ESTA(米国渡航認証システム)を申請せずに成田に行った話

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。

2017年7月に、私は8年ぶりにアメリカに行ってきました。

その時、なんとESTAの申請をせずに、成田まで行ってしまったのです(笑)

私は2009年にアメリカの大学から帰国して以来、一度も海外に出ていなかったので、実際に申請をしたのは今回が初めてでした。

ESTAの存在は知っていたものの義務化されたとは知らず、調べもせずに「パスポートがあれば大丈夫でしょ」という、以前と同じ感覚で成田まで行きました(笑)。

結論から言うと、何とかなりました。

その時の成田での流れを書いてみたいと思います。

 

ESTAって何ですか?

ESTAとは、

・2009年に義務化された、ビザ免除プログラム

・旅行前に申請が必要

というもので、かつて機内で書いていた入国審査の書類の代わりに、現在では事前にネットから申請し、認証を受けておく必要があります。

この認証が終わっていないと、予約したチケットを発券してもらうことができません。

旅行の計画を立てた時点で、まずESTAを申請してしまうようにと奨励されています。

…私がESTAについて全容を知ったのは、航空会社のチケットカウンターでした(笑)

かなり早めに空港に着いていたのが幸いし、「今ならおそらく間に合いますから、携帯かパソコンで申請してください」と言われました。

 

携帯で申請→「保留中」

チケットカウンターを離れて、近くの待合スペースのような場所に座り、ポチポチとESTAを申請しました。

必要事項を順番に入れていきますが、英語で記入しなくてはいけない上に携帯なので、ちょっと時間がかかります。

「慎重に慎重に…」と言い聞かせながら、何とか記入を終えて申請完了。

そして表れたのは「保留中」の文字でした。

 

15分~20分ほどで「受領しました」

しばらく「保留中」のままなので、途方に暮れて「ESTA 保留中」などで検索してみました。

・15~20分で認証された

・半日かかった

・認証されない場合もある

などの様々な情報を読みながら、何度もESTAのホームページを更新してどうなったか確認しました。

私の場合は、だいたい15~20分くらいで認証されたようで、ステータスが「保留中」から「受領しました」に変わりました。

ここまで、記入を始めてから40分~1時間ほど経っていたと思います。

 

チケット発券は有人カウンターで

ESTAが「受領されました」となったのを確認してから、再びチケットカウンターに戻りました。

念のため無人の発券機でやってみたところ、やはり「発券できません」と言われました。

有人のカウンターに行って事情を説明すると、お姉さんが困り顔でコンピューターをカチャカチャ打って、「少々お待ちください」と。

その後別の人が出てきて、奥のカウンターに案内してくれ、ようやくそこでチケットをもらうことができました。

正直、別のカウンターに回される間、生きた心地がしなかったです(笑)。

「あの、ESTAの申請今したばっかりで…」と言った時、「ESTAは大丈夫です、ご安心くださいませ」と言ってくれたお姉さんの笑顔が、天使のように見えました。

ちなみにANAです。客室乗務員さんにも、とても親切にしてもらいました。

 

結論

・ESTAを申請せずに成田まで行ってしまったけど、何とかなった。

・かかった時間は1時間くらい。空港に早く着いていたのが幸いした。

・チケット発券は有人カウンターで。

・ESTAは早めに申請しよう。

・ANAのお姉さんは素晴らしい。

 

個人的に、以前アメリカを行き来していた慢心から招いたことなので、次に海外旅行をする時は気をつけようと思いました。

この時のアメリカ旅行は、私にとっては大きな意味があった旅行だったので、予定通りアメリカに入国できて本当に良かったです。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

外山周 個人セッションのご案内

【お知らせ】

新サービスの準備のため、新規のお申し込みは現在ストップしています。リリースまでもう少々お待ちください。




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
長く英語業界に身を置き、10,000時間以上の指導経験とTOEIC400点アップ等の実績を持つ。が、上達のみを重視するやり方に疲れ独立。現在は「ゆるくキツく楽しい」をモットーに、心を重視して英語イベントや個人セッションを行なっている。
口癖は「英語は外国語だから、完璧じゃなくていい」。
将来の夢は心理カウンセラーと、算命学の鑑定資格を取ること、日本人向け「古典に親しむ会」を行うこと。
神道と日本語が大好き。好きな言葉は「国のため、人のため」。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!