「言霊の幸ふ国」日本、言葉のエネルギーを味方につけるには

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です。

今日は、私の秘密をバラします!

実は私は、超絶ネガティブで疲れやすくて、すぐぐったりする人間なんです!

・・・。

・・・ ・・・。

はい。多くの方に知られていることで、秘密でもなんでもないですね(笑)。

そんな私が「ことば」を使う時に、気をつけていることを書いてみたいと思います。

 

「心」に気をつけて、慎重にポジティブに変える

私がことば(特にネガティブなパワーを持つ言葉)を使う時に注意していることは、

① 心と言葉に乖離がないようにする

② それでいて良い言葉に変換する

の2点です。

 

例えば先日、すっごく嫌な気分になる出来事がありました。

めっちゃムカつく、もうぐったり、なんだよもー!

色んな気持ちが渦巻きました。

この気持ちを抑えて「今日も良い日だったわ。ウフフ」とか言うと自分がしんどい(心と言葉に乖離がある状態)です。

でも、

「そう言えばこんな気分は珍しいなー」

「最近いいことしか起きないからなー」

「まぁいいかー」

に変換することができれば、そこでネガティブはおしまい(良い言葉に変換完了)です。

 

ネガティブなパワーを持つ言葉を使いたくなった時は、かならず心との乖離がないように、慎重に変換しています。

最初は大変でしたが、最近ようやくコツが掴めてきました。

まぁ、未だに「うわーん!もうダメだー!」と炸裂させることもありますが(笑)、頻度は本当にすごく減りました。

 

心と言葉に乖離があると、ことばが攻撃力を持つ

なぜ「心」に慎重になるかと言えば、言葉と心に乖離があると、その言葉がすごい攻撃力を持つと思うようになったからです。

例えば相手に「あなたってすごいわね」と言いたい時に、

・本当に尊敬して「すごいね」と言う時

・本当は軽蔑しているのに「すごいよねwww」と言う時

「すごいねwww」は絶対に相手に伝わって、「なんだこいつ!嫌な感じ~」と思われます。

表面だけの「すごいねwww」が、相手に対しての攻撃力を持つからです。

 

さらに、自分に対して攻撃する場合もあります。

例えば「ありがとう」と言う時に、

・本当に相手に感謝して「ありがとう」と言う時

・ムカつきながら歯を食いしばって「ありがとう」と言う時

この時言葉が持つエネルギーは、それぞれどんな作用をもたらすのでしょうか。

ムカつきながら無理に言えば、自分の胃がキリキリしてしまうかもしれません。

本来良い言葉である「ありがとう」が、自分に対しての攻撃になるのです。

相手に直接言うかどうかは別として、「ムカつくわー!」と1度言ってしまえばスッキリします(心との乖離がない状態)。

 

日本は「言霊の幸ふ国」

日本には「言霊」という言葉があります。

言葉には霊力(魂)が宿る、という考え方です。

悪い言葉は悪い波動をもって相手を傷つけ、良い言葉は良い波動をもって相手を癒すということです。

 

日本は古来、「言霊の幸ふ国」と言われていました。

「幸ふ(さきわう)」とは、「豊かに栄える」という意味です。

 

これは、ともすれば「とりあえず言葉だけ取り繕えばいい」という意味に捉えられがちですが、本質はもっと深いのではないかと思っています。

言葉だけ取り繕っても、「幸ふ」ことはできないからです。

古代の日本は、今より「心をそのままことばにする」ことがずっと簡単だったのかもしれません。

もしくは今よりずっと「気」を大事に生きていて、言葉の果たす役割が単なる意思伝達だけではなかったのかも…。

 

言語に「言霊」ということばになって残っているということは、確かに何かの概念があったということです。

ことばを味方につけていた昔の人たちのように、私もいいエネルギーのことばを操れるようになりたいなぁ…なんて思っています。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!