無気力はイライラを抑え込む代償だった!?感情のダメ出しは体に悪い

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

 

外山周です。

ここ数日色んなことがちぐはぐで、何だか全然上手く行ってません(笑)。

水星逆行の最後っ屁か!?

(注:水星逆行は明日4/15までです。詳しく知りたい方はこちらのページをどうぞ!他サイトに飛びます。)

そんな中、自分の中で何が起こっているのかじーっと観察して思ったことを書いてみたいと思います。

 

「無気力」にOKを出せるか?

「周りの現実がちぐはぐで、何か上手くいかない」という時は、そりゃ生きていれば度々巡ってくるものです。

私の場合、こういう時はすごく無気力になって、動けなくなり、食べなくなります。

持ち前の気力である程度は動けることもありますが(笑)、その頼みの綱である気力が尽きた瞬間バーンアウトし、寝込む。

時限爆弾かよ!?という感じ(笑)。

随分長い間、バーンアウトするのは無能だからだと自分を責めてきましたが、去年いっぱいの心の学びを経て、今は

「バーンアウトOK!」

「無気力OK!」

「休めてよかったね!」

と、努めて自分に言い聞かせるようにしています。

とは言え長年の習慣はそう簡単には覆らないもので、ふと気付くと「ぬおーー!1日無駄にしてしまったー!」と自分を責めていたりもします。

そんな時は、無気力にOKを出せない自分にOKを出すのにトライすることになるわけです(笑)。

 

イライラを抑え込む代償だった!?

ここ数日、無気力になったり寝込んだり、そんな中必死で文章を執筆したり、できない自分を責めたりOKを出そうともがいたりしていました。

内面が忙しかった数日でした(笑)。

そんな中、今日になって初めて「あ、私猛烈にイライラしている!」とハッと気付いたのです。

何に?と聞かれると困るけど、なんか知らんけどイライラしてる。

特定の何かにイラつく訳ではなくて、例えばお腹が空くことにすらイライラしている(笑)。

何かに対して、私はずーっとイライラしてきたのかもしれません。

でも自分では気付かなかった。

これを抑え込むことは、きっとものすごくエネルギーの要ることだったんじゃないだろうか。

だから無気力になって、機能停止状態にならないといけなかったのかもしれない…と仮説を立てた今日でした。

と言いつつ、まだよく分からないですが…。

そもそも「イライラ」って、ほんと何だろうね??

 

イライラの仲間入りを待つのだ

悲しくてもいい、怒ってもいい、嫌だ!って言っていい、甘えて頼ってもいい、好きって言っていい・・・

いったいどれだけの感情と向き合い、許可を出してきただろうか(笑)。

この旅路を振り返ると、ちょっと懐かしくなって、笑ってしまうのです。

「悲しい」「ムカつく」って言えない時があったけど、今は言える。

数年前まで感じて認識するまでに時間差があったけど、今は一瞬で「ムカつく!」って言える(時が多い)。

「イライラ」もそのうち仲間入りを果たしてくれることでしょう。

 

水星逆行は終了日に注意

さて。

コミュニケーションや交通に影響をだしがちで、自分や過去と向き合う時期になりがちだという「水星逆行」ですが、終了日は注意したほうがいいという情報があります。

私は今回の水星逆行は、前半にパソコンがご臨終し、後半にイライラ祭りになるという、大変有意義な過ごし方をしました(笑)。

水星逆行終了は、明日4/15です!

最終日の明日は、注意しながら楽しく過ごしたいと思います。

良い1日になりますように!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ なんとなく生きづらいという方へ

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!