英語の発音をゆるくストイックに鍛えよう!「発音ブートキャンプ」予告!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です!

私は言語が大好きです。

英語と日本語の音の違いとか、

それによってどう言語の発達が変わるのかとか、

日本人の口周りの筋肉がどうとか、

そんなことを語らせたら小一時間は喋り続けます(笑)。

 

その一方で、持ち前の「ゆるさ」を発揮することもあり、

「まぁとは言っても発音が全てじゃないから」

「発音が悪くても通じるわ」

とすぐに言ってしまって、「矛盾してるやんけ・・・」という事態に陥ることもしょっちゅうです(笑)。

 

が、しかし!

今日は敢えて言います!

ゆるく長く英語を楽しむためには、たまには論理が大事なのだと!

発音の論理を無理なく学ぶと、いいことがたくさんあります。

ゆるくキツく鍛えるんです。

 

今日は「発音コース作って~」から生まれた新しいコース、発音ブートキャンプの告知に先立ち、改めてゆるくキツい発音の醍醐味を語ってみようと思います!

 

英語が分からない理由

あなたは英語を聞いていて、

「何言ってるか全然分かんねー」

「なんかゴニョゴニョって聞こえる」

と思ったことはありませんか?

それでいて実際に目で英文を読むと、

「なんだ、目で見たらめっちゃ簡単じゃん!」

と思ったことは?

・・・。

実は私も17才で初めてホームステイに行った時、ホストパパが言った「ロツォブ」の意味が分からなくて大混乱したことがあります。

中1で習う「a lot of」が、ネイティブのホストパパによって「ロツォブ」と発音された時、私にはさっぱり意味が分からなかったのです。

なぜこんなことが起きるのかと言うと、

それは、日本人は英語の「音」を学んだ経験がないからです。

 

英語と日本語の「音」は全く違う!

まず1つ大前提として覚えておいた方が良いことは、英語と日本語の音は根本的に違うんだ!ということです。

子音単独音がある

母音(あいうえお、ん)の種類が多い

音声変化がある(Let it go = レリゴー、とか)

イントネーションがある

音節、リズムがある

ざっくり挙げて、この5つの点で違いがあります。

これだけ違いがあるにも関わらず、今までの日本の教育では、「音」の論理を余りに蔑ろにしてきました。

人間の脳は、母国語にない音は雑音として認識していると言われています。

ということは、「音」の論理を学ぶ機会がなかった私たち日本人にとって、英語とはすなわち雑音なのです。

だから分かる訳がないのです。

分かる方がすごいのですね。

 

発音は「英語を理解する」ために学ぶ!

あなたは、なぜ英語の発音を学びますか?

「発音がいい方がカッコいい!」からでしょうか??

それも大事な要素ではありますが、実は発音を含め、音の論理を学ぶ理由は別にあります。

実は、英語を理解できるようにするために発音を学ぶのです。

母国語にない音は雑音として脳が認識していますが、発音を練習することによって、だんだんと脳が英語を「言語」として認識するようになります。

そうなれば、「あ、英語分かる」まであと一歩です!

 

ねらい目は「子音」と「音声変化」

さて、上にも書いた通り、英語の音は日本語と根本的に違います。

子音

母音(あいうえお、ん)の種類が多い

音声変化(Let it go = レリゴー、とか)

イントネーション

音節、リズム

この5つのポイントのうち、英語を理解できるようにするために狙うのは①と③、子音と音声変化です。

ルールが比較的明確で習得しやすく、分かるようになれば英語の理解力に結びつきやすいためです。

ちなみに「通じる英語」を話したい場合には、①と⑤にフォーカスをします。

発音の論理を学ぶ時は、その理由をしっかり覚えておきましょう!

 

「分からなくても仕方ない」のススメ

発音はやればやるほど、次々と課題が出てきます。

計画通りに習得していくことはまず不可能で、例えば「/s/ の音が出来るようになったから次は /ʃ/ だ」のように、1つずつ課題を突破していくことは出来ません。

/s/が出来る日もあれば、出来ない日もある。

/ʃ/と/s/の区別がいつまでたっても付かないかもしれない。

でもそれでいいんです。

何故なら、こんなにも違う言語なのだから。

口周りの筋肉の付き方から、息の使い方まで違うんです。

だから出来なくて仕方がない。

発音はやればやるほど、いい意味でこの事実を突きつけてきてくれます。

ある意味自分の英語に許可が出せます。

「こんなに違うんだから、まぁいいや~」

と思えたら最強です。

自分の英語に許可を出すために、論理を学ぶ!

それでいいのだと思います。

 

発音ブートキャンプは、そのために生まれた!

私の発音ブートキャンプは、「発音コース作って~!」の一声から生まれました。

・発音の論理

・実際の発音の仕方を徹底レクチャー

・なぜ発音を学ぶのか

・口周りの筋トレ

・呼吸法

・ゆるく長くつづけるコツ

これを全部含めた、ゆるいのにキツいメニューを考えていたら、facebook上で「発音ブートキャンプ」という名前がつきました(笑)。

 

楽しくやろう!

でもストイックにやろう!

今の英語に許可を出そう!

英語をアクティベートしよう!

 

外山周の発音ブートキャンプ、お申込みはこちらからどうぞ!

発音ブートキャンプ お申込みページ

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!