英語力アップにディクテーションが役立つ理由!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

「ディクテーション」というトレーニングがあります。

これは音声を聞いて、聞こえた文をできるだけ正確に書き取るトレーニングです。

シャドーイングと並んで、語学の習得にとても有効だとされています。

今日は、そのディクテーションについて書いてみたいと思います!

 

英語を書き取ることによる変化!

英語をただ聞き流すだけでなく書き取るようにすると、嬉しい変化があります。

それは、

①集中力がアップする!

②聴解処理力がアップする!

の2つです。

 

①集中力がアップする!

単純に、英語を聞く時の注意力、集中力が大幅にアップします。

普通英語や多言語を聞いている時は、頭の中は母国語のままです。

その結果、

「あーお腹すいたなー」

「夕飯何にしようかなー」

などと別のことを考えがちで、英語が脳を通り抜けている状況に陥りがちです。

「書き取る」という動作を併せることによって母国語での考え事をする余裕はなくなり、聞き取りに集中できるようになります。

これに慣れると、ただ聞くだけの時にも集中できるようになっていきます。

 

②聴解処理力がアップする!

「聴解処理」とは、単純に「聞いた音を処理し意味をつかむ」ことです。

人間の脳は、聞いた音を無意識に言語雑音に分けてキャッチしています。

この時、「母国語にない音は雑音として処理されている」ことが、脳科学的に明らかになっています。

英語には、日本語にない音がたくさんあります。

ということは、私たち日本人にとっては英語は雑音なのです。

 

ディクテーション(書き取り)を根気よく行っていくことは、この「雑音」を言語に結びつけるトレーニングになります。

 

例えば、「there’s」は「ゼアーズ」だと習いますね。

が、実際ネイティブの音声を聞くと、「ゼズ」くらいしか発音していないことがよくあります。

これを一度「ゼズ」と書き取り、最後に答えを見て「there’s」と分かった時、脳内で

「there’s = ゼズ」

という回路ができます。

この回路が増えていくことによって、言語としてキャッチできる量が増えていきます。

結果、英語が分かるようになっていきます。

 

 

ディクテーションのやり方

英語のディクテーションを行うときは、下記の手順でやりましょう!

 

1.何度も繰り返し英語を聞いて、書き取る

2.聞き取りきれない箇所はカタカナで音を書く

3.「これ以上聞き取れない」と思ったら、答えの英文を見る

4.自分が書いた英語 / 音と照らし合わせる

5.最後に英語を聞きながら、もう1度聞き取れなかった「音」をよく確認する

 

コツは、とにかく音に注意をすることです。

・there’s = ゼズ

・will = ゥル

・for = フォ

等のように、日本人が今まで認識していた音と違う音がねらい目です!

 

ちなみに私は初めてアメリカにホームステイした時、「a lot of」が聞き取れませんでした。

 

パパ「a lot of (ロツォブ)って知ってる?」

私「知らん」

パパ「しらないの。manyって意味だよ」

私「・・・あ、もしかしてa lot of (アロットオブ)って言った!?」

パパ「そうそれ、a lot of (ロツォブ)ね!」

私「その発音の仕方、難しい」

パパ「そうかい?HAHAHA!」

 

今となっては懐かしい思い出です(笑)。

 

こういう音の変化を「音声変化」と言います。

ルールがあるので、1冊本を買って勉強するとディクテーションが楽になります。

いまいち英語が聞き取れないなーという方は、シャドーイングと併せて試してみてください!

 

シャドーイングについてはこちら

シャドーイングの正しいやり方

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!