実家の掃除メモ5:掃除を引き受けた理由と報告

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

実家の大掃除を監督してきたのですが、今の気持ちとしては「私は近藤真理恵さんを尊敬します」の一言に尽きます(笑)

私は去年、「何か違う」と思いながら仕事を続けていた頃、近藤真理恵さんの著書「人生がときめく片付けの魔法」を読んで部屋の大掃除をし、終わった瞬間に「そうだ、会社をやめよう」と思いつき、あっさりと決断して会社を退職してしまった経験があります。

「部屋はその時の自分を表す鏡」という通り、あの頃の部屋は会社に行くためだけの部屋で、仕事に行くために雨露をしのぐだけの部屋でした。

それを1つずつ「自分を大切にするための部屋」に変えていったことで、本当に自分がしたいことは何なのかを見つめ直すきっかけとなり、自分でも驚くくらいあっさりと決断をし、会社を退職してしまいました。

この経験から、掃除の持つ力は身をもって実感しているつもりです。

 

今回の実家の大掃除監督を引き受けたのは、最初は祖父が大事にしていた神棚が酷い有様になっていたのに心を痛めてしまい、せめて神棚を東京の自分の家に引っ越しさせようと思ったことがきっかけでした。

現状を何とかしたいから力を貸してほしいと両親に頼まれたとは言え、今までずっと折り合いの悪かった彼らのそばで、「絶対戻らない」と思っていた実家と向き合わなくてはいけない作業に、最初は尻込みしてしまったのも事実です。

それでも神棚の引っ越しに加えて大掃除まで引き受けようと決めたのは、掃除をすることで人が変わるのかどうかを見てみたかったし、私自身も「祖父の仏壇がある家を、もっと気楽に帰れる場所にしてみたい」という気持ちがあったからです。

気軽に帰れる実家がないなら、私の力が及ぶ範囲で変えてみればいい。

…と、そんな風に思えるようになったので、思い切って引き受けました。

 

今回実家の大掃除をするにあたり、できるだけリバウンドのないように、特に母の心理的なケアに重点を置きました。

話をよく聞き、心のメカニズムを説明しながら、祖父母の代からある古いものや、もう使わないものを出来る限り捨ててもらいました。

途方もない時間がかかったし、丸8日間の滞在で片づけられたのは全体のほんの数%に過ぎませんが、それでも母が少し嬉しそうにしているし、私自身のチャレンジとしても、やってみて良かったと思います。

予定があるので東京に帰りますが、また実家に来て、掃除の続きを監督したいと思います。宿題も出して帰ります(笑)。

 

最後に、引き受けようか迷っていた時に「やってみればいい」と言ってくれた皆さんには、本当に感謝しています。

どうもありがとうございました!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!