英語のお悩み相談!「勉強せずに英語が出来るようになる方法はありませんか?」

外山周 個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

 

★英語の健康診断

★オンラインセッション

★英語の継続カウンセリングコース

 

外山周です!

英語の勉強について、「勉強しないで話すにはどうしたらいい?」というご質問をいただきました!

今回も「論理+心+日本語」で答えてみようと思います。

 

「英語キラーイ」で全然OK!

こんにちは!

私は都内で働いています。接客業ですがよく海外のお客様が来るので、英語でやり取りできるようになりたいなぁと思っています。

通訳もいるし、簡単な通訳機器もあるのですが、やっぱり自分の英語で接客したいです。

でも私は正直英語がとても嫌いで、今も文法や単語は殆ど覚えていません・・・。

勉強もあんまりしたくないし、仕事で使わない英文は避けたいです。

仕事で使う分野の英語だけを、最短距離でなんとかする方法はないでしょうか?

こんな質問ですみません・・・。

 

ありがとうございます!

実はこういうご相談は、割とよくいただいています。

・英語は嫌いで、できれば避けたい

・でも仕事で使えたらいいなと思う

この2つが拮抗しているのですね。

実は私も少し似ているので、お気持ちはよく分かります。

私も「もっと歴史や文化の話を英語でしたいなー」と思いますが、これ以上自分の英語のために勉強するのは、実は嫌だなぁと思っています(笑)。

英語を教える方法については日々ブラッシュアップを重ねていますが、自分の英語をさらに上達させることについては、今あまり情熱を注げないのが正直なところなのです。

 

まず「ジャッジ」を外そう

まず1つ言いたいのは、「英語の勉強はしたくない!」と堂々と言っていいですよ、ということです。

「こんな質問ですみません」と言われましたが、まーったく問題なく大丈夫です!

なぜ「すみません」と思ってしまうのかと言うと、ここに何か自分を責める要素、ジャッジする要素があるのではないかな?と思います。

たとえば、

「英語を使いたいって言っているのに、勉強が嫌だなんて矛盾している…」

「こんなんじゃダメだ」

「もっと頑張らなくちゃ」

とか、こういう感じのものです。

このジャッジがあるとのびのび発言できなくなってしまうので、まずは「英語は話したい。でも勉強キラーイ!」って認めてしまいましょう。

ちなみに、私はいつもそう思っています(笑)。

 

「論理」と「心理」に折り合いをつけよう!

さて。

その上で論理的に言えば、残念ながら「英語力をつけるには勉強も必要だ」とお伝えせねばなりません。

接客に限らず、コミュニケーションを取るには相手の英語を理解できる必要があります。

(言語は【聞ける→話せる】の順番で上達する、という大前提があるため、まずは「聞ける」が最優先になります。)

そして英語を理解するためには、

①意味処理

②音声処理

の2つの処理が、脳内でと素早く行われることが必要です。

意味と音声、両方が処理されて初めて、脳が「言語」として認識してくれるようになるわけです。

意味を捉えるには、最低限の文法と単語が欠かせません。

音声の処理にも、英語にしかない音声の論理を学び、練習するプロセスが必要です。

そのため論理的に言えば、最低限の勉強はやはり必要と言えるでしょう。

 

が、しかし。

これはあくまで論理上の話であって、「最低限きれいな英語で接客したい」という希望がある場合に取り組めばいいだけのお話です。

あなたの本当の希望は何でしょうか?

 

① きれいな英語で接客したい

② 接客のストレスを減らしたい

③ 海外からのお客さんを喜ばせたい

 

いくつか挙げてみました。

この中に、近いものはありますか?

もし「きれいな英語」の習得を目指すなら、やはり論理的に勉強し、トレーニングを積むことが必要です。

しかし接客のストレスを減らしたいだけならば、会社には通訳さんと通訳機器があるということなので、それを使えばストレスは減りそうですね。

「お客さんを喜ばせたい」が希望ならば、必ずしもきれいな英語は要らず、片言の英語や日本語でも大丈夫です。

その場合、勉強しなくてもネイティブに教えてもらえば手っ取り早いですね。

こんな風に本当にやりたいことは何なのかを突き止めてみて、論理と心理に折り合いをつけましょう。

 

日本語も案外通じる

繁華街などにいる外国の方に、日本語で話しかけてみたことはありますか?

日本に来ている多くの人は、片言の日本語で、辞書やスマホ、ガイドブックなどを片手にコミュニケーションを取ろうとしてくれます。

海外の方の片言の日本語。

それを聞いた時に、どんな気分になるでしょうか?

相手の一生懸命さが伝わってくれば、少なくとも嫌な気持ちにはならないと思います。

英語でも同じです。

一生懸命接客してくれる相手に対して、嫌な気持ちは抱かないのではないでしょうか。

もし「そんなこと言ったって、綺麗な英語でないと意味がない!」ような社内風土なのであれば、思い切って英語は全部通訳にまかせるのもアリです。

ご自身は堂々としたオーラを出して、自信を持って日本語だけを話すのです。

言語は伝わらなくても、人が持つエネルギー感は割と相手に伝わっています。

 

解決方法のご提案

というわけで、

① 本当にしたいのは何なのか?

② そのためにどの程度勉強するか?

の2点を考えて、折り合いをつけると良いと思います。

 

「きれいな英語」を身につけたいなら、最低限の文法と単語を勉強する必要があります。

日本人のコーチをつけて体系的に取り組むか、ネイティブのコーチをつけて長期戦かつ実践的に取り組むか、お好みで選んでみてください。

 

片言の英語でいいならば、単純に場数を増やすという意味でネイティブのチューターを探すと良いでしょう。

お仕事で使う分野について相談をして、実践的なロープレをしてもらったり、すぐに使える英語表現について教えてもらうと良いと思います。

私はロープレ方式のレッスンは専門外なのですが、文法を体系的に網羅することはおそらくあまりないはずです。

あまり「勉強勉強!」という雰囲気にならないところが、ネイティブのチューターをつける良い点です。

【英会話 カフェ マンツーマン】などで検索すると、近所のカフェで英会話を提供してくれる会社がヒットするので、興味があればぜひ調べてみてください。

 

まとめ&後記

① 精度の高い英語を目指すなら、文法はやったほうがいい

② 片言でいいなら、文法はあえて気にしなくてもいい

③ 本当にしたいことは何なのか?を考えてみる

 

長く英語を教えていて、「英語やらなきゃ!」と言う人にたくさん出会いました。

でもその先の希望をよーく突き詰めてみると、意外に「英語じゃなくてもいいかも…?」にたどり着いたりすることがよくあると感じています。

嫌いなことを頑張って目標達成するよりは、嫌いなことを避けて目標に近づいた方が、きっと楽しいのではないかな?と思っています。

そのためにまず、「英語キラーイ!」という気持ちがあるならば、それを真っ先に認めちゃうといいと思います!

どうせなら楽しく^^

Let’s enjoy!

 

ご相談ありがとうございましたー!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!