英語を推測してみよう!テキトーな推測も方法の1つ

ネイティブの英語に追いつくコツ!

英語の小ネタいきます!

ネイティブが話す英語に、どうやって追いついたらいいんだろう?という点から書いてみたいと思います。

▼例文

The flip side of that is the counterculture to the side that has come out against that and said no, we will not stand for racism and bigotry and xenophobia, or anything else.

※この英文は、ENGLISH JOURNA8月号からお借りしています。

この英文を、戻り読みせず、「あれ?何この単語w」と思うことなく、なんとなく「ふーん」と読めるでしょうか。

 

ポイントは、「分からない」に慣れること

分けてみましょう。

①The flip side of that is the counterculture to the side

②that has come out against that

③and said no, we will not stand for racism and bigotry and xenophobia, or anything else.

 

日本人にありがちな苦悩

こうして見た時によく悩むのは、おそらく下記のどれかなんじゃないかと思います。

1.どこで分けたらいいのか分からん!

2.thatって何!?

3.単語の意味が分からん!

受験英語に長けて文法力がある人ほど、この3つのポイントで悩まれることが多いようです。

分けるのは少しコツがあって、多くの英文に触れるうちに慣れていくと思います。

問題は2と3で、

「文中のthatはどれをさしているのか?または関係詞なのか?」

「単語が分からな過ぎて意味が分からない!」

と考え込んでしまって、推測ができなくなってしまうと万事休すです。

 

推測してみよう!

では、分からない前提で、推測しながら見てみましょう!

つまづきがちな単語を緑にしてみました。

それぞれ緑の単語は、どんな意味を持っていそうでしょうか??

 

①The flip side of that is the counterculture to the side

→これの flip サイドは、そのサイドへのカウンターカルチャー

 

②that has come out against that

→それに反して出てくる

 

③and said no, we will not stand for racism and bigotry and xenophobia, or anything else.

→そしてNOと言った、僕たちはもう racism や、bigotry や、xenophobia や、他の何にも stand for しないぞってね。

 

結論:テキトーでもいい

ポイント1、基準は「いいか悪いか」

racism, bigotry, xenophobiaの各単語は、良い意味でしょうか、それとも悪い意味でしょうか。

そのくらいざっくりと捉えて大丈夫です。

この場合、NOと言ってるので悪い意味だと分かります。

stand for = 耐える、我慢する

という意味を知っていれば、より簡単に悪い意味だと分かるでしょう。

 

ポイント2、なんとなく要約してしまう

「なんか悪いことにNOって言って、それがカウンターカルチャーなんだな」

 

ポイント3、知っている単語が多ければ便利

flip = はじく、(コインなどを)上に放り投げる

flip side = 裏面

stand for = 我慢する

racism = 人種差別

この辺りの意味を知っていれば、より楽に推測ができるようになります。

全部の単語を覚えようとするのではなく、「この単語知ってれば楽だったな~」と思える単語だけを調べていくのがコツです。

 

▼改めて推測

「人種差別とか、そういうようなことにはもう我慢しないぞっていうのが、社会へのカウンターカルチャーなんだね。ふーん」

おわり。

 

楽しい方法でやってください

今日書いた「推測で」「テキトーでいい」という方法は、暗記が苦手すぎて困っちゃう人向けに書きました!

逆に「テキトーな方が疲れる」という方もいると思います。

方法は無限にあって、自分が苦痛じゃない方法を選ぶのが良いんじゃないかなーと思っています。

が、もちろん推測やニュアンスは外れることもたくさんあります(笑)。

それもまたコミュニケーションの醍醐味です。

英語と日本語は言語構造じたいが違いすぎるので、あまり直訳にこだわらず、緩く構えるのも方法の1つとしてご紹介しました!

The following two tabs change content below.
外山 周

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

個人セッションのご案内

個人セッションのお申し込みは、こちらをご覧ください。

★Service-単発コンサル

★Service-個人セッション30days

お問い合わせはこちらからどうぞ!

 




ABOUTこの記事をかいた人

外山 周

TOYAMA, Chika
英語トレーナー。心理カウンセラーを目指して勉強中。
夢は、心理セッションを融合させた英語トレーニングを開発すること。
神道が好き。

★詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!