英語が話せないのは英語力のせいではなく「話せないワールド」の住人だから

外山周 個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

 

★英語の健康診断

★オンラインセッション

★英語の継続カウンセリングコース

 

外山周です。

よく「英語が話せない」という方から、様々なご相談をいただきます。

私は第二言語習得研究という分野が好きで、科学的なトレーニングを自分のセッションに用いています。

優れた論理で確かに効果がありますが、どうしてもそれが「話せる!」という実感に結びつかない事は多々あります。

「どんなに練習しても上手くならない…」と思ってしまうことはありませんか?

そんな時、心の中でどんなことが起きているかについて書いてみたいと思います。

 

「話せる」の定義は自分が決める

あなたは「英語話せますか?」と聞かれたら、なんと答えますか?

「ハイ!話せます!」ときっぱり言えますか?

それとも「少しだけ…」と言いますか?

「NO!」と元気よく言いたくなってしまうでしょうか。

ではこの「話せる」という定義は、いったい何なのでしょう?

 

TOEIC960点でも「話せない」人
TOEIC500点でも「めっちゃ話せる」人

実は私も「英語話せる?」と聞かれると、つい「まぁ少しなら…」と言ってしまいます。

アメリカに住んでいたしTOEICも960点持っていますが、それでも「ハイ!話せます!」と自信を持っていうことができないのです。

周りにもそういう人はたくさんいます。

でも一方で、TOEIC500点しかなくても、

「英語めっちゃ話せます!」

「英語が分かるから楽しいです!」

って本気で言っている人もいます。

これって不思議だと思いませんか??

 

TOEIC500点でも「話せます!」と言い切れる人。

TOEIC960点あっても「英語話せます」とは言えない人。

 

TOEICのスコアが500点と960点では、単純な「英語力」の差は歴然です。

それでも「英語を話せる」という認識に開きが出てしまうのは、英語は数値化できるものではなく、話せるか話せないかは自分が決めている、ということなのです。

 

見えている世界が違う

これほどの認識の違いが出来てしまうのはどうしてでしょうか。

TOEIC500点でも「話せる」人

TOEIC960点でも「話せない」人

実はこの2人は、まったく違う世界を見ているのです。

 

自分は足りていると思える世界

自分は足りない、頑張らなきゃと思う世界

 

周りがみんな優しい世界

周りがみんな厳しい世界

 

この世界観の違いこそが、「英語を話せる」という認識の開きになって表れます。

TOEIC500点なのに「英語を話せる!」と言える人は、英語の分かる部分だけを拾い、言える部分だけを言ってコミュニケーションを取っているはずです。

それを自分に良しとして、世の中の全ての人は自分に優しくしてくれ、話を聞いてくれるのだと信じています。

これは「まだまだ」と思っている人からすると、

「いやいやマジかよ…」

「話せるうちに入らないよ」

「呑気でいいよね」

と思ってしまうかもしれません。

でも実際TOEIC500点で英語が話せる人が見ている現実は、決して間違っているものではないのです。

文法が分かり、単語が分かって、相手の英語が少しは分かる。

こちらの英語が拙くても、相手が分かってくれる。

この部分だけ純粋に切り取れば、それは確かに「英語が話せる」と言えるのですから。

 

逆に英語を「話せない」と思っている人は、どんなに英語に分かる部分が増えてきたとしても、分からない部分だけを脳が敏感に拾い取っているはずです。

そして「まだ分からないことがある!」と自分を責めて、自分の英語が少し通じなかっただけで「やっぱり通じないんだ」と思ってしまいがちです。

これはこれで、やっぱりネイティブ並みには話せないという見方をすれば、それは確かに「英語が話せない」と言えます。

 

「話せるワールド」と「話せないワールド」

見えている世界、住んでいる世界が違うのです。

TOEIC500点の「英語が話せる」世界も

TOEIC960点の「英語が話せない」世界も

どちらも真実で、本物の世界です。

どちらの世界に住むかをあなた自身が選べるとしたら、あなたはどちらの世界に行きたいですか??

 

あなたが今「話せないワールド」の住人で、「話せるワールド」に行きたいと思うなら、今日から移住すると心に決めてみてください。

まず住人自身が「そっちに行く!」と決めなくてはいけません。

周りがどんなに手を尽くして「あなた話せてますよ!」と言っても、つい長年の癖で足りないところを探して「ここが足りないから話せてません!」と証拠探しをしてしまうからです。

足りない証拠探しはやめて、足りてる証拠探しをしましょう。

 

話せてる部分だけをキャッチして、自分を褒めてください。

伝えたいこと、話したいことを言葉にし続けてください。

きっと誰かが聞いてくれます。

 

日本語でも「話せるワールド」に行こう

もしあなたが、それでも「そんな簡単にはいけば苦労しないわ!」と思ってしまうなら、ぜひ1度あなたの日本語ワールドについて考えてみてください。

英語ではなく日本語を話す時、あなたはどんな世界に住んでいますか?

優しい世界に住んでいますか?

周りの人はみんな優しくて、自分の言うことをきちんと聞いてくれて、助けてくれると思えていますか?

もしそうではなく「厳しい世界」に住んでいるとしたら、まずはそこから脱却しましょう。

実は日本語も英語も関係なく、自分が住んでいる世界が全てを左右しています。

 

移住経験者からひと言

私は長いこと、「話せないワールド」「厳しい世界」の住人でした。

長く住み過ぎて、今でも時々里帰りをしています(笑)。

でも話せるワールドに来てみたら、世界は本当に優しいです。

日本語と英語に関わらず、私のいう事に耳を傾けてくれる人がいて、仲間になってくれる人とたくさん出会いました。

ぜひ「話せるワールド」に来てみて欲しいなと思います。

 

セッション中にクライアントさんの英語診断をしていると、必ず出来ている点、得意な点、または「ここさえ押さえれば伸びる!」というポイントがあります。

これがない人は殆どいません。

あなたの英語にも、きっと今のままで使える英語が眠っています。

どうかそれを、「足りないところ探し」で潰してしまわないでください。

足りないところを補充するのが英語なのではなく、今のままのあなたを発信する手段が英語なのですから^^

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!