夢は過去の自分からの「気付いてコール」

お知らせ

女性の恋愛に特化したセッションをリリースしました!占い感覚で話したい方へ。

相愛リーディング

カウンセリングのモニター募集中です!ぜひご協力ください。

カウンセリングモニター募集

プロフィールが新しくなりました!

外山周プロフィール

【その他】英語トレーニングと心理セッションを組み合わせたサポート準備中!

私は大学3年で鬱病になり、4年で万策尽きて退学し、日本に帰ってきました。

自分の顕在意識では、「仕方なかった」と思っていました。
というか、頭でそう考えようとしていました。
でも潜在意識の方はそうではなかった…と、気付いた話を書きたいと思います。

 

中退後8年間見続けた夢

大学を中退して帰国してから8年の間、よくアメリカの夢を見ました。
アメリカの夢を見る時は毎回すごくリアルで、いつも夜中に飛び起きます。

1つは飛行機に乗ってアメリカに行って、空港で「パスポートがない…!」と気付く夢です。
飛行機ではすごくワクワクしているのに、パスポートがなくて入国審査を抜けられず、そこで立ち往生するのです。

この夢は、今年に入ってようやく見なくなりました。
昨年末に会社を辞めてから、長い間失効したままにしていたパスポートを更新し、国際免許も取ったので、「これでいつでも入国できる」と思えたからだと思います。

そして、今でもたまに見るもう1つの夢があります。

それは、大学に復籍して、授業を受けている夢です。
大学の風景は年々リアルさを失っていますが、感覚だけは今でもリアルで、決まって「わっ」と飛び起きます。

目が覚めると汗だくだったり、やけに心臓がバクバクしていたり。
当時これだけの緊張感の中で、毎日過ごしていたのだと思います…。

 

夢は、過去の自分からの「気付いてコール」

おそらく退学してからの8年間、私はずっと心残りがあったのだと思います。
頭では「仕方なかった」と納得していても、心はそうじゃなかったのです。
アメリカに、色んなものを置き去りにしたままでした。

今までは、「そう言われても…どうすりゃいいの?」状態でした。
頭と心が違うと分かっても、今更復学も出来ないし、仕事ばかりで旅行すら行けない状態だったからです。
でも最近になって、やっと少し分かるようになりました。

私は 今 どうしたいのか
今 アメリカに遊びに行きたいか?
今 復学してもう一度授業を受けたいか?

…と、常に「今」の自分に、問いかけてみれば良いのだと思います。

の私は、アメリカに遊びに行きたいから、自分の力でアメリカに行く。
でもは復学したくないから、しない。

過去の自分は、すごく卒業したかった。
過去の自分は、まだまだアメリカでやりたいことがあった。
でも過去の自分は、その時に出来ることをよくやった。

夢は潜在意識からのメッセージと言いますが、過去の自分からの「気付いてコール」でもあると思います。

過去に感じていたことを無視して頭で押さえつけているから、年月をかけて増幅したものが、年々夢に表れやすくなるのかもしれません。

今と過去を切り離して考えられるようになって、今回のロス旅行と併せて、そのうち大学のあるオクラホマを訪れる頃には、きっと復学の夢は見なくなってるんじゃないかと思います。

 

まとめ

押さえつけていたものが夢に出てくる時は、心がすごく苦しいです。
まるで「気付いてよ!」と揺さぶりをかけられているかのようです。

年月を経ると、それがどんどん強くなっていくので、これからはきちんと「今」の感情を大切にしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

女性の恋愛に特化したセッションをリリースしました!占い感覚で話したい方へ。

相愛リーディング

カウンセリングのモニター募集中です!ぜひご協力ください。

カウンセリングモニター募集

プロフィールが新しくなりました!

外山周プロフィール

【その他】英語トレーニングと心理セッションを組み合わせたサポート準備中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!