「足りない」を手放したら、感謝の気持ちが湧いてきた

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

ふっと思ったことがあります。

私は今まで、戦いオーラ全開で生きてきたなぁと(笑)。

確かに戦うの好きだけど。

でも、多分何か違う。違うんだよなぁ。

…というお話です。

 

「まだ足りない」が原動力だった

私は会社員時代、結構頑張り屋だったと思います。

あんな風に寝食を忘れて頑張ることは、もうないんじゃないかと思います。

何でそんなに頑張れたかと言えば、大きな原動力があったから。

…その原動力とは、「まだ足りない」でした。

 

能力が足りてない

知識が足りない

魅力が足りない

まだまだ頑張り足りない

 

・・・背伸びだらけ、偽りだらけ。

「隙を見せたらやられてしまう」と思っていました。

必死で理論武装して、必死で「足りてる私」を作っていました。

 

 

頑張り過ぎるからこそ湧く「のに!」の感情

一方で湧いてくるのは、「のに!」という気持ちです。

 

こんなに頑張ってるのに!

私はもっとやれる筈なのに!

こんな筈じゃなかったのに!

 

自分は「足りない」と思って頑張っているから、不満が湧いてくるんですね。

足りない私がこんなに頑張ってるのに、手が届かない。

周りの評価ももらえない。

足りてるあの人は、いとも簡単に色々手に入れていく(ように見える)。

 

めちゃくちゃ頑張っているから、周りのせいにしたくなる。

そんな自分を責めて、またさらに頑張る。

その繰り返しでした。

 

駄目押しの「自分責め」から、「感謝」になるまで

そんな自分だから、小さい頃から社会人まで、あらゆる黒歴史がてんこ盛りです(笑)

良くない環境しか選べなかった自分に対しても、

「能力が足りないから、こんな場所しか選べなかった」

…と、ここでもまた「足りない」を理由に責めていました。

 

もうあんな生き方は嫌。

二度と戻らない。

って最近やっと決断できた後でさえも、そこを「戻りたくない場所」として定義していました。

 

でも、それももはや、何か違う気がします。

 

あれはあれで良かった

あの頃も含めて今の自分だ

 

何となくだけど、ふんわりと思えるようになりました。

あの頃頑張った自分と

あの頃出会ってくれた全ての人たち

パワハラしてくれた上司にさえも(笑)

今は、なんか「ほんとにありがとう」って気持ちです。

もちろん今の仲間のみんなにも。

 

「足りない」からの卒業

今は、「足りない」とはあんまり思ってません。

まぁこれでいいやって、なんの根拠もないけど思っています(笑)。

 

仕事はとても好きだし、きっとこれからも自分の能力を使って、ある意味戦って生きていくとは思うけど…。

でも「足りないもの」を補う戦いじゃなくて、別の戦い方をしたいなーと思います。

自分にギフトがあるとすれば、提供できる何かを持っているなら、誇示するためじゃなくて、誰かを助けるために使いたい。

…そんなことを、最近よく考えています。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
10,000時間以上の英語指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。現在は合理的な言語習得論よりも「1人1人の感性と人生に合う方法を」を軸に、完全カスタマイズの総合サポートを提供している。
生い立ちと米国留学中のうつ病経験、自殺未遂の経験等から、人のエネルギーに敏感。自分らしく人と繋がって生きたいを目標に、現在は心理セラピスト養成講座に没頭中。
パートナーはアスペルガー。日本語が大好き。愛国心強め。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!