私がフリーランスになった理由:Color Flowの原点とは。

私は今まで会社員として、スクール所属の講師として、英語をずっと教えてきました。

なぜ安定した会社員を辞めて、フリーランスに転身したのかというと…理由はたった1つ、人の力が全てだと気づいたからです。

教え方でも、講師の能力でも、教材でもなく。

人が一番大事なんだと信じてみたくなりました。

メソッドへの自信


どこの会社にも理念があり、それを元に開発された商品があると思います。

英語を教えるという業種において商品とは、教え方そのものであり、レッスン内容、授業内容なんですね。

私は以前、自分が働いていた会社が独自に開発した商品、つまりある英語の教え方のメソッドが大好きでした。

大好き過ぎて妄信していました。

「この教え方は本当に素晴らしい」
「このやり方で正しくやれば、英語力は必ず伸びる」
「あらゆる人に効果的なメソッドだ」

って思っていました。

今でも、どう考えても専門的に見ても、本当に日本一素晴らしいメソッドだったと思っています。

でも、私はその組織を離れました。

 

「英語を教えられる」なんて、傲慢だ。


メソッドを妄信していた私ですが、ある受講生の方との出会いが、私の考えを180度変えました。

その方は社会人で、忙しい中コースの延長までして私を指名して通ってくださいました。

半年が経った頃、私に言ってくれたのです。

「確かにメソッドが素晴らしいのは分かる」
「でもそのメソッドを活かすのは人の力だ」
「あなたを信頼したから、私はずっと通っているんですよ」

つまり、「メソッドは信頼していない、信頼しているのはあなただ」と言ってくれたんです。

…とても衝撃的でした。

それまでメソッドを妄信していたけれど、その言葉で冷静に周りを見渡してみたら、その方の言葉はもっともなものに思えました。

講師と信頼関係を築けていない方は、やはり結果があまり出にくく、そんな事例がたくさん周りにありました。

それまでは、「メソッドは最高なのにもったいないなー」と思っていました。(今思えばなんという傲慢でしょうか)

メソッドはツールに過ぎないと分かりました。

結局は楽しんだ人が結果を残します。

講師だって単なるサポーターであり並走者であって、「教え方は最高なのに」なんて思っていては、信頼関係も築けないのだと思いました。

 

メソッド愛 vs 人との信頼関係


とは言え、企業に勤めている以上、企業の利益を最優先に考えなければいけない現実があります。

そのためには実績が絶対必要になります。

利益を出すために、実績を出すために、講師はみんなとても忙しくしていました。

疲れすぎて受講生との信頼関係なんて考えていられない
そんなことより与えられたカリキュラムをこなすだけで精いっぱい
その状態で上から「実績実績」と言われる

そんな疲弊した講師をたくさん見てきました。

教え心があり、受講生の役に立ちたいと思っていても、
毎日たくさんの業務を抱えて、受講生に真摯に向き合うことができない。
時間的な余裕も、心理的な余裕もないのです。
そして教え心のある講師ほど、そんな自分を責めて退職していく現実がありました。

…そんな現実を見ても、会社の上層部は「メソッドを信じて正しくやれば結果は出る」しか言わない、言えないのです。

企業として正しい姿なのだろうということは分かります。

社員がメソッドを信じなければ結果は出ない、これも正しいと思います。

私も実際、メソッドが大好き過ぎて、他の事を見過ごしていた期間が長くありました。

…でも。

これからはメソッド一辺倒じゃなく、本当に受講生に寄り添って、英語を教えるのではなく「英語をシェアする」、そんなトレーナーを目指してみたくなったのです。

別に英語なんて、どんなやり方でもいいじゃんって思いました。

ドラマを見ながら学んだっていいし
絵本が好きなら何冊も絵本を読めばいいし
文法オタクなら文法書からやればいいし
逆にブロークンでもいいならとにかく話してみればいいし

ゴールも人それぞれ、楽しみ方も人それぞれでいいじゃないかと思いました。

何もみんながみんな、完璧な学習法で、完璧な英語を習得しなくたっていいと思います。

楽しくやれれば、それでいいと思います。

企業に勤める以上このスタンスは貫けないので、思い切って会社を辞めてしまいました。

 

今後の夢


そんなわけで、今後は「楽しく英語をシェアしよう!」をモットーにします!

楽しくパートナーになれる方と一緒に、英語っていう趣味を追っかけるお手伝いをする。

そのゴールが旅行でも仕事でもいいし、道のりをどのくらいハードモードにしたいかも自由。

もちろん本気モードの方には本気モードのシェアができますのでご安心を(笑)。

そんなトレーナーを目指します。

そして私と同じ考えのフリーランスのトレーナーが増えたら、プラットフォームを作ります!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!