2020年、小学生の英語必修化について:英語の音と楽しさが鍵

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

 

外山周です。

職業柄、たまにお子さんの英語についてのご質問やご相談をいただきます。

子供の英語学習は専門外なのですが、今後の義務教育で英語の授業がどう変わっていくかなどの情報は一応チェックしています。

2020年から、小学生の英語教育がさらに低学年化して必修化されます。

3年生から必修化、5年生から教科化されるとのことです。

結論から言えば、私は現代の教育は英語以外にも変えた方が良いことたくさんあると思うので、2020年の必修化には反対の気持ちを強く持っています。

その上で、良質な英語の「音」と「楽しさ」に小さい頃から触れることはには賛成です。

今日は8年間子供から大人まで英語を教えてきた立場から、この英語の低年齢化についての見解を書いてみたいと思います。

 

「母国語」は考え方のベース

低年齢化については、よく「日本語が先だ!」という反対意見が挙げられます。言語脳が発達する過程においては、使用言語は一つに絞った方がいいという研究があるためです。

生まれた時から複数の言語に晒され続けると脳内に軸となる母国語が育たず、深い考え事をしたい時に思考を深めることが難しくなります。

また一定の年齢を過ぎてもどの言語も半端にしか話せず、母国語と呼べる言語がないまま大人になるという例もあります。

実際に私も留学中に、幼い頃からマルチリンガルな家庭に育った人に何人か出会いました。

しかしこれは生まれた時から複数の言語に晒され続けた極端な例であり、日本の教育が変わっても、小3(8歳)から家庭外において短時間英語に触れることが、そこまで言語脳の発達に影響を与えることはまずありません。

 

「日本語が先だ!」の本当の意味

私が考える「日本語が先だ!」の本当の意味は、日本語で自信を持って自分の考えを言えるようにすることの方が重要だ、になります。

母国語は思考力だけではなく、全ての基盤です。

自信を持って母国後で発信できなければ、当然第二言語でも発信することは出来ません。

母国語で話す力、書く力。

間違えてもまためげずに挑戦し続ける力。

これが育っていないと、英語力だけがついても何もできません。

また母国語は自分と切り離せないアイデンティティーの1つとなるので、まず母国語の歴史や成り立ちを知っておくことも、海外に出た時に必ず役に立つと考えます。

 

「上達」が目的になる怖さ

小さい頃から英語に触れさせることのメリットとして、「発音が良くなる」「聞き取りが楽になる」「より上手く話せるようになる」などが挙げられています。

これでは裏を返せば、小さい頃からやらないと「発音が良くならない」「聞き取れない」「上手く話せない」というメッセージを含んでいて、

英語は上手くないとだめ!

が目標になってしまう怖さがあります。

従来のテストの点数が目的で英語を机上で勉強していたやり方と、いったい何が変わるのでしょうか。

足りないものにフォーカスし、完璧をめざして駆り立て続ける教育は、そろそろ卒業しても良いのではないかと思います。

従来の社会に順応できる、いわば勤勉な大人を量産することよりも、自分の強みを存分に活かせるような教育にシフトする方が、英語教育を変えることよりも必要性が高いと感じるのです。

 

「楽しく」には賛成

3年生からの必修化が、「楽しい英語を子供たちに伝える」ものであればいいなと思います。

小さい頃に「英語楽しいなー」と感じることができれば、英語に対するハードルが下がるからです。

・ゲーム感覚で楽しめる

・身体を使って覚えられる

・良質な英語の「音」をたくさん聞ける

子供が成長して「~~したいから英語を話したい!」と思えた時に、英語を習得しやすい状態が脳内に整っていることが、まず何より重要です。

 

成長後に英語を習得しやすくする方法

では、成長していざ「英語を話したい!」と思った時に楽に習得できる準備を低年齢のうちにさせておくためには、どうしたら良いのでしょうか。

言語は聴覚から上達が始まるので、子供のうちにたくさんの英語を聞かせることです。

子供が楽しんで何度も耳に入れられるものが良く、できれば周りの大人も一緒に楽しむことで、子供たちの情意フィルター(英語に対するハードル)を下げることができます。

一度脳が言語として認識した音は、成長してからもずっと言語として認識されます。

小さいうちにいかに英語の「音」を言語として認識させておくかが鍵になります。

 

言語なんて単なるツール

英語に限らず、あらゆる言語は情報交換と発信のためのツールです。

目的を「上達」に置くのではなく「発信」に置いて、そのためにまず「発信できる自分」を育てていくことこそが大切です。

発信できるだけの情報と、

発信しても揺らがない健全な自信。

その重要性が分かってきたからこそ、今「心の学び」をする大人たちが増えています。

子供たちが大人になってからそれに取り組まなくて良いように育てることこそ、これからの日本に必要なのではないでしょうか…。

低学年化した英語教育が、その一端を担うことを願うばかりです。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!