実家の掃除メモ1:神棚に灯りが入りました!

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

7月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ただ今実家を訪問中です。

目的は、神棚を綺麗にすることです。
※こちらの記事に書いています:神道メモ24:実家の神棚と、神棚の引っ越し

私が普段「実家」と呼んでいる家は、10歳まで祖父母と住んでいた家です。
そこに、現在は両親が住んでいて、私が10~18歳まで住んだ両親の家には、今は姉家族が住んでいます。

今回神棚を何とかしたいと思っているのは、祖父母が住んでいた家になります。

 

というわけで、朝9時からさっそく取り掛かりました。
想像を絶する状態になってましたが、記憶を頼りに何とか綺麗にして、お榊とお水などを整えて、午後になってようやく神棚に灯りが入りました。

そのまま今度は仏壇。
その次に仏壇下、神棚の下、それぞれの収納を開けて、中の掃除。

それはそれは色んなものが出てきました。

昭和52年の新聞とか
七福神の像とか
掛け軸とか
祖父母の婚礼の時の盃とか
私の曾祖父母や大叔父の写真とか

小さい頃の記憶に残るものもたくさんあり、特に曾祖父母の写真は、ずっと昔に祖父から見せてもらったのを思い出しました。

とりあえず床の間を綺麗にして、そこに写真や置物を並べたところで午後7時を回り、今日のところはこれで終了です。

 

埃だらけになったので、車を借りて近所の温泉(海水の温泉らしい)に行ってきました。
コーヒー牛乳美味しかった(笑)

 

明日は神社に行って、神棚の最奥で埃をかぶってしまっていたお札をお返しして、新しいお札をいただいてくる予定です。
仏間の他にも「ここが怪しい」って思ってる場所がたくさんあるので、まだまだ続けるよー!

こんなに腰を据えて実家と向き合うのは初めてです。
実家に光を灯すことが、今私にとってすごく大切な気がするんだよね。なんとなく。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

7月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

5月のセッション案内
→ 生きづらさを変えていきたい方、セッションをご検討の方は、こちらをどうぞ!

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!