定】カードリーディング

【zoom】未来視セッション

*得意なリーディング内容
・エンパス / HSPの人生相談
・転職など人生の転機についての相談
・人に言えない関係や執着を含む恋の悩み

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!