神道メモ2:本来の日本語の持つ意味①

今日はこの本を読んでいました。

神道と日本人
著者:葉室頼昭(外科医、春日大社官司)
1999年 初版発行

18年前の本です。
本の中で、「このままでは日本は亡びる、今の子供が大人になったら終わりだ」と断言しておられます。
一方で、「二極化が進んでいるから、今後日本を担う大人が必ず生まれるだろう」とも。

著者は2009年に82歳で亡くなっています。

 

日本語の「音」が持つ意味

日本古来から日本語が存在していて、そこに漢字を当てはめた。
漢字は「音」に当てはめただけで、古来からの日本語には、それぞれ「音」に意味があった。

 

ふじ

ふ → 息を吹きだす「ふっ」
じ → 地面

「ふじ」:富士、藤
富士は地面からエネルギーが吹きだしてできた山、藤は蔓がどんどん上に伸びる植物、という意味。

 

おいる

お → 丁寧語の「お」
い → 命
る → 続くこと

「おいる」:命をずっと続けてきたお方

老いるという漢字は中国からきたもの。
老人というとヨボヨボの老人が思い浮かぶが、本当は年を重ねた方には、尊敬を持って「おいる方」と呼ぶのが正しい。
また年を重ねるということは、「おいる方」に自分がなっていくということ。

 

感想

実は私、昔から日本語フェチなところがあって、たまに「美しい」と感じる日本文に出会うことがあります。

今のところ一番美しいと思っているのは、ある人によって書かれた「後世特別のご高配を賜らんことを」という一節です。

初めてこの文を読んだのは、二十歳くらいの頃だったと思います。
これを口に出して言ってみた時の響きと、この短い一節に込められた万感の思いを感じて、「何かよく分かんないけど日本語ってすごいな」と思ったものです。

言葉だけじゃなく、「音」そのものに意味と力が宿っているのだとすれば、強い日本語を美しいと感じるのも納得だと思いました。

そういえば祖父や、小さい頃出会ったおじいちゃんおばあちゃんは、みんな滑舌がとても良かったです。
日本語は子音が弱い言語ですが、それでも現代の私たちより、ずっと子音を強く発音していたような気がします。

私も今日から「音」を意識して生きようと思いました。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!