小学生英語教育、2020年始動。

2020年から、小学生の英語教育がさらに低学年化して必修になります。
今でも必修なのですが、2020年からは3年生から必修化、5年生から教科化されるとのことです。

これには賛否両論あるようですが、私はどちらかと言えば反対です。

低学年から英語に触れさせることじたいには賛成ですが、そのやり方がもう少し良くなって欲しいという思いがあります。

 

「日本語が先」という声

よくある反対の意見は、「日本語が先!」というものです。言語脳が発達する過程において、一言語に絞った方がいいという研究があるのです。

私も留学中に、幼い頃からマルチリンガルな家庭に育った人に出会ったことがあります。どの言語も母国語と呼べない状態になってしまったと言っていました。その言語の中には日本語もありましたが、確かに5歳の子供が話すような日本語でした。
母国語がないのは大変です。日常生活なら良いでしょうが、何か深い考え事をしたい時に、脳内に軸となる言語がないのでは、思考を深めることは難しいでしょう。

しかしこれは生まれた時から複数の言語に晒された極端な例です。日本の教育が変わっても、小3(8歳)から、家庭外において短時間英語に触れるということが、そこまで影響を与えるとは思えません。なので、私が反対する理由は「日本語が先!」ではありません。

 

不安を煽ったら意味がないと思う

私が反対する理由は、今のやり方が「不安」ベースのものだということです。

小さい頃から英語に触れさせることのメリットとして、「発音が良くなる」「聞き取りが楽になる」「より上手く話せるようになる」などが挙げられています。
これでは裏を返せば、小さい頃からやらないと「発音が良くならない」「聞き取れない」「上手く話せない」と言っているようなもの。
昨今の幼児英語ブームも、「お子様に武器を!」などとうたったものも多いことでしょう。

私は、こういう不安を煽るモデルには反対なのです。
それよりも早く、今の詰め込み型教育を何とかしてほしいです。
従来の社会に順応できる、いわば勤勉な大人を量産することよりも、自分の強みを存分に活かせるような教育にシフトする方が、英語教育を変えることよりも必要性が高いと思います。

 

「楽しく」には賛成

一方で、低学年化じたいには賛成です。
小さい頃に「英語って楽しいなー」と感じることができたら、より英語に対するハードルが下がると思うからです。
人間楽しいことは1番上達すると思うので、それを見つける機会が増えることは良いことだと思います。

ただこれも、まずは大人が「英語って楽しいなー」と感じているところを示さなくてはいけません。
英語にも色んな触れ方があります。
読むのが好き、話すのが好き、洋楽が好き、ドラマが好き、など、どうやって英語に触れたかは何でもいいですが、大人が実体験をもって、「私はこんな方法で英語を楽しんだよ」と伝えられることが、何よりも大事だと思います。

 

言語なんて単なるツール

英語に限らず、あらゆる言語は情報交換、発信のためのツールです。
金づちとか、フライパンとか、湯たんぽとか、目的があって使うものと変わらない、単なるツールなのです。

英語が上手くないとだめ、話せないとだめと思ってしまうのは、「綺麗な金づちじゃないとだめ」と思ってしまうのと同じなのではないでしょうか。
綺麗な金づちだろうが、汚い金づちだろうが、持ってるだけでは何も作れません。
作りたいものがあり、作り方を考え、木材や釘を準備して、作業して初めて目的が達成されるのです。

英語にしても同じこと。
まずは自分の中に、発信できる情報と、健全な自信を育てることの方が大切だと思います。

この信念が揺らがないので、低学年化した英語教育は確かに良いんですが、それよりももっと先に変えるべきものがあると感じます。

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

「英語の健康診断」個人セッション、随時募集中!




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!