英語を話せないのに「話せる」と思ってもらう方法

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

外山周です。

今日は、私が「英語が喋れる」ということについて、1番衝撃を受けた出来事について書いてみます。

 

話せないのに「話せる認定」されるには

昔、LAに住んでいる私のホストファミリーが、新潟の実家を訪ねてくれたことがありました。

私の姉と義兄(姉の旦那さん)が遊びにきてくれて、ホストファミリーに会ってくれました。

姉が控えめに挨拶して、その後で義兄がニカッと笑い、

「ハロー!ナイスミーチュー!」

と言って手を差し出し、ガシッと握手をしていました。

姉は少し英語が話せますが、義兄は全然話せません。

それでも私のホストファミリーは、後から私に「お義兄さんは英語が上手いね」と言いました。

本当は姉の方が上手いんだよと言うと、「えっ、そうなの?」という反応が返ってきました。

つまり少しは話せるはずの姉が「話せない人」と認定され、逆に全く話せない義兄は「話せる人」と思われたのです。

最初の「ナイスミーチュー!」と握手だけで。

 

この時すっごくショックだったことは、今でもよく覚えています。

どんなに普段から勉強していても、自分の言葉で英語を話す練習を積んでいても、義兄の

ニカッ → ナイスミーチュー! → 握手

に全然敵わないとしたら、今まで私が頑張ってきたのは何だったのかと思いました。

「ノリだけでいいのか」

「もっと聞いてもらえさえすれば、控えめでも話せるほうがいいに決まってる」

そんな反発に似た気持ちもありました。

私はどう頑張っても、義兄のような明るいキャラにはなれません。

それが分かるからこそ悔しくて、「義兄の数倍の努力が必要なんじゃないか」と思いました。

 

自信とエネルギーは相手に伝わる

今になって思うことは、おそらく自信のある態度が伝わったんだろうなということです。

「自分はちゃんと生きていける」

「必ず誰かが助けてくれる」

という究極の自信(心理学で言うところの自己承認)がある人は、例え言語が違っていても、そのエネルギー感が相手に伝播するのだと思います。

「英語が話せなくても大丈夫だ」

「きっと伝わる」

この自信がある人は、例え無口であっても、それがエネルギー感となって相手に伝わります。

義兄は「イェー!ナイスミーチュー!」という言葉とノリのせいで信頼を得たのではなく、その堂々とした態度で信頼を得たのだということです。

もし義兄が無口でも、きっと同じように言われたでしょう。

人には色んなキャラがあります。

無理して「ウェーイ!」という必要はないし、無理して早口で英語を話せなくても良いのです。

すぐに話せなくても、文法や単語を間違えてしまったとしても、それでも「自分は伝えたいことがあるんだ」という気持ちが態度に出ていれば、相手は必ず聞いてくれます。

 

自信がない人への処方せん

「この人英語下手なのね」って思われることが怖いですか?

「何言ってるか分からないわ」って言われちゃうことが怖いでしょうか?

もし「そりゃー怖いよ!」と思ってしまうなら、日本語を話す時はどう感じているかを思い返してみてください。

日本語で話している時、

「相手に遮られたらどうしよう」

「意味が分からないって言われたらどうしよう」

「バカにされたらどうしよう」

っていう気持ちはありませんか?

もし日本語でもこんな風に思ってしまうなら、まずは「私の話をみんな聞いてくれる」という自信を取り戻すところから始めてみてはどうでしょう。

好きなことをして、仲間とたくさん話して、楽しむ。

そんな一見関係ないことが、実は1番英語の上達を早めることがあります。

英語に行き詰ってしまった時は、ぜひ1度勉強やトレーニングの手をゆるめ、自信についてふっと考えてみてください。

英語を上手く話そうと思うのではなく、自信を持って英語を使っていきましょう。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!