やっぱり英語も必要かもしれない、と思った話

最近、日本語の記事をたくさん書くようになりました。

日本語の強さに目覚めた今、「英語なんていらなーい」「翻訳機器も発達してるしー」と思う日が増えました。

参考:大胆予想!20年後の日本人と英語の関係①

でも、今日ふと「やっぱり英語も大事にしたい」と思ったので、そのことについて書いてみたいと思います。

 

日本語重視になった理由

私が母国語である日本語に目覚めた理由は、まとめると2つあります。

  • 心理的な影響
  • 日本語そのものの力

この2点から、「外国語なんかより母国語を大事にするべきだ」という考えを持つようになりました。多分、この主張そのものが大きく変わることはないと思います。少なくとも、この先しばらくは。

 

心理的な影響

日本での英語教育には、大いに疑問があります。あまりに完璧を目指そうとし過ぎているように感じます。

私自身、会社員時代は、英語の発音や文法を正しく習得することが、いかに大切かを力説する毎日でした。
「そんな発音じゃ舐められますよ」とか言ってました…。

確かに専門的には、発音と文法は非常に大切です。それはそうなのですが、あまりに完璧を目指そうとすると楽しくないし、心理的に萎縮してしまって、結局習得できなくなる人が多いのもまた事実です。

日本人なんだから、英語は完璧じゃなくていい。
発音も文法も、完璧じゃなくていい。
分からなかったら聞き返せばいいじゃん。

このくらい大らかでいた方が、英語は「使える」ようになると思います。
そして、この大らかさのための自信は、「自分は日本人である」という意識に基づくはずなのです。

実際、中国やインドなどの人が日本人より英語を上手く「使う」のは、このためだと思います。

 

 

日本語そのものの力

このような心理的な影響を意識するようになってから、さらに神道や古事記を学ぶようになって、今度は日本語そのものに宿っている力にまで魅了されてしまいました。

神道メモでいくつか書いていますが、日本語は本当に深くて、芯が強いです。

もっと大事にした方がいいし、感じられる人は、日本語の強さを感じた方がいいと思います。
日本語の歴史と、文化的背景を知り、正しく日本語を使いこなせるようになることが、今の日本人には必要なのではないかと思います。

余談ですが、以前書いた「小学校英語教育、2020年指導」の記事に、「日本語が先」という主張は私にはない、と書きました。
が、今は本気で「日本語の歴史や文化を教える方が、英語よりずっと大切だ」と思っています。母国語をきちんと使えるようになって初めて、外国語を学べると思います。

 

私の中の「英語」

そういう訳で、私は日本語に目覚めてしまい、対する英語熱はすっかり冷めて、TOEICもサボったし、今後の英語の教え方も、かなり緩いプログラムを考えるようになりました。

でも、やっぱり私は、自分の英語力を失ってはいけない気がしてきました。

それは、どんなに翻訳機器が発達しても、日本語の概念を英語に直して説明するのは「人」の力だ、と思ったからです。

例えば「感謝して生きる」とか、「ほんわかした人」とか、こういった概念を誰かに伝えようと思ったら、機械じゃ絶対に無理だと思ったのです。直訳で英語にしたら、伝わらなくなってしまいます。

いつか近い将来、日本語の力を英語で説明する必要が出てきた時のために、私は自分の英語力を手放してはいけないし、ブラッシュアップしておかなくてはいけない、と感じました。

私は何者なのか?
私がするべきことは何か?

という問いも、この辺に答えがあるような気がしています。

 

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!