英語を学びたい本当の理由はなんですか?

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

「英語を勉強しよう!」と思う時、その理由にフォーカスしようというお話です。

私は誰かの英語トレーニングでご一緒する時、「なぜ?」をいちばん大事にしています。

それによって、今最適なトレーニング方法は変わっていくからです。

 

 

みなさんが「英語を学びたい」と思う理由はなんですか?

仕事で使いたい?

お友達が欲しい?

単純に英語が好きだから?

どれでしょうか。

 

 

お仕事で使いたいと思った方に、質問です。

英語をできるようになったら、お仕事で何が得られますか?

昇進?

実績?

それとも新しいお仕事のチャンスや、可能性でしょうか。

 

 

・・・さらに質問です。

それを得たら、次は何が欲しいのしょうか?

 

 

英語ができるようになって、仕事で昇進する。

では、昇進によって手に入れたいものは何ですか?

 

 

英語ができるようになって、たくさんの部下を抱える身になる。

英語のナゴシエーションを任される立場になる。

給与が上がる。

充実感が手に入る。

・・・それによって、本当に得たいものは何ですか??

 

 

・・・。

 

 

そこです。

そこなんです。

言語を学ぶ時、この質問を繰り返して考えることはとても大切です。

突き詰めて考えてみましょう。

本当にしたいこと、本当にかなえたいことは何なのか。

その実現のために、本当に英語が必要なのか?と。

 

 

なんとなく好きだから。

なんとなく楽しそうだから。

なんとなく挑戦してみたいから。

 

 

このくらいの軽い気持ちの方が、純粋に「英語を話したい」に近かったりします。

純度が高ければ高いほど、コミュニケーションは取りやすいようです。

英語の上手い下手を気にすることなく、「話したい」にフォーカスができるのですね。

 

 

恥ずかしながら、私の場合は真逆でした。

ずっと英語を「武器」として捉えてきました。

 

 

英語を話せれば、人からバカにされない

英語があれば、この先お金を稼ぎやすい

英語を話せれば、アメリカで生きていける

 

 

私にとって英語は

自分を強く見せる鎧であり、

社会に出てからはそれで生き抜くための武器であり、

いざって時の切り札でした。

 

 

だから今でも、英語を話す時は人が変わるようです。

自分の英語には、感情が一切乗っていないみたいなんです。

すんごい優等生。

つるんとした怖さ。

どうもそんなのがにじみ出ているなぁと思います。

 

 

これは、最近友人に指摘してもらいました。

自分でもギャップに気付いていたので、「やっぱりなー」という感じです。

 

 

だから今の目標は、英語に人柄や感情を乗せられるようになることです。

そしてギャップをなくすこと。

 

 

「武器」として英語を習得しようとすると、私のようにギャップが生まれてしまいます。

それね、すっごい苦しいですよ。

経験者は語ります(笑)。

武器はずーっと磨いてないと、不安になるから。

どこまでいっても完璧がなくて、自分を追い立てつづけなくちゃいけません。

 

 

私は長年英語を教えてきて、教えるノウハウはしっかり持ってます。

が、一歩教える現場を離れれば、自分自身の英語はこんなもの。

だからこそ、私はあったかいものをシェアしたいって思います。

 

 

武器じゃなくていい

完璧じゃなくても下手でもいいから

ちゃんと感情を乗せて伝わってくれる

人柄を覆い隠さず伝えてくれる

そんなコミュニケ―ションのための英語を、誰かの中に育てるお手伝いができたらいいなーと思います。

 

 

「英語を学びたい」と思う、ずーっと奥の本当の目標は何ですか?

英語を使って、何をしたいですか?

どんなことができたら嬉しいと感じますか?

 

 

英語で悩んでいる方は、ぜひ一度考えてみてください。

もしかしたら、意外な突破口が見えてくるかもしれません。

 

 

セッションのお申し込みは、こちらからどうぞ!

詳細はこちら

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!