美女と野獣:実写にないアニメ版チップの台詞3つ!

お知らせ

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ 7月いっぱいの特別価格をご用意しています。8月以降は一時募集を停止する予定です。この機会にぜひご検討ください。

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

美女と野獣(2回目)見てきました~!

すごくいい。改めて見てみたら、なんか実写の方がいいかも!?と思ってしまうくらいでした。

アニメの方も好きなので、アニメにあって実写にはなかった台詞をまとめてみます!

まずはチップから。

 

アニメ版チップの性格

チップはポット夫人の子供です。

▼歌うポット夫人とチップ

ポット夫人は、アニメでも実写でも愛情あふれるお母さんです。

子どもであるチップに対しても、野獣に対しても、ベルに対しても、時には叱り時には励まし、優しく諭したりもします。

チップはそんなお母さんに育てられたせいか、無邪気で子供らしい、かわいい性格をしています。

アニメ版ではベルに懐き、ベルが城から帰る時にカバンに忍び込んで着いて行き、ピンチを救うという大きな役割を担っています。

 

アニメにあって、実写になかったチップの台詞

実写版では全体的に大人っぽい雰囲気で仕上がっていたせいか、無邪気な癒し系だったチップの台詞は、かなりカットされていました。

 

1.His mustache tickles, Mama!

「おひげがくすぐったいよー、ママ!」

初めてベルのパパにお茶を出した時、初めて2人が会った時の会話がこれです(笑)

ベルのパパは驚いてチップを落としそうになりますが、一瞬で持ち直し、笑って「Oh! Hello!」と言います。

実写版ではこの台詞がなく、ベルのパパも冷静を装いながら城から逃げていくので、対照的な1シーンです。

 

2.You guys gotta try this thing!

「これ、やってみた方がいいよ!」

▼乗り物酔いチップ

ガストンに閉じ込められたベル達を助けるために、モリースの発明品を動かして木のドアを破った後の台詞です。

日本語訳では「乗り心地は最高だね!」になっています。ニュアンスとしては「いやぁすごかったー」という感じです。

 

3.Do I still have to sleep in the cupboard?

ラストシーンの台詞です。

チップ:Are they gonna live happily ever after, Mama?
ポット夫人:Of course, my dear. Of course.
チップ:… … Do I still have to sleep in the cupboard?

最後に踊ってるベル達を見ながらの会話です。

「2人はずっと幸せなんだね、ママ?」
『そうよ、ずっとね』
「…。ところで、僕まだ戸棚で寝なきゃいけない?」

チップはティーカップだった時、いつもポット夫人に「Off to bed.」と言って戸棚に入れられ、そこで他のカップ達と一緒に寝ていました。

実写版では戸棚で寝ていないし、全体的にシャープな印象なので、この可愛い言い回しは丸ごとカットされています。

個人的には、この最後のシーンだけはアニメが最高です!

全て解決して野獣とベルが楽し気にダンスを踊っていて、それをみんなが祝福する中、1人だけ戸棚で寝る心配をしているチップがすごくかわいいです。

 

以上、アニメ版チップの台詞3選でした!

 

よかったら他の台詞もどうぞ!

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!

セッションのご案内

セッション一覧
【女性限定】相愛リーディング
→ 恋愛の悩みがある方へ

セッション案内
→ 7月いっぱいの特別価格をご用意しています。8月以降は一時募集を停止する予定です。この機会にぜひご検討ください。

プロフィールはこちらから
外山周プロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
幼い頃から思っていることを言えずに育ち、アメリカの大学をうつ病で中退。帰国後に就職して英語スクールの立ち上げで成功するも、燃え尽きて退職。その経験から心理セラピストを目指すが、その過程で婚約者と破局。そんな中でセラピーを極め、見えないものに敏感なことを活かして「癒える」と「言える」に寄り添うセッションを開始。恋愛セラピーが好評。
心理セッションと英語トレーニングを組み合わせた、独自の英語サポートも準備中。
★詳しいプロフィールと今後の活動展開はこちらからどうぞ!