才能は神様からの預かりもの。だから世にお返しする。

昨日、初めての単発コンサル(モニター企画)が終わりました。

詳しくはまた、正式なサービスをリリースする時に書こうと思いますが、少しだけ感想を。

 

昨日はとても楽しくて、嬉しかったです。

目の前の方の英語の現状を、盛ることも脅すこともなくただ誠実にお伝えすることができたこと。

1つのメソッドを推すことなく、あくまでも続けられそうな方法をご提案できること。

そんな私に無理のない方法でセッションをしたら、相手がとても喜んでくれたこと。

「なんだ、こんなことでいいんだ」って思ったらとても嬉しくて、ちょっと安心しました。

 

神道や古事記の本を読んでいると、たまに出会う言葉があります。

「才能は神様からの預かりもの」

「だから誇りをもって使い、世にお返しする」

「人はみんな神様のおおみたから」

人も自分も、命は神様からお預かりしているもの=神様の宝。

自分の力=神様からお預かりした力を正しく使って世にお返しすること。

その力の循環の中にいることが、神さまの「おおみたから」であることなのだ。

…というお話。

 

自分の力は、自分の力じゃない。

 

この、一見謎かけのような言葉が、最近ふっと腑に落ちる瞬間があります。

持って生まれた資質や才能を「自分のものだ」と思いおごり高ぶると、どこかで道を外してしまうもの。

これからも、このお預かりした力を、正しく世にお返ししていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

正規サービスを準備中!

お知らせ

各種のモニター企画が無事に終わりそうです。

現在、正規サービスのリリースに向けて準備をしています。

ご興味を持ってくださる方は、ぜひこちらからご確認ください!

★Service 正規サービスを準備中!

正式なリリースは、11月末の予定です。

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!