お勧め!TOEIC本の選び方

今日地元の本屋に寄って、思わずつい!買ってしまいました~!

じゃん!

すごいいい本だったので、つい買ってしまいました。

何が理由で「いい本」だと思ったのか、TOEICの参考書の選び方ポイントをまとめます。

1.著者をチェック

まず表紙を見て、作者をチェックします。

この本の著者は神崎正哉先生です。

この方は毎回TOEICを受験し続けていて、毎回満点を取っておられます。

加えてブログでもTOEIC情報を発信しています。

その他、TEX加藤先生、花田徹也先生、森田鉄也先生が有名です。

この4名が著者であれば、安心してその本を選んで大丈夫です。

TOEICを毎回受けて、満点を取り続けている著者の本を選びましょう。

2.初版発行がいつかをチェックする

作者をチェックしたら、次に本の最後を見て初版の時期を確認しましょう。

この本の初版は2017年3月30日です。

TOEICは日々問題傾向が変化しているので、初版が最近のもの、できるだけ新しいものを選ぶと良いと思います。

3.リーディングの解説をチェック

次に、本を実際にめくって解説をチェックします。

必ず問題の本文、つまり英語の問題文が解説にもきちんと記載されているものを選びましょう。

本によっては、解説に日本語訳のみしか載っていないものがあります。

①問題には書き込みしない
②復習時に解説にガンガン書き込みをする

この2点が効果的です。

問題集は「解きっぱなし」だともったいないので、復習が絶対に必要です。

その復習の時に、解説に英文が書いてあるととても便利です。

4.リーディング分の音声があると最高

第二言語習得研究的に、正しい音声をインプットするのは非常に効果的です。

リーディング問題の音声があれば、復習の時に活用して音読~シャドーイングまで行うと、定着の仕方が全然違います。

この本は全問分の音声がついているということです。

5.アプリ対応

このabceedというアプリを活用する場合は、対応している本を選ぶと良さそうです。

リンク:https://www.globeejapan.com/

私はまだ使ったことがないのですが、スマホで解説が見れるなど使いやすそうだと思いました。

さっそく使ってみたいと思います!

 

まとめ

  1. 著者
  2. 初版の時期が早い
  3. 解説に問題文が載っている
  4. リーディングの問題文の音声がある
  5. アプリ対応

この5つをポイントとして挙げました!

私はTOEICオタクだった頃は、3まで揃ってたら即買ってしまっていました。

以前はリーディングの問題の音声とか、アプリ対応などは、まだまだ一般的ではありませんでした。

テクノロジーの発展とともにツールも変わっていくのですねぇ(しみじみ)。

 

今日は1~5のポイントを全部抑えた本を買えて、大興奮な1日でした(笑)。

この調子で問題を解くとこまでやりたいと思います!

・・・たぶん(弱気)

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!